エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活心や魂のこと > 0022:9つの性格と9つの惑星

0022:9つの性格と9つの惑星

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ◆◇◆ 9つの性格と9つの惑星◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

ケイシーによると、私たちは、輪廻転生の間に太陽系の惑星に滞在しているようです。
それについて、お客様から、下記のようなメールを頂きました。

 

とても面白いと思うので、皆さんにもご紹介しますね。

(以下お便りの転記です)

 

エニアグラムってご存じですか?

 


約2千年前にアフガニスタンで生まれ、イスラム教のスーフィー派が人を統率するための知恵として門外不出で代々口伝したもので、人を9つの性格/能力で理解するものです。


 

日本では、鈴木秀子先生(聖心女子大の教授、カソリックのシスターでありながら、輪廻を唱えられる素晴らしい方です)が会長となり、普及されています。


その9つの性格のほとんどが、惑星滞在の影響に良く似ているのです。


そして惑星も9つ...! 面白い偶然だと思いませんか?

 

スタンフォード大学が研究したところ、男女ほぼ半分の比率で、ほぼ9等分にわかれるそうです。今生での役割を知るという意味では、エニアグラムは私にとって、とても役に立つものです。長年理解できなかった弟の言動が、すべてそこに書いてあったのですから、人間関係にも良いガイドブックだと思います。

 

真実は色んなところでオーバーラップするなぁ、といつも驚かされます。


エニアグラムとの対比は、海王星、冥王星、天王星の情報が少ないので、直感的に解釈してしまいました。

 

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

※以下、エニアグラムの性格と、それに対比すると思われる惑星の長所、短所が書かれています。

 

タイプ1:完全でありたい人(The Perfectionist) 
○賢い、倫理的、公正  △批判的、他人のあらさがし、不安
惑星・・・水星:○知性、高い計算力  △批判、他人のあらさがし


 

タイプ2:人の助けになりたい人(The Helper) 
○情愛深い  △遠回し、操作的
惑星・・・金星:○愛情深さ、慈悲心  △怠惰、肉欲的



タイプ3:成功を追い求める人(The Achiever) 
○有能、能率的、リーダー的  △欺瞞、表面的
惑星・・・木星:○統率力、政治的手腕  △権力欲、物質主義


 

タイプ4:特別な存在であろうとする人(The Romantic) 
○思いやり、独創的、直観的  △意気消沈、自意識過剰
惑星・・・海王星:○芸術的、霊的、思いやり  △オカルト的、感情の浮き沈み


 

タイプ5:知識を得て観察する人(The Observer) 
○粘り強い、客観的、自制心   △出し惜しみ、意固地
惑星・・・土星:○忍耐、持久力  △秘密主義


 

タイプ6:安全を求め慎重に行動する人(The Questioner) 

○忠実、機知に富む、実際的 △用心深い、善悪で判断、被害妄想的
惑星・・・月(精神を司る)?

:(タイプ6には、恐怖型と恐怖対抗型の二つがあり、一番見分けにくく、矛盾や疑念という否定的要素にこだわるところと、二元的な感じが一番地球的感覚の精神に近いのではないかと思うので...)

 


タイプ7:楽しさを求め計画する人(The Adventurer) 
○自主性、建設的、好奇心  △自己陶酔的、衝動的
惑星・・・天王星?:○強い意志力、直感力  △極端、利己主義 (几帳面さは当たらない)


 

タイプ8:強さを求め自己を主張するひと(The Asserter) 
○誠実、単刀直入、精力的  △傲慢、反抗的
惑星・・・火星:○情熱的、活動的  △短気、敵意

 


タイプ9:調和と平和を願う人(The Peacemaker) 
○偏見がない、人の気持ちになれる  △現実に対処できない、片意地
惑星・・・冥王星?:(地球での生活が苦痛) △自己中心的、金銭トラブル


 

いかがでしょうか?

 

英語のタイトルの方が、的を射ている感じがするので加えてみました。正しいかどうかは... お告げを待つしかないですね!


以上メールより転記

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


メールありがとうございました。

 

エニアグラム、私も知ってますよ~! カルチャーセンターのエニアグラムのクラスに参加したことがあるんですが、最高に面白かったクラスでした。当たり前ですが、人はみんな違うんだ、違う感覚を持っているんだということを体感できる、とてもいい時間でした。


 

エニアグラムの参考書はたくさんでていますが、出来たらこういったクラスに参加されることをお勧めします。同じタイプの人間が集まったときのオーラや、場の雰囲気の違いがすごくわかるハズです。


 

私が参加したクラスでは、参加者全員(100名以上)が、タイプ別に別れて、毎回あるテーマごとにそれを絵に表現していきました。その絵がまた面白い! 本当に個性豊かで9つの性格を表している絵でした。


 

最初は、テキストから自分のタイプを判断して、そのグループに加わるのですが、タイプが違っていれば、そのグループの場をとても居心地悪く感じるので、しばらくは自分に合うタイプを求めて放浪する人もいました。もちろん、タイプがあっていれば、ここに私の仲間がいる!という強い共鳴感を感じることができます。


 

以下は、私が参加したエニアグラムクラスでの、それぞれの印象です。すでに5年以上経っているので「今も記憶に残っている当時のグループの印象と発言」から書いています。ちょっとネガティブモードが強いことをご了承下さい。


----------------------------------------------------------------------


タイプ1:常に完全でありたい、完璧を求める人。自分にも厳しいが、相手への要求水準も高い。タイプ1の妻を持つと夫と子供は大変だと、タイプ1の妻を持つ夫が嘆いていました。雑誌やテレビで時々紹介されている「100円ショップグッズ」を使って家の中を完璧にキレイにしている主婦の方をみると、タイプ1かも、と思ってしまいます。


 

タイプ2:感受性が高く繊細で、いつも人に親切や奉仕をしたいと思っています。ただ、相手の気持ちより自分の気持ちを優先してしまいがちなので、行き過ぎると、ストーカータイプの、自己中心的な親切になってしまうので、注意したいところです。

 


タイプ3:仕事人間。リーダータイプ。帰宅直前に、急な仕事が入ってきたらどうするかという質問に「明日の朝までまだ時間があるから、徹夜で仕事をやり通す。当然でしょ!」というタイプです。効率がいいのが好きなので、仕事がトロイ人、無駄話の多い会議は苦手です。仕事以外の時間の過ごし方がテーマかも。

 


タイプ4:芸術家タイプ。人と違っていたいと思っている人です。独創性がありすぎて、変わり者と呼ばれているかもしれません。グループ内でさえ、なかなか意見がまとまらず、最後まで統一した意見が出せなかったのが印象的でした。

 


タイプ5:高見の見物が好き。いつまでも学生でいたい人、責任者にはなりたくないけど、すべてを網羅して監督したい人。タイプ5の人の「上から在野の人たちの行動を眺めていたい」という発言にビックリしました。評論家、研究者タイプかもしれません。

 


タイプ6:実務的、事務的、公務員的なしっかりもの。与えられた指示を、しっかり最後までやり通す、地道で責任感の高い人たちです。タイプ3とは仕事上のいいパートナーになります。

 


タイプ7:アフター5に生きる人。仕事のスケジュールより、遊びのスケジュールで一杯にしたい人。人生楽しまなくっちゃと思っている、見るからに陽気な感じです。ただ、残念なことに私が参加したクラスには、2人しかこのタイプ7にはおらず、しかも2人ともがとても暗い、気の弱そうな男性だったので、ホントに彼らは7だったのかなと今でも思っています。

 


タイプ8:私の参加したクラスには、たった1人しか、このタイプはいませんでした。バリバリ働く、運送会社の女社長でした。見るからに、強いオーラを放っていたのが印象的でした。

 


タイプ9:母性の人という印象です。私の受けた印象では、医師やカウンセラー、保母さんにピッタリな感じでした。ですから、私は冥王星よりもほかの星が当てはまるかなと思いますが、いかがでしょうか?冥王星は、もっと、地球が苦痛で、人とうまくいかない感じがします。

 


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 

いかがでしたでしょうか?エニアグラムも惑星も、それぞれ長所、短所、克服しなければならないテーマがあります。ご興味のある方はお近くのエニアグラムの講座を受けられてみると、面白いですよ。


 

自分にしてほしいことを人にもしなさい、とよく言いますが、9つのグループでさえ、これだけ違った感じ方があるなら、自分のしてほしい事が、果たして他人にはしてほしいことかなと思うようになりました。それより、人それぞれの考え方、感じ方を尊重して、その違いを楽しもうと思うようになりました。


 

人は自分とは違っていて当然ということから出発すると、自分の常識だけで、人を判断することもなくなるように思います。


 

鈴木秀子先生のエニアグラムの本はお薦めです。

 

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ22号 2003年9月19日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up