エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活心や魂のこと > 394 : 断捨離~片づけからはじまる自分改革

394 : 断捨離~片づけからはじまる自分改革

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◇◆ 断捨離~片づけからはじまる自分改革 ◆◇◆ 394号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いま本屋に行けばどこでも平積みになっているお片づけ本の数々。
その中でもやましたひでこさんの「断捨離」は、部屋をスッキリ片づけるという枠を
超え、部屋を片づけながら、同時に自分の人生を見直す「人生見直し本」として多く
の雑誌、テレビでも取り上げられています。

テンプルのスタッフの間でも、昨年春は、一大断捨離ブームが巻き起こりました。


下記のWEBページ、断捨離がテーマなんですが、必読です!面白い!
読者の体験に「友人が、持ち物の8割を捨てたとたんに彼ができて結婚したから自分
も・・・」というのがありました。部屋を片づけると変わり始める「何か」がある
ようなんですよ。


部屋を片づける過程は、まさに自分自身を再発見する時間でもあります。


それにしても・・・・。
なんで、私たちはこんなに部屋の片づけがヘタな人が多いんでしょうね。

実はいま私は引っ越し荷物の片づけ中。先週、人生何度目かの引っ越しをし、毎日、
段ボールに詰め込まれたモノたちを新居の棚におさめる日々を過ごしています。

これまでマークの風水講座、やましたさんの断捨離講座と、テンプルでも一番多く、
この手の「お片づけ・風水講座」に参加しているわたし。

ですから過去、講座に参加するたびに、やましたさんの本を読むたびに、部屋の片づ
け、モノと自分との関係を見直してきました。かなり大量にいろんなものを処分した
こともあります。

ところがあらためて引っ越し荷物と取り組んでみると、まだまだあるんですよね~。

前回の引っ越し以来、ほとんど陽の目を浴びることがなかったものや、購入後、数回
しか袖を通していない衣類などなど。

マイブームのように突発的に片づけ――「捨」はしていても、新しいモノたちが
どんどんまた家の中に入ってきてしまってました。私も通販大好き人間ですから、
真夜中のお買い物で、何度も衝動買いをしてますし~。 

つまり「断」(必要以上にモノを家に持ち込まない)と「離」(モノへの執着を捨て
る)が出来ていないんですね。


ちなみに、我が家で断捨離が完了していると思えるのは寝具類とお客様用のもの
一式。

断言してしまいますが、我が家にお客様用のふとん、お客様用の食器はありません。
お客様用にと思っていた食器は自分用にし、お客様用だった布団一式を処分。

数年前、冬場でもあのぶ厚い布団がなくても、竹布の毛布やタオルケットを重ねれば
朝まで快適に眠れることが分かり、自分用の「綿の入ったお布団」が不要になりま
した。そのとき、年に数回使うか使わないかだったお客様用布団も一緒に処分。

保管にある程度のスペースが必要な敷き布団、掛け布団がなくなったことで、残りの
寝具は、都心の小さなクローゼットのスペースでも十分こと足りるように。

遠方からの友人は、寝袋で良いといえばお泊めできるし、寝袋は・・・という友人
には、私の支払いで近くのホテルをとってあげれば双方まるくおさまります。

1年のうち数日しか使わないものがクローゼットを占領しているのって、やはり
もったいないですから。

田舎の大きなお家では、たくさんのお客様用お布団を押し入れに入れることが可能で
しょうが、都心の賃貸マンションには、そもそも押し入れがないところも多いので
す。

小さなクローゼットで布団の収納に苦労されている方がいらっしゃったら、自分用、
お客様用とも、お布団の断捨離、おすすめです。



人生を良い方向に向けたい、変えたい、違う動き、違う流れにしたい。でもどうした
らいいのか分からない・・・という方。

人生に変化を起こしたかったら、お部屋の断捨離が近道かもしれません。

)テンプルビューティフル メルマガ394号 2011年6月13日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up