エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0146:幸運を引き寄せる力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 ◆◇◆ 幸運を引き寄せる力 ◆◇◆ 146号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

昨日、お店の内装工事をしました。

 

7年前、テンプルのお店を出したときには、決定から開店日まで、たった2か月しかなく(しかも貯金も全然なく)、とにかく、お店を作って開店させるだけで精一杯で、内装に、気持ちもお金もかけていられなかったんですが、今度は、本来のテンプルビューティフルらしさ、を出した内装にしてみました。

 

なにが、どう、テンプルビューティフルらしいかって? それは、ぜひお店に来て、感じて下さいませ!

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

 

先日、知人に、面白いエピソードを聞きました。

人の力ではなく、天の流れに乗るって、こういうことだなあ、って思った出来事です。

突然ですが、ケルティック・ウーマンっていう、女性ユニットをご存じでしょうか?

海外では、数年前にデビューして、全米ツアーも行っているようですが、日本では、今年の2月にデビューを果たしたばかり。ケルト音楽を奏でるグループです。

 

そのケルティック・ウーマン。

 

なんでも日本でのCDデビューが決まり、そのデビューに合わせ、彼女たちがアイルランドから来日することになりました。

 

日本では無名でも、海外ではすでに活躍していた彼女たち。事前にスケジュール調整をしたところ、空いていたのが、2月の後半の6日間。この間に、CDプロモーションをすることになりました。

 

通常、新人アーティストをデビューさせるときには、レコード会社は、そのデビューに向け、スタッフがチームを編成し、あらゆる手を尽くして、その新人をマスコミに乗せるよう働きかけるそうです。テレビ、ラジオ、有線、雑誌、新聞、その他もろもろ。

 

・ ・・・ところが、その後、彼女たちの来日中、なんと、トリノオリンピックが開催されることが決まってしまいました。

 

オリンピックともなれば、日本のマスコミは、オリンピック一色。テレビの音楽番組はトリノの特番で無くなり、新聞、雑誌も、記事はオリンピックだらけ。

 

プロモーションしようにも、その「場」が無い。

 

売れているアーティストならいざ知らず、日本では新人。業界では大きな期待が寄せられていても、時期悪く、オリンピック一色の日本では、大ヒットを狙うためのTV仕込みが至難の技。スタッフは、途方に暮れていたそうです。

ところが・・・

彼女たちの来日直前、奇跡が起こりました。

 

オリンピックは既に始まり、でも、日本はメダルが1つも取れず、沈滞ムードが漂うなか、唯一の話題は、女子のフィギュアスケートに。マスコミの注目度も否応が無しに選手に集まってきました。

 

オリンピック前、荒川静香さんはまだそれほど注目はされてなかったと思いますが、開催後は、メダル有力候補として名前が出るようになっていったようです。

 

となると、彼女の美貌と美しい演技は、テレビに何度も何度も流れることになりました。そして、彼女にまつわる様々なエピソードがマスコミに取り上げられることになりました。

 

もちろん彼女が使う予定の曲名も、話題になり始めました。

そうなんです。彼女が演技用に用意していた曲の1つがケルティック・ウーマンのものだったんです。

曲名は「ユー・レイズ・ミー・アップ

 

あなたがいてくれるから、私は頑張れる、っていう歌詞なんですが、荒川効果で、なんと、日本では無名のアーティストだったケルティック・ウーマンは、一躍、旬のグループになってしまいました。

 

しかも、マスコミがCD会社に問い合わせをしたら、「たまたま」、彼女達は、もうすぐ来日するというスケジュール。

 

というわけで、あっという間に彼女たちの来日スケジュールは埋まり、来日までは、最悪の条件だった日程が絶好のタイミングに!

 

オリンピック効果があいまって、彼女たちのプロモーションは大成功。

 

しかも、荒川静香さんが金メダルを取る前に、彼女たちはアイルランドに帰っていったんですが、ついでだからと、荒川さんがまだ金メダルを取っていないにも関わらず(そして、日本中の誰も、まだ荒川さんが金メダルを取るなんて思ってもない時期に)、「しずか~。金メダルおめでとう!」というお祝いメッセージまで撮影してしていたという用意周到さ。

 

当然、金メダルを取ったとたん、その映像と、彼女たちの曲紹介が次々とテレビから流れ始め・・・。

いろいろ人間の手でアレヤコレヤと苦心惨憺して、何も産み出さなかったのに、ある瞬間から、待っていました、とばかりに物事が動き出していきました。

 

不思議ですねえ。
彼女たちの来日のタイミングは、まさに神業、絶妙!

知人は言ってました。
「後から考えると、全てが、まるで荒川さんが金メダルを取ることが、最初から決まっていたかのような流れだった」って。

 

彼女が使った1曲にさえ、これだけの奇跡が起こったんですから、もしかしたら、荒川さんご自身には、金メダルを取るずっと以前に、「今回は、何か流れが違う」ってことを体感されていたかもしれません。

世界のトップになれる人というのは、実力があるだけではなく、こういった奇跡、自分だけではなく、関係している廻りの人たちにも、奇跡を起こさせることのできる人なのかもしれません。

 

 

それではまた!

 

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ146号  2006年6月2日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up