エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活お店や商品のこと > 0133:通販担当者のひそかな楽しみ

0133:通販担当者のひそかな楽しみ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◆◇◆ 通販担当者のひそかな楽しみ ◆◇◆ 133号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

ここ最近、寄る年波には勝てず、夕方には目が疲れるようになってしまいました。
毎日、朝から夜までずっとパソコンに向かっているうえに、無類の読書好き。

 

身体の中で一番「目」を酷使しているので、そりゃあ、しゃーないなあ、とは思いつつ、可能な限り、友人、知人の間では「最後の老眼鏡購入者」になりたいものだと多少の抵抗を試みています。(とっくに老眼購入者になった同級生もいます)

なので、ここんとこ、「ひまし油」を点眼をするのが日課となりました。

 

お腹には「ひまし油湿布」を。目には「ひまし油の点眼」を・・・で、ひまし油づけの今日この頃です。(※点眼には、スポイドボトルを利用すると便利です)

○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。

・・・テンプルの通販担当者の朝は、ご注文メールを受信するところから始まります。

 

ありがたいことに、日本のどこかでテンプルのHPを見て、ご注文下さる方が毎日、1名はいらっしゃるんですね。

 

想像したら、これって、すご~く不思議で、本当に「ありがたいことだなあ」って思います。

だって、普通だったら、おそらく一生ご縁がないようなどこか遠くの方々が、その日、どういうわけかテンプルのHPを見て下さって、ついでに、ご注文までして下さるんですよ。すごいなあ、って思います。

・・・ちょっと、話しは横にそれますが、

 

約10年前(1996年)、テンプルのお店を始めた頃は、インターネットなんてやっている人はごくわずか。私もパソコン嫌いで、お店のHPを作るまで2年くらいかかったので、スタート当時のご注文は、電話かFAXのみ。

 

広告も宣伝もしてない当時のテンプルは、しばらく開店休業状態。電話、壊れているのかなあ?と、受話器の発信音を確認すること日に数回。毎日必ず寄ってくれる宅急便のお兄ちゃんにも、発送する荷物が無い日が続くと、申し訳ないので、部屋や本棚を片づけては、実家に荷物を送っていたくらいです。

 

・・・そんなこんなの時代を経て、おかげさまで、今では、毎日、必ずどなたからか、ご注文を頂けるようになりました。凄いことだと思います。(本当にありがとうございます!)

話しを戻して、そのメールでのご注文。

 

不思議なことに、これが、どういうわけかいつも「何かに、かたよる」んですねえ。

何かにかたよるって、よくわかんないと思いますが、例えばこんな感じです(どれも実際に起こったことです)。

 

先週のある日のご注文は、「森さん」「守田さん」「森村さん」など、名字に「もり」がつく方からのご注文が続きました・・・。

 

今週の月曜日のご注文は、下の名前が「菜穂子さん」「尚子さん」「直子」さんと「なおこ」さん続きでご注文がありました。

 

別の日では「沖縄県」の方から、その前は「宮城県」の方から、って感じで、その日だけの「特定な傾向」「特定なブーム」があるんです。

これって不思議だと思いません?

 

あるいは、それまであんまり売れてなかったのに、その日だけ、突然ご注文が続く商品が出現することもあります。

 

これはあんまり売れないから、5ヶ在庫があれば十分だよねえ、っていう商品に、その日、突然、数名の方からご注文が入り「もう商品がありませ~ん!」ってことも起こります。

そういう時は、スタッフも私も「なにごと?」って、お店で叫んでます。

 

何かの雑誌やテレビで紹介があったのなら、数日ブームが続いたり、お客様からも、その旨のコメントがあるんですが、そういうこともなく、ある日だけの、特定品ブームがあるんですね。で、また、次の日は別の商品のブーム到来。

 

しょっちゅう、テンプルではこんな「今日は、なにごと?」があります。

 

数名で運営している会社ですから、そうはいっても、全体のご注文数は、ささやかなものなので、片寄ったと言っても数件止まりなんですが、数が少ないだけに、よけい目立つんですよねえ。

 

そういうときって、みんな深いところでは、繋がっているんだなあって実感します。

ときどき、ご住所が途中まで同じで、番地だけ違うっていうお客様も中にはいらっしゃいます。

その方々が、果たしてお知り合いか、それとも、全く赤の他人かって私たちには分からないんですが、道ですれ違っても、同じ電車に乗っても、全く知らないお二人が、実は、エドガー・ケイシー、あるいはテンプルのお店で繋がっているっていうのを想像するのも楽しいですよ。

 

こういう、人々との見えない魂のネットワークを想像しながら、毎日、小さなシンクロニシティを発見しつつ、テンプルのお仕事は続きます。。。。

・・・・だから、みんなちょっとしたサイキック。テレパシーで交信しあっているんですよ、毎日、きっと。

 

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ133号  2006年2月17日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up