エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活心や魂のこと > 0143:無意識のメッセージ(不妊編)

0143:無意識のメッセージ(不妊編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ◆◇◆ 無意識のメッセージ(不妊編) ◆◇◆ 143号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

連休中、広島に2日ほど帰広し、実家の本棚にあった芹沢光治良さんの「神の微笑」シリーズをスーツケースに入れて持って帰ってきました。

いま、16~7年ぶりに読み返しています。

ご存じの方も多いと思いますが、まだお読みでない方は、ぜひどうぞ。

 

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

今回は無意識のメッセージ、パート2です。

 

帰広中、熱烈なエハラー(江原啓之さんのファン)の友人たちと、江原さんの「スピリチュアル・ボイス」(江原さんの歌とお話のステージ)に行ってきました。

 

1時間ほど、公開のコンサルティングがあったんですが、その中に、不妊に悩む女性のご質問がありました。今回のテーマにもリンクするので、この話題からお話しようと思います。

まず最初に江原さんは、子どもがいない人生ということもあること。子どもが生まれなくても、別の方法で子どもを育てる選択肢もあること。子どもがいないのは不完全だ、ということはない、ということも言われていたことをお伝えして・・・

 

ステージに上がったその女性に対して、江原さんは、こんなお話をされました。
彼女への長いアドバイスを要約すると・・・

 

質問した女性は、とても心配性で、いろいろ先走って考えてしまう。ある意味で完璧主義者で、子どもが欲しいと思いつつ、同時に、生まれたらちゃんとやっていけるかしら?と、将来に対し、不安と恐怖を抱いてしまう。

 

その気持ちが妊娠にストップをかけている。色々な心配ごとが身体に「エネルギーの滞り」を作っているようですよ。だから、気持ちを切り替えて、エネルギーを流していけば、妊娠しやすい身体になっていくでしょう、といったアドバイスでした。

 

心当たりがある方、いらっしゃいますか?

他にも似たエピソードがあります。

 

以前、どういうわけか、死産を繰り返した女性がいました。

 

彼女の場合は、ご本人が、後から言っていたことなんですが、実は、彼女の嫁ぎ先のお姑さんがとても厳しい人でした。田舎の大きなお屋敷に嫁いでいて、そのお姑さんでとても苦労していたそうです。

 

それで、「子どもが欲しいと思いつつ、同時に、子どもが出来ることに大きな不安と恐怖心を抱いていた。だから無意識のレベルで、お腹にいる子どもの成長を止めてしまった気がする・・・・」 ご本人はそう言ってました。

もう1つ。これは、私の古い友人の話しです。

早くに結婚したんですが、20代の間に6回連続で流産をしていました。もともと呑気な性格だったのが幸いして、これを乗り越え、7回目の妊娠で無事、出産したんですが、私は江原さんのお話を聞きながら、彼女のことを実は思い出していました。

 

というのが、彼女のご主人が、私たち友達にはことごとく不評の人で(勝手なお世話ですが)、せっかく就職しても、すぐに仕事を辞めてしまう。そのくせ、よく遊ぶ。だから、ずっと金銭的に生活が安定しなかったんです。

 

これは勝手な私の推測なんですが、「大丈夫よ、なんとかなる」と言いながら、彼女は新しい家族を持つことに、心の底では大きな不安を感じていたんではないかと思うんです。その不安が6回連続の流産という形になってしまった・・・。

 

今、彼女とは疎遠になってしまったので、当時のことを聞くすべは無いんですが・・・。

ここで重要なのは、彼女たちは、言葉として「将来が不安だから子どもは欲しくない」とは思ってないんです。頭でも口でも「子どもは欲しい」と思い、そう発言しているんです。

 

でも、深い潜在意識の中では、不安や恐怖が、言語化できない強いイメージとして「子どもはいらない」「子どもが生まれたらどうしよう?」と反応し、そういう世界を作り上げていたんだと思います。

 

おそらく、毎日、毎時間、子どもを見るたびに、考えるたびに、身体は、ちょっと筋肉を固くしたりして、拒絶反応を起こすなど、頭とは違う反応をしていたのではないかと思うんです。それがエネルギーの滞り、塊となってしまった・・・。

今回は、たまたま不妊を例にあげましたが、これは人生の全てのことに当てはまるように思います。(※全ての不妊が心因的なものではないので、これはご留意下さいね。あくまで「こういう事もあり得る」という例としてご紹介しただけですので。。。)

 

意識と無意識って、海の上に見えている氷山の部分と、海の下で見えない大部分に喩えられます。

 

口や言葉で考えている意識の部分と、無意識の部分って、ときどき、同じことに対して全く違った反応をしていたりします。意識の部分は、常識や世間体で考えたりしますが、無意識は、正直です。

 

もし、いま、自分が頭で考えていることと違う現実があると感じているなら、意識と無意識のギャップを埋めるべく、静かな心で、深層心理を覗いてみたほうがいいかもしれません。

 

もしかしたら、無意識は、あなたがこれまで送り続けてきた別のメッセージをかき集めて、忠実に、その世界を作り上げているのかもしれませんから・・・。

 

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ143号  2006年5月12日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up