エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活心や魂のこと > 0097:「魂からの警告メッセージ」の夢

0097:「魂からの警告メッセージ」の夢

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◆◇◆ 「魂からの警告メッセージ」の夢 ◆◇◆97号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

私の親しい友人が、オステオパシーの協会を立ち上げました。

オステオパシーは、ケイシーがたびたびリーディングの中で勧めた療法で、体液の循環を改善するのに、とてもすぐれています。

アメリカでは、医学部とほとんど同レベルの課程を4~6年かけて学びます。オステの先生にお聞きすると、臨床実習では、出産にも立ちあったそうです。手術だけはしなかったそうですが。。。

残念ながら、日本では、オステオパシーという名前での療法が確立していないのですが、あんまマッサージや鍼灸の免許がある方、あるいはカイロプラクティックの学校を卒業した人が、少しずつオステの講習会などで、少しずつ知識や腕を磨かれているようです。オステに興味がある方は、ぜひ下記をクリックして下さい。
http://www.japan-osteopathy.com/

 

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

ここ数ヶ月、毎日が慌ただしく過ぎて行ってしまいます。1週間があっという間に過ぎていくので、時々、今日が何曜日か分からなくなってしまいます。

 

先日も、夜、筑紫さんのニュース番組を見ようとテレビをつけたのに、テーマソングあたりで、すっかり寝込んでしまい、目が覚めたらすっかり翌朝。番組は「みのもんた」に変わっていました。当然、洋服も化粧も前日のままで、なんだか疲れが取れないままに、朝が始まってしまいました。。。。

 

そんな忙しい時期に決まってみるのが、靴底の夢です。今回、見たのは、靴底と靴にすき間が空いている夢でした。

 

これは、いろいろな夢解釈ができると思いますが、私はこんなふうに解釈しています。

 

靴底は、英語でsole(ソール)。これはSoul(魂)と変換できます。つまり、あまりに忙しくて、魂と身体の間に隙間が開いてしまっている、お互いが密接につながっていないって感じでしょうか。

 

初めて「靴底の夢」を見たのは、もう7~8年前になります。その当時、私はまだ日本エドガーケイシーセンターの日常業務や雑誌編集の仕事を受け持っており、テンプルのお店とセンターの仕事で、毎日がテンヤワンヤという状態。

 

そのとき見た夢は、猛スピードで走っているバイクの後部座席に乗り、靴底がすり減っているのに気がつかないままに、靴底を地面に着けたままバイクにまたがっているという夢。

これは、まさに魂を磨りへらしながら猛スピードで毎日を駆け抜けている、という状況そのものでした。

 

やっている仕事の分野は霊的なのに、結局、日々の業務は、他の仕事と変わりがないんです。なんとも期待外れでごめんなさい。

 

その後、数回、靴底が痛んでいる夢を見たように思います。夢を見た当初は、ああ、いかんいかん!と瞑想をしたり、聖書を引っ張り出したりするんですが、いつの間にか、元の生活に戻ってしまうんですよねえ。

 

エドガー・ケイシーの伝記などを読むと、彼は、常に祈っている人だったようです。ご存じの方も多いと思いますが、彼は、毎年1回、旧約聖書、新約聖書を読み通していました。また、教会の日曜学校で教えたり、ケイシー財団のメンバーと聖書の勉強会を開いたりもしていました。

 

時間があれば、ガーデニングをしたり、釣りをしたり、と自然にふれあう時間も多かったようです。

現代日本に暮らしていると、また都会に住んでいると、あえて自分で魂の栄養分になることを心がけないと、毎日の忙しさに流されてしまいます。

 

ケイシーは自分の魂のために霊の実を食べなさい、と何度も言っていますが(霊の実=廻りの人たちへの心遣い、優しさ、親切、奉仕など)、夜、寝る時に、今日は「霊の実を食べたかなあ」「自然と触れあえたかなあ」と思い返しても、何も思い出せなかったりして、今回も、あ~、いかんいかん、と思いつつ毎日が過ぎていってしまいます。

 

いつか、靴底を磨りへらす夢ではなく、靴底が輝いている夢を見る日が来ることを祈りつつ今日はこの辺で.....


 

それではまた!

 

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ97号  2005年4月22日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up