エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活心や魂のこと > 0033:シンクロニシティに気づく

0033:シンクロニシティに気づく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◆◇◆ シンクロニシティに気づく ◆◇◆No.33
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

この1週間、ニューヨークは突然の大雪。バージニアビーチはインフルエンザと風邪が大流行だそうです。東北、北海道も大雪のニュースをやってましたね。

 

東京もようやくここ1週間でグッと冷え込みましたが、広島の山の中で育った私には、まだまだって感じです・・・とはいえ、朝は、布団から出たらダッシュでヒーターの前に飛んで行ってしまうのですが。

 

◇_______________________________◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
さて、前回の「ニューエイジな人々」にはたくさんのご意見、ご感想を戴きました。どうもありがとうございました。霊的な視点を活かしながら、でも、一方では現実世界にもしっかり足をつけて生活するのって、けっこう大変だなあ、って思いました。そのバランスが崩れると浮き世離れしてしまったり、あるいは歪んだ優越感を持ったりということになってしまうのかもしれません。

 

またいつか、この話題は取り上げたいと思いますので、ご意見や体験談を教えて下さいね。

さて、今回の話題はシンクロニシティ-意味のある偶然-です。

 

たまたま今日、読み終わった本がフランク・ジョセフ著の「シンクロニシティ」の本だったので・・・。

 

シンクロニシティって、誰もが経験することなのと、世の中って不思議だなあって思うきっかけ作りになるとてもいい体験です。でも、見えない世界に興味の無い人はそれを「偶然の一致」ってことですぐに忘れ去ってしまうんですよね。

あ~、もったいない。

 

例えば、私の友人のご主人。

 

彼は家族から「サイキック」と呼ばれているくらい小さな偶然がよく起こります。例えば誰かの話をしているとその人から電話がかかるとか、ある俳優の話をしてテレビをつけると、その俳優のインタビューをやっているとかは日常茶飯事。でも彼は全くメタフィジカルなことに興味がないので「偶然」という言葉で終わり。全然不思議とも思わないみたいなんです。

 

あ~、もったいない。

 

私も以前、会社勤めをしているときに、ある知り合いに電話をしようと、会社の外の公衆電話に行ったら彼女は「席を空けて不在」。仕方がないので、会社に戻ると、たった今、その人から電話があったとのこと。後で彼女に聞いてみると、私が彼女に電話するために席を外したたった3分くらいの間、彼女も私に電話をするために、社外の公衆電話にいたわけです。特に仲のいい人ではなかったので、私はその偶然がなんだか嬉しくて、しばらくニヤニヤしてました。

 

でも、私にはとても印象深かったこの出来事も彼女にとってはタダの偶然。だから10年経っても私は覚えているけど、彼女はもうすっかり忘却の彼方。私は人と人ってどこかで繋がっているんだ~って、すごい感動してしまったんですが・・・。

 

こんなことって、よくありません?

 

これらは、小さなシンクロニシティですが、上記のフランク・ジョセフは本の中で、シンクロニシティに気がついていくと、それが「自分がすべき真の仕事」を見つけるきっかけになったり、あるいは人生の意義を見いだすツールになると言っています。

 

また、1つ1つは些細な出来事でも、それが集まると意味をなしてきたり、あるいは全ての人や出来事が美しいハーモニーとなって宇宙が形成されているって思うようになるとも・・・。

 

まあ、そこまで壮大でなくても、こういうシンクロニシティって、自分に起こるとなんかワクワク、ウキウキしませんか? ・・・実は私、11月に3つの新しいことを始めたんですが、これはみんなシンクロニシティから始まったこと。それがどういう形に発展するかは今は未知数ですが、どちらかというと何ごとにも腰の重い私には、背中を押してもらういいキッカケになりました。

 

ということで、私はけっこうこの手の小さな不思議話が好きなんですよね。人間って面白いなあって思うし、なんか人が愛おしくなってくるんですよね。

何か、このちょっとした不思議話があったら、ぜひ教えてください。

 

。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

 

商品のご紹介です。

 

以前、子宮筋腫がひまし油湿布で小さくなったという体験をお寄せ頂いた方から、そういうトラブルを防ぐためにも「布製ナプキン」を使った方がいいですよってアドバイスを戴きました。今の便利な使い捨てのナプキンは女性の身体に化学物質で栓をするようなものだから・・・って。

 

そういえばそうだなあって思って、私も布製ナプキンを使ってみました。

 

私は大学時代からタンポンと薄型ナプキンの愛用者。だからあのモコモコに厚いナプキンに最初は抵抗があったんですが、それも1時間くらいのこと。すぐにその厚さにも慣れてしまいました。洗濯も洗剤に一晩浸けておけばかなり汚れは取れてますし、ちょっとゴシゴシ洗いをすれば、すぐにキレイに・・・

 

確かにあの赤く濁ったお水には驚いてしまいますけどね。

 

量が多くて心配な方は夜だけとか、最初の2日間だけを使い捨てのナプキンにして、残りの日を布ナプキンにするとか工夫されるといいと思います。ゴミも出ないし、私にはけっこうこの布ナプキンは意識革命!って感じでした。

 

便利のみを優先する社会に私もドップリ浸かっていたなあって反省しました。

 

というわけで、テンプルでも布ナプキンを扱うことにしましたので、ぜひお試し下さい。特に筋腫や卵巣のトラブルをお持ちの方にはお勧めしますよ。

 

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ33号 2003年12月12日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up