エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活心や魂のこと > 0142:無意識からのメッセージ(お部屋編)

0142:無意識からのメッセージ(お部屋編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◇◆ 無意識へのメッセージ(お部屋編) ◆◇◆ 142号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

明日からの大型連休で海外旅行!って方も多いんじゃないでしょうか?



私はこの連休、前半は自宅で仕事。後半は、昨年亡くなった母の墓参りに、広島に帰省する予定です。帰省って言っても、もう両親は広島にいないので、ホテル滞在になってしまうんですけどね。


 

広島に帰ったら、必ず食べるものが2つ。
広島風お好み焼きと、「ちから」のうどん! 


 

広島風のお好み焼きは、ご存じですよね。山のように積み上げたキャベツを押し込んでつくるボリュームたっぷりのお好み焼きです。


 

「ちから」って広島市内を歩けばどこにでもあるファーストフードうどん店なんですが、安い割にけっこう美味しいです! 東京のうどんがいまだに食べられない私は、広島に帰るたびにうどん屋さんに直行!この時ばかりは、ケイシー流の食事にはおおいに違反して、毎回「天とじ」うどんを堪能してます。


帰広の私のささやかな楽しみです。

 

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。


さて、先月、カナダ人の風水の先生に、お店と自宅の部屋を見てもらって、いくつかアドバイスをもらったんですが、その時、すごーく考えさせられたのが、彼が何度も言っていた、ある言葉。


 

曰く「ここにあるものは、あなたの無意識にどういうメッセージを送っていると思う?」


 

曰く「ここは、気がつかないうちに、無意識に別のメッセージを送っているよ」


例えば、私の寝室。比較的シンプルで、ほとんどモノを置いてないんです。

 


唯一、両親の仕事の書類や帳簿類、古い雑誌、私の子どもの頃のアルバムなどを、ベッド前の棚に入れていたくらい。これらは、生活にはほとんど必要はないものの、捨てられないので、その棚に入れっぱなしにしてたんです。

 


それを彼に指摘されました。

 


「朝、目が覚めて真っ先に目に入るものが、古くて、今の自分には全く必要ないもの。これから、どういうメッセージを潜在意識は受けとっていると思う?」と。

 


あるいはお店に置いてあったもの。


お客様がご来店後、まず歩き始めるその場所に、私は、取引先や人に頼まれた、テンプルでは売ってない商品のチラシだとか、セミナーの案内を置いてました。

 


お店のドアの正面には、私がいつも仕事をしているパソコンスペースがあるんですが、その正面の棚に私は、自分がいつでも手に取れるよう、ケイシー関連の英語、日本語の参考書をズラリと並べていたんです。

 


これも彼の指摘を受けました。


「お客様がドアを開けて入ってきたとき、真っ先に目に入る正面の棚には、あなたの私物の本が置いてあり、お客様が真っ先に手に取れるものは、テンプルでは扱ってないもの。これってお客様の潜在意識に、どういうメッセージを送っていると思う?」

 


他にも実は多々あったんですが、無意識に心が受けるメッセージ、言葉では形にならないモヤモヤした違和感を、私はずっと無視していたことにショックを受けてしまいました。

 


・・・ちなみに、お店のドア正面の本棚に置いてあった私の本は、即刻撤去。今は別のものが置いてあります。今度、注意して見てみてください!

 


さてさて、
他にも、見渡せば、無意識への影響大だけど、無頓着にしているものって、ありますよねえ。

 


すぐに思い当たるのは、テレビから流れる事件や事故のニュース。


・・・私は昨年夏から自宅からテレビを撤去したので、テレビを見ることは無くなったんですが、それまでは、朝起きたら、朝のニュース番組。寝る前は、夜のニュース番組をという、ニュースのサンドイッチでした。

 


つまり、悲惨なニュースを見て眠りに入り、悲惨なニュースで目を覚ますという毎日。

でも、心が無防備になっているその時間帯。

 


目に見える形で身体は傷ついてなくても、映像や言葉が放つエネルギーが、毎日、心や身体のエネルギー体をちょっとずつ傷つけ、同時に、潜在意識はネガティブなメッセージを溜め続けていたとしたら、ある日突然、私が、ウツになったり、厭世的になっても、おそらく、私には「思い当たる」ことが十分あるように思います。

 


テレビのニュースばかりではないですよ。

 


残念なことに、一歩外に出れば、テレビのニュース以外でも、不愉快なメッセージは、強制的に、自動的に、そこにいる人の目や耳に入ってきます。

 


例えば、電車の中。目の前で、オジサンたちがスポーツ新聞の性風俗の記事を広げ、壁や天井からは、猥雑な雑誌の吊り広告。お年寄りが乗ってきてもシルバーシートは若い人が占領し、ビジネスマンは、携帯電話で取引先と打ち合わせ中。

 


これが、世の中の子ども達にどういうメッセージになっているか。想像すると、今の日本のありようが見えてくる感じがします。


心は人生の作り手。

 


意識の下に横たわる壮大な無意識の心の世界に、私たちは、日々、どんなメッセージを送っているのでしょうか?


無意識は、私たちが意識しないと気がつかない世界です。

 


今日は、意識して「自分の無意識へのメッセージ」を考えながら、自分の身の回りを見直してみてはいかがでしょうか?


ちなみに、自宅に溜め込んだガラクタを捨てることも、無意識へのメッセージを変える1つの手段で

す。


カレンさんのこの本はオススメの風水本。まだ読んでなかったら、ぜひどうぞ。特に、部屋中、モノが溢れかえっているって方は必読です。

 

 

 

それではまた!

 

 


(有)テンプルビューティフル メルマガ142号 2006年5月10日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up