エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0047:霊の憑依を予防する法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◇◆ 霊の憑依を予防する法 ◆◇◆No.47
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

今回も長いので、早速、前回の続きです。

 

本題に入る前に、ケイシーの憑依についてのリーディングを読んでいたら、なんだかユーモアが過ぎるぞ、というリーディングがあったので紹介しますね。英語の原文のほうが、よりスゴミがあるので、原文のままで紹介します。

 

Possession(憑依) deranged(混乱)

1183-3 56才の女性に
Q : What causes him to lose control of himself?
A : Possession!

 

Q :...What is meant by possession?
A : Means possession!

 

Q : Is he crazy or mentally deranged?
A : If possession isn't crazy, what is it?

 

・・・この1183番のご主人は、どうも深酒をするようで、アルコールが入っているときに、他の霊の影響を受けやすくなっているようでした。そこで、ケイシーは、アルコールが抜けているときに、電気的な治療(バイオレット・レイ)を彼にするように勧めていました。

 

日本人の私にはユニークだなあと思うアドバイスとして、別のリーディングで、聖書の申命記30章を読んだあと、出エジプト記の19章、詩編の5章を読み、自分にも当てはまっていることを知るようケイシーが述べているのもあります。

 

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

それでは霊的な悪影響から身を守る方法です。

 

【まず、すべき事】
○部屋を片づける!(エネルギーのよどみを作らない)
○ソネミ、ネタミ、ヒガミ、グチ、悪口を言わない。
○霊の果実(親切、優しさ、忍耐、ほほえみなど)を人に与え、困っている人を助けることを毎日の生活の基盤とする

自分の霊的波動をあげる

 

○自己流のクンダリーニ・ヨガやサイキック開発をして、チャクラを無防備な状態にしない。

霊的なトレーニングをする場合には、自分の安全のために、必ず先達のアドバイスや指導を受けて下さい。

初級編)
波動の悪い場所に行った後、ちょっとヤバソウな人に会ったときにすぐに実行できること(これは、セラピストの友人に聞いたアドバイス)

 

○土の上を歩く ○手足を石けんでよく洗う ○ホワイトセージを焚いて、その煙に全身をくぐらす ○飽和状態に塩を溶かしたお湯を指ではじいて全身にかける、あるいは塩を入れたお風呂に入る

 

中級編)以下ケイシーのアドバイス

○整体、整骨に定期的に通う-特に仙骨(尾てい骨)のあたりに歪み、亜脱臼がないようケアをしてもらう。

自分の魂と肉体をしっかり結びつける。

 

バイオレット・レイの紫の光を尾てい骨から背骨に沿って当てていく。

電気的な作用で他の霊が追い出されてしまうそうです。

 

○できるだけ多くの人に祈ってもらう

祈りの力は想像以上に凄いんです。

 

上級編)タダで出来る一番効果的な方法

 

○肉体的にも精神的にも健康な人に、毎日、少なくとも30日間、連続で、次のことをしてもらう。

憑依を受けている人が横になり、右手を背中の胸椎の9番あたり(女性のブラのホックがあるあたり)、左手をお腹の丹田あたりに置いてもらい、その方が白い光で守られていることをイメージしながら、約1時間祈ってもらう。-これを毎日30日間!

ケイシーによると、これをしていると、憑依霊が、窒息状態となり、とても苦しくて、物理的に、もはやその身体の中にいることが出来なくなってしまうそうですよ。そして、祈りを1ヶ月以上受けることで、自分の波動も高まっていきますので、また元に戻るということも少なくなってくると思います。

 

上級編は、毎日実行する必要がありますが、一番効果があるのではと思います。ただし、おそらく多くの方が経験されていると思いますが、瞑想にしても、食事療法にしても、身体にとって良い行いをしようとすると、自分自身が反乱を起こし、やりたくない理由、それが出来ない理由を作り上げて、いかにサボるかに全精力を注ぎ込み始めると思うので、継続する、ということが重要になってくると思います。
(悪習はすぐに身につくんですけどね!)

 

でも、そういうことが起こってきたら、霊の方が身体の中で居心地が悪くなって抵抗している証拠と思って、ご家族や友達の協力を得ながら、ぜひぜひ30日間(可能であれば40日間)続けて見て下さい。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

前回のメルマガで、霊のことを取り上げたところ、長くこのメルマガを読んで頂いているという方から、「霊」はあり得るかもしれないけど、霊の話題なんてガッカリしたというメールを頂きました。しかも、イラク問題で大変な時に憑依について書くなんて不謹慎だ!という内容。

 

え?っと私はかなり驚いてしまったんですが、ここで私のスタンスを明確にしますね。

 

「霊」はあり得るのではなく、私たちの本質は「霊、魂」そのものです(・・と私は思っています)。だから霊や魂は仮定の話ではなく、私たち自身の話でもあるわけです。目に見えるこの肉体は、車の車体のようなもの。古くなれば新しいものと取り替えなければならないし、夜、寝ている間に、運転手である自分は、自宅(霊的世界)に戻っていたりします。

 

憑依の問題は、霊的なことだけではなく、無意識なコントロールまで入れると、多くの方が体験していることだと思いますよ。

 

そういう霊的世界観を受け入れていらっしゃる人たちが、長くこのメルマガに登録してくださっていると思っていたので、「霊の話」はガッカリというメールには私のほうが驚いてしまいました。エドガー・ケイシーのリーディングなんて、霊の話、満載ですしねえ。

 

それから、イラク問題で大変なときに、霊の話は不謹慎だという繋がりが私には解かりません。霊的世界観がもっと深く浸透すれば、宗教や国の争いは無くなるのに、と思うくらいですから・・・。

 

現実に、私たちはイラクや中東平和のために、いくらか物理的な行動を実行に移すことは可能です。でも自分の死も、イラクの人たち、イラクに滞在中の人たちや自衛隊、米軍の兵士の死もコントロールすることはできません。

 

それだったら、イラクにいる人たちの安全を祈ったら、あとは、自分自身の内なる平安と、自分が関われる世界、自分の意志で変えられる世界を平和に保つ努力をするほうが、はるかに世界を平和にすることだと思います。私も広島出身者として、平和デモには参加したクチですが、今はこっちの方法の方が好きですね。

 

ということで、このメルマガでは、霊の話はこれからもバンバンありますので、よろしく!

 

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ47号 2004年4月17日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up