エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0060:夢を使った問題解決法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◆◇◆ 夢を使った問題解決法 ◆◇◆ 60号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

2週続けて桃について書いたので、今回はスイカです。

 

スイカを食べるとき、種はどうしてますか? 
庭に向かって種を吹き飛ばすのは、けっこう楽しいものですが、ケイシー療法では、このスイカの種、捨てずに取っておくんです。

 

種が乾いたら適当にトンカチで割って保存しておいてください。コップ1杯の熱湯に、この種をひとつまみ。しばらくすると、多少白っぽいお湯になります。

これでできあがり。簡単でしょう?

 

これは何にいいかというと、腎臓と膀胱の状態を改善して水分の排泄を促します。だから、利尿剤としてケイシーはよくこのお茶を勧めています。特に夏は、水分を取りすぎて腎臓に負担が生じやすいですよね。

 

自然はなんて、よく出来ているんでしょう。
そんな時期に腎臓の働きを助けるスイカが登場するなんて。

 

ということで、スイカを食べたときには、種は捨てずに取っておいて下さいね。(割った種は傷みやすいので、ずっと保存したい時には種のままで保存したほうがいいみたいです)

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

今日のトピックは夢。

毎晩、私たちが冒険活劇を楽しんでいる、あの夢です。

 

通常、毎晩見る私たちの夢は、個人的な魂からのメッセージ、という場合が多いんですが、この夢を人のために使うことを提唱した博士がいます。

 

数年前、来日されたヘンリー・リード博士です。

 

今回はその、リード博士が発見した、夢を使って人の悩みを解決するセレモニー、ドリームヘルパーのご紹介です。

やり方は、こんな感じです。

 

まず、ある人の悩みを夢で解決する、という目的のために数名集まってもらいます。普段夢を見ない、という人でも構いません。どういうわけか、こういう時は、普段夢を見ない、という人でも、ちゃんと夢を覚えていたり、また夢を覚えていなくても、翌朝の夢解釈のサポーターとしてちゃんと役目が果たせますから。

 

集まったメンバーは、今晩は、その人の悩み解決のために夢を見ましょう、とみんなでその悩みある方のために瞑想をし、ガイドが得られるように祈ります。

 

ただし、その人の悩みが何であるかは聞かないでおきます。何で悩んでいるのか、全く分からないままに夢を見てどうなることか?とみな不安に思うんですが、大丈夫。ちゃんとサイキックの天使は、このセレモニーのメンバーに降りてきます。

 

そして、その悩みある人のエネルギーと同調できるように、その人の持ち物、もしくは手書きのメモをもらって、家路につきます。

 

家に帰ったら、刺激がある食べ物やテレビ番組を避けて、その晩は、その人の悩みが解決できるヒントが得られますよう、そして何より夢を覚えていられますようにと祈り、その人から預かった持ち物を枕の下に入れて眠ります。

 

翌朝、目が覚めたら速攻で夢を書き留めます。だって、この日の夢は、私だけの夢ではないんですから・・・。

 

2日目の朝、昨日のメンバーが不安そうな顔で集まってくるでしょう。

 

何人かは夢を覚えていられなかったかもしれませんし、夢を見た人でさえ、自分の夢はどうも関係なさそうだ、と思いながら集まってきます。

 

それでも、構わず、集まったメンバーで各自の夢の発表してもらいます。

 

当然ですが、みんな違った夢を見ています。でも、最初はバラバラに思えたメンバーのそれぞれの夢が、聞いているうちに、共通項、共通要素が見えて来はじめます。(かなりワクワクしますよ!)

 

全員の夢を聞き終わったあとで、夢の共通点、見た夢のエッセンスから、そのグループの夢のテーマ、悩みの本質、改善方法を探り出し、悩みある人に自分たちの見解を提示します。

 

私たちの夢から得た結論としては、あなたの夢は○○に関係あることではないですか? こういう気持ちではないですか? そして、私たちが夢から得たあなたの悩みの解決方法はこんなものですが、いかがですか?と。

 

これを発表したあとで、私たちは初めて、その「悩み人」から、何を悩んでいるか、みんなから聞いた夢が、問題解決のヒントになったかどうかを聞くことができます。

 

画期的な悩み解決法がはっきりと見えてこない場合もありますが、夢を見てもらった人も、夢を見ていた人も、意識がつながっていること、自分にもサイキックな力はあるんだという驚き、そして何より、自分は一人で生きているわけではないという思いがわき上がってくると思います。

 

私は、4~5回くらいのセレモニーをやったんですが、どのセレモニーも思い出深く、そしてとても感動的でした。

 

1つ私の記憶にある体験談をご紹介すると・・・

 

福岡でヘンリー・リード博士の夢のセミナーを行ったとき、私はある女性のために、このセレモニーに参加しました。

 

当然、その女性とは初対面ですし、どんな悩みかも知りません。

 

その晩見た私の夢はこんな感じでした。

 

道を歩いています。すると2人の男性から交際を求められます。選べないので、2人を振り切ってそのまま行くと、分かれ道に来ます。右に行くべきか左に行くべきか分からないので、迷っています。そこで1つの夢は終わりました。

 

次の夢は、誰もいない野球場を一人で歩いていました。

 

これが私の夢の全容です。何か「選択」がキーワードであるという印象がありましたが、それが他の夢とどう繋がるか分かりませんでした。

 

グループで夢のシェアが始まりました。

 

同じグループの女性は、家に帰ると、そこは、自宅兼病院の家で、玄関の右側には待合室があるという夢を見ました。そして、他のメンバーは、誰もいない競技場、試合が終わったばかりのバスケットコートという夢を見ました。

 

グループの人たちが見た夢のディテールは忘れてしまったんですが、話し合った直後は、私たちは残念ながら、これらの夢から彼女の悩みの本質、解決方法を提示することは出来なかったように感じました。このセレモニーは彼女の悩みには、うまく機能しなかったようにも思えました。

 

でも、その女性から彼女の悩みを聞いてびっくり。まさに、その彼女の状況そのものの夢だったんです。

 

その悩み。。。。

 

彼女は、お医者さんの奥さん。実際、自宅はクリニックを経営しており、クリニックの玄関の右側は待合室、そしてその奥が自宅でした。そして、医者である夫は不倫しており、相手の女性を選ぶか、自分を選ぶかと夫と数ヶ月にわたりもめていました。ちょうどドリームヘルパーをした頃は、その不倫は落ち着いていたようですが、夫とこの後の人生を一緒に生きるべきか悩んでいました。

 

誰もいない競技場、試合の終わったバスケットコート(2つに分かれて争う場所ですよね、競技場は・・・)。そして2者択一。

 

今後のアドバイスまで回答できなかったのは、残念でしたが、今、まさに、その女性は、感情的な争いが鎮まったその状況のなかで、自分で自分の人生を選択する時期がきている、という感じでした。

みんな初めて会った人ばかりでやったセレモニーで、これだけ「繋がっている」という意識が持てるんですから、親しい友人、知人と一緒にすると更にパワーアップした夢になるかもしれません。

 

面白い体験になると思うので、この夏、誰かとぜひチャレンジを。

 

ドリームヘルパーセレモニーについては、この本をぜひお読み下さい。

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ60号  2004年7月23日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up