エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0032:ニューエイジな人たち

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◇◆ニューエイジな友人達◆◇◆No.32
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

あっという間に12月に突入してしまいました。師走ですよ。師走。11月も、ホントに30日あったのかしら?と思うくらい早かったです。年を取ると、時間が1週間単位、1ヶ月単位で飛んで行ってしまうと言われますが、まさにそんな感じです。子どもの頃、1日はもっと長かったように思うのですが、それは何故なんでしょうね?

 

◇_______________________________◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
おそらく皆さんもそうでしょうが、友達でも精神世界の話ができる人、出来ない人で会ったときの会話の内容を使い分けてるってことあると思います。

 

私はラッキーなことに、こういった仕事をする前から、精神世界の本を貸し借りしたり、話をしたりという友人達に恵まれ、大いに自分の刺激としてきました。もちろん、全く話の通じない友人もいますが・・・。

 

でも、あまりに精神世界的な価値観に入りすぎると、ときどき、現実と乖離してしまうってことありませんか。今回は、そんなニューエイジな友人とのエピソードを紹介したいと思います。もちろん、私も同じような事はしでかしています・・・・。

 

 

何にでも意味を考える
その1)
フリーの仕事をしているせいか、朝がとっても弱い友人がいます。だから朝の待ち合わせはいつも遅れがちです。その日もやはり待ち合わせに遅刻しました。

 

彼女「バス停に着いたと思ったら、バスが目の前で出てしまったのよ。偶然は無いっていうし、きっとバスに乗り遅れたのも何か意味があると思う」

私の一言「きっと、あと3分早く起きて、あと3分早く家を出た方がいいということじゃない?」

 

そのバスが事故を起こした、そのバスに遅れたことで、偶然、ずっと会いたかった人に出会ったというのなら凄いことですが・・・・。

 

その2)
友人数名と、高速道路を車でドライブしてました。久々に会ったので、車内の会話は弾みます。すると、車を運転している友人が高速の出口を行き過ぎてしまいました。仕方ないので、次の出口で降り、またUターンして戻ったら、またお喋りに夢中になり、再度、出口を行き過ぎてしまい、また次ぎの出口にまで行く羽目に。無駄な高速代金を払い、目的地にも大幅に遅れたときに・・・。

 

友人「2回も出口を行き過ぎるなんて、神様は私たちに何を教えようとしているのかしら?一体この出来事にどんな意味があるんでしょう?」

私の一言「高速道路で車を運転するときは、お喋りに夢中になりすぎるなってことじゃないですかぁ?」

 

もしあの時、出口を間違えなかったら、と想像するのは楽しいですが・・。

 

霊能者巡りをする
霊能者や占い師さんに相談ごとをするのが大好きな友人がいます(どうしたら結婚できるか、いつ結婚できるかがメインテーマなんですが)。人から「いいよ」と言われた霊能者のところには、まず行ってみるので、もう尋ねた人は数知れず。そんなに結婚したいなら、お見合いをしたり、結婚相談所に登録したり、手段はあると思うんですが、そういうアクションを全然起こさないのが不思議です。

 

知り合って10年。いまだ独身です。

 

テレパシーで会話
私の知り合いで、自分はかなりサイキックだと思っている人がいました。いろいろな不思議体験がまた面白く、私は彼女と話をするのが大好きだったんですが、あるとき「Kさんと私の魂はすごい繋がっていて、離れていてもいつもテレパシーで会話しているのよ」って言うんです。

私は彼女の不思議な体験を完全に信じていたので、そのKさんに会ったとき「○○さんといつもテレパシーで何の会話をしているんですか?」って聞いてみました。すると、なんと、実は彼女とは顔見知り程度で、友人でも全くないとのこと。さらに勝手にテレパシーの会話を作られて困惑の様子。彼女、他にもテレパシー友達がいるってことだったんですが・・・。

 

後で知ったことは、私の知り合いは、Kさんに片思い中だったようです。こうだったらいいなと思っているうちに、心の中で勝手な会話を作り上げてしまい、それが、彼女の中では真実になっていったのかもしれません。

 

全てを過去生と繋げてしまう
彼女の口癖は「それって過去生からの繋がりよ!」「きっと過去生でも会っていたのよね~!」「きっと過去生で住んでいたのよ」などなど。
最初は私も面白がっていましたが、何度も彼女に「私が体験したであろう過去の人生」を創造され、些細な出来事も全て過去生のせいよ、って言われると、段々頭にはてなマークが・・???

 

その後彼女は、退行催眠を勉強して、セラピストになったそうです。ここまで過去生にこだわる彼女の「過去生」は何だったんでしょうね。

 

ソウルメイトを探し求める
ソウルメイトを見つける、というのは、ニューエイジな女性にとっては結構憧れらしく、色々話題はあるのですが、その中の1つ・・・。

 

ある日、友人から電話がありました。ソウルメイトと出会いたいと祈っていたら夢を見た。そして夢に出てきた人に面影が似ているある男性と出会った。だから彼と自分はソウルメイトだと思うと。

 

今もまだ、彼女は祈りと夢のお告げだからと、彼が自分のソウルメイトだと信じて疑っていないようです。ただ、廻りから見ると「いつかは彼と結ばれるハズだ」という思いが、彼女の他の縁を遠ざけているような感じなんですが。ちなみに、彼は友人には特別な感情は起こってないようです。

 

・・・この夢というのは、けっこう墓穴を掘りやすいようです。夢に出てきたからと相手をすぐに自分にとって「特別な人だ」と思いこんで行動してしまうと、後で大変な事態になることも。

 

似たような人、身近にいませんか? 見えない世界を探求していると、面白いことが山のように発見できますよね。でも、そのバランスが崩れると、社会生活を送るのにちょっと大変になってきます。このバランス感覚が大変だなあっていつも思います。

 

 

それではまた

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ32号  2003年12月5日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up