エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活お店や商品のこと > 0239:楽ちん・ケイシー療法実践術

0239:楽ちん・ケイシー療法実践術

      ◆◇◆ 楽ちん・ケイシー療法実践術  ◆◇◆ 239号
=================================

(有)テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

 

実はこれから成田空港に行き、夕方の飛行機でバージニアビーチに行きます。
数年ぶりの滞在です。

今回はどんな滞在になるのか・・・。
現時点ではまだよく分かっていません。
心を空っぽにして、いっぱい吸収していっぱい楽しんで来ようと思っています。

来週は、できるだけ、VBからご報告できればいいなと思っています。

 

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

今日はひさびさ、ケイシー療法について書こうかなと思います。

といってもご紹介するのは、おなじみのもの。
「ケイシー療法!」って構えなくても実践できる、ちょっとしたヒントをご紹介しようかなと思っています。

【水を飲む/グラディス・デイビスさんの場合】
ケイシーはお水を1日7~8杯飲むように勧めていますよね。
(お茶やコーヒーといった水分ではなく、ピュアなお水です)

 

そんなにお水、飲んだことないし~。そんなに飲めないし~。
って思いますが、これも「飲むぞ~」って感じではなく、いつの間にか1日それくらい飲んでいるっていうのがいいように思います。

これは、長年、ライリーマッサージスクールでオイルマッサージや洗腸を教えていた、サンドラ先生からお聞きしたエピソードです。

ケイシーが亡くなるまで速記者としてケイシーリーディングに深く関わっていたグラディス・デイビス・ターナーさんは、ケイシー亡き後もバージニアビーチのケイシー財団/AREで、ケイシーのリーディングの研究や普及に携わっていました。

彼女は、もちろんケイシー療法を自分の健康管理に取り入れていましたので、
水を飲む、ということも、ちゃんと行っていたそうです。

 

グラディスさんは、水を飲むことを、こんな感じで習慣づけていらっしゃいました。

喉に乾きを覚えなくても、
「机から立ち上がるとき水を一口。机に戻ったとき一口」。

 

立ったり座ったりって、1日に何度も行いますので、ちょっとずつこうやって飲むようにしていると、夕方までには数杯お水を飲んでいることになります。

これだったら、無理に「飲まなければ」」ということもなく実践しやすい方法ですよね。

 

【ひまし油湿布】

テンプルには時々「いかに自分が忙しい人間か」「いかに1時間横になっているのが難しい、多忙人間なのか」を蕩々とご説明してくださる方がいらっしゃいます。

 

以前、官公庁にお勤めの男性からうかがった興味深いお話があります。

 

その方が勤務されていた部署は1月~3月まで、平日はほとんど全員が午前様。
終電にさえ間に合わないほどの残業がずっと続くらしいんです。

そうなると2月後半からバタバタと同僚が倒れ始め、欠勤も増えてくる。そのなかで、最後まで一人元気だったのが、その男性一人。

 

・・・実はその方。1月~3月は、その激務ゆえにひまし油湿布をずっと欠かさず行っていたそうなのです。自宅で寝ていられる時間なんて、4時間くらいしかありませんでしたから、その短い睡眠中に湿布をしていたそうですが、彼は、自分が欠勤もせず、4月を迎えられたのは、ひまし油湿布のおかげだと思うとおっしゃっていましたよ。

 

忙しいときだからこそ、湿布は抜群な威力を発揮するんだと思います。

※ひまし油湿布についてご存じない方はこちらから

 

私自身は「ひまし油湿布」は、まるで睡眠薬のように効いてしまい、湿布をするとすぐに爆睡の海に突入してしまう人間です。そうなると、そのまま朝まで・・!ってことになってしまうので、それは困る。

 

目が覚めてみると、シーツに大きな油シミが~! せっかく洗濯したばかりのシーツだったのに~! しかもパジャマもタオルも油でドロドロだわ~。
今日もまた洗濯だ~!

 

って失敗は数知れず。

で、いま私がひまし油湿布を行っている時間帯は「朝早く」。

1回目を覚まして、ゴソゴソと湿布を巻き、ラジオを聞きながらトロトロの時間を過ごしているというわけです。

 

起きたらそのままシャワーに直行。重曹をペットボトルなどに入れておき、それを手にとってゴシゴシ、シャワーのお湯で油分を落とせば、手抜き法ですが、とっても簡単(これは、私流のインチキ法なので、ケイシーの勧めた正統な方法ではありませぬ。誤解のないように)。

 

湿布をしながらぐっすり寝てしまうと、夏は汗疹を作ったり、湿布がすぐに汗くさくなったりと、なにかと失敗があります。でも、早朝だったら、目覚ましの時間には起きるんで、失敗もなく、しかも二度寝も楽しめて、一石二鳥!

【洗腸】

これまたサンドラ先生から聞いた、グラディスさんのエピソード。

 

彼女の洗腸を行っていたのは、実はサンドラ先生。グラディスさんと、ケイシーの思い出話をするのは楽しかったわ~なんておっしゃってましたが、グラディスさん、洗腸を受けたときに、必ず1ヶ月半後の次の予約を入れて帰られたそうなんです。

つまり定期的に洗腸を受けることを実践していて、計画的にスケジュールに洗腸の日を入れていた。

「私がずっと健康で仕事を続けられていたのも、この定期的な洗腸のおかげよ」とグラディスさんは、何度もサンドラ先生におっしゃっていたそうですよ。

 

【洗腸製品のご注文はこちら
洗腸セット(コロンキット) 1セット 9240円
洗腸用コーヒー(カフェコロン) 6缶セット 1890円 30缶セット 8820円


アリゾナのグラディス・マクギャレイ医学博士も、今年88才でまだまだお元気。以前、博士のご自宅にうかがったときも、博士は、定期的にオイルマッサージと洗腸の予約を入れていらっしゃいました。

 

これだったら、早めにスケジューリングできていいですよね。

若いときには、多少の無理もききますが、やはり人生の折り返し地点を過ぎたら、「自分の身体メンテナンス」はとっても大事ですから。

 

ということで、ケイシー療法の先人たちが、どうやってケイシー療法を続けていたのかのお話でした。

お役にたてば幸いです。

 

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ238号  2008年5月2日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up