エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活お店や商品のこと > 0297:カルマクレンズ・・・ケイシーが勧めた解毒トニック

0297:カルマクレンズ・・・ケイシーが勧めた解毒トニック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇◆ カルマクレンズ-ケイシーの勧めた解毒トニック ◆◇◆297号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。


先月、アメリカのバージニアビーチにあるエドガー・ケイシー財団/AREを訪れた
時のこと。兄にAREの写真をたくさん撮って来てねと頼まれていたので、パシャ
パシャ駐車場で写真を撮っていたら、遠くでなにやらゴチャゴチャ言っている
おじさんがいました。

英語がちゃんと聞き取れなかったので、そのおじさんに近づいていくと、なーんと
昔の知り合い。以前、仲良しだったフィル・トーマスさんでした。

そのフィルさん、いまはアトランタに住んでいて、数時間かけてはるばる車でアトラ
ンタからAREに到着したところ。そして私も日本からAREに遊びに行った、まさ
に、その瞬間に起こった偶然の再会。お会いするのは実に13年ぶりでした。

このシンクロニシティはまさに奇跡的だね、なんて二人で言い合っていたのですが、
このせっかくの偶然をご縁にして、フィルさんが製造している血液浄化のための
ハーブトニックをご紹介します。


ホントはテンプルで輸入して国内販売をしたいのですが、使われている薬草の1つ
「POKE ROOT」が毒草となっており、現時点では輸入販売ができません。
※この薬草「PORk ROOT」や「POKE WEED」はエドガー・ケイシーリーディングの中で
何件か見ることができます。正しく調合された毒草を微量に摂取することは、かえっ
て免疫系を活性化し、自己治癒力を高めると推測されています。

この血液浄化のためのハーブトニック(商品名:カルマクレンズ)。
どういったものか、フィルさんが書かれた文章を友人に翻訳してもらいました。
一部をご紹介します。 -------------------------------- エドガー・ケイシーは、 オハイオ州 デイトン市に住んでいる時期にあたる1924年 9月6日に、かなり病状が進んだ肉腫をもつ男性(4695-1)にリーディングをした。 原因は血液中のバルチス桿菌という細菌であるという。 これに対処するために、 細菌が持つ波動に共鳴する装置であるアブラハムズマシンの制作を示唆をした他、 血液を浄化するチンキをつくることを薦めた。それは、セイヨウミザクラ樹皮、 スティリンジア、イエロードックの根、アメリカ(コウシュ)ヤマゴボウの根、 ゴボウの根を1/2オンスずつと、3/4オンスのヨウ化カリウム、あとはビート糖を温水 で薄めたシロップを、ちょうど6オンスになるまでを加えて作るものだった。 (中略) デイトン市からそれほど遠くないインディアナ州との州境の町にハリーホクシーと いう血気盛んな青年がいた。ハリーがこの草の配合について聞いたとき、彼は誰かが これらの成分を確保しなければならないし、それがいったいどれほど良い血液浄化剤 であるかを確認するためにも、この調合を徹底的に検査すべきであると思った。 もし、このリーディングをしてもらった人が、治るならば他の人にも効果があると いうのは理にかなっていると思い、そして、それを実際に検査する人間は自分しか いないと感じた。 ここで、この事件の背景を知ってほしい。この当時、ガンという病名は一般的な言葉 ではなかった。悪性腫瘍にあたる病名が現在の病名とちがっていたわけではない。 ただ、ガンがそれほど流行していなかったのだ。このことを知ったハリーは、この 最悪の不治の病を直して、有名で金持ちになろうと思ったのだ。 それからの25年間、ハリーは田舎を旅をしながら、この奇跡とも言え、しかも実際 には、他に類を見ないほど効果がある血液浄化剤を売り込んでいった。 (中略) 政府をはじめ、様々な人が邪魔をしたにもかかわらず、1950年代初頭に、 彼の夢だったガン治療する施設をダラス市につくることに彼は成功した。 それから12年間、このホクシー病院はガン治療施設として、地球上で最も大きく、 そして、異常なほどの成功をした場所となった。時によって、成分を少し変えること もあったが、このトニックを使うことで、細胞レベルでの悪性腫瘍の様々な形態を 治癒した何千件という成功例が記録に残っている。 不幸なことに、ハリーの皮肉な性格と金銭的成功をひけらかす傾向が、成長し続ける 医療薬品業界との対決を余儀なくされ、60年代、度重なる裁判により、この成功を 手放さざるをえなくなった。この裁判は州内でのことなので、他の州に施設を移すこ とも考えたが、彼の敵が手強いことを知って、他国にこの施設を移すことにした。 ティファナ市つくられた ホクシークリニックが、メキシコでは最初のアメリカの ガン治療病院となった。その後40年間経った今でも、最も成功している施設だ。 ダラスにホクシー病院があった時も何千件もガンを治療したが、何千人ともいえる 人たちが、ガンに対する標準的な医学的治療アプローチや考え方からの避難所を 探し求めて、 国境を超えてくるのだ。この例はバケツにいっぱい入った水の一滴 ほどの大きさでしかないのだ。この医療問題は深刻である。 アブラハムズマシンは、とっくの昔に生産中止となった。しかし、ハリーホクシー は、墓のなかに入った今でも、ケイシーの言った血液浄化剤が、悪性細胞の活動、 つまり、その元である"血液の毒性"を弱めることに成功する液体であることを証明 している。 個人がこの調剤をハーブからつくることは簡単で、腫瘍マーカーが与えられている 前ガン期、またガン期の人々に配合してみることもできる。そして、もし、ガンが 治った人間が、適度な人数に達した段階で、このような地元で育った産業が、現在の 対処療法モデルにとってかわるだろう。 おそらく、この件にみられる一つのことが、何億という人間の健康状態の改善や病気 から救うとともに、数兆円産業であるガン治療業界をつぶすことになることにもなる かもしれない。しかし、我々は、これによって経済的な混乱が生じるだろうという、 我々自身が思い込んでいる信念体系をもっているために、そのことがうまくいかな いようにしてしまう。 おそらく、もっと重要なことは、このような草の根的な運動が正しいと実際に示され たなら、健康と病気にたいする新しいモデルができるだけではなく、未来への経済、 政治そして、社会改善への道を作り上げていくだろう。 ところで、私は現在、この世界がある岐路にさしかかっているとおもう。我々が重い 腰をあげ、研究をすることもできるし、このような知識を、自分の鞄にしまいこんで しまうこともできる。もちろん、超大金持ちが、このような施設を経済的にバック アップし、施設を取り戻し、このアイディアを実行するのもいいだろうが、個人的に は自分は、それが起こるまで待ってはいられない。われわれ自身を前に動かし、 この進化のプロセスに参加しようではないか。 -------------------------------- このカルマクレンズは、もともとは悪性腫瘍(ガン)患者のために取られたリーディ ングを元に製造されました。様々なハーブの組合せが内臓を刺激して解毒力を高め、 結果、血液を浄化していきます。 6月初旬にカナダに行ったガストン・ネサン氏が開発された免疫活性ワクチン714-X もそうでしたが、身体がもともと備えている自己治癒力を高めること。そして体内の 解毒をすること。それは、ガンに負けない身体づくりの基本なのかもしれません。 チンキのようになっているので、適量は大人で小さじ1/2杯程度。 1瓶あれば6週間持ちます。
★アメリカから個人輸入で取り寄せは可能です。
【カルマクレンズを注文するにあたっての留意点】 ・これは個人輸入商品となります。日本の薬事法や輸入食品に基づく許可を 取った商品ではありません。使用上の注意をよく守り、自己の責任においてご使用 下さい。 ★子供が簡単に手にとれない方法で保存して下さい。 ・ヨードが含まれているため、別にアトミダインなどのヨードチンキを飲んでいる 方、ヨードの摂取が医師により止められている場合は、使用を控えるか、主治医に ご相談下さい。 ・アメリカからの輸入商品となるため、1本より3本まとめたほうが1本分の送料は 割安になります。国際郵便での到着となるため、ご注文からお届けまで約10日~2 週間。国際郵便事情によっては3週間弱かかることがあります。 ケイシーが述べた血液浄化トニック、ちょっと興味ありますよね。 すでにガンの診断を受けている方は、食事の改善、整骨治療、オイルマッサージ、 蒸気浴、ひまし油湿布、祈りや瞑想など、様々な組合せや総合的な取り組みが必要に なってくるでしょう。 でもガンでなくても、このストレス社会、気をつけていても食事はジャンクに流れ がち。この春には、新型インフルエンザが猛威を奮っていましたが、日頃の疲労が 溜まっている方の血液浄化トニックとしても活用いただけるのではないかと思い ます。

(有)テンプルビューティフル メルマガ297号 2009年7月3日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up