エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0354: 瞑想のおとも

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆     瞑想のおとも    ◆◇◆ 354号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。


この7月は金曜日が5回ありました。
なので、今回の話題も瞑想です。 

瞑想に興味ない方は、残念ですが、また来週~!


さて、
瞑想でいいところは、挫折しても、また何度でも始められること。そして何処でも
できること。エコノミークラスの飛行機の中でも、混んだ電車の中でも、会社の
休憩時間でも・・・。しようと思えば、何処ででもできます。

先週書いた呼吸法だけは、ちょっと目立つかもしれませんが・・・。


ケイシーは、座って行うだけが瞑想ではないと述べています。

オーラグロウのマッサージオイルをお送りするときに、該当記事の翻訳を同梱した
こともあったので、すでにお読みいただいている方もいらっしゃるとは思いますが、
背骨に沿ったオイルマッサージは、まさに霊的中枢への働きかけにもなります。

ケイシー流のオイルマッサージ法には、しっかり、霊的中枢への刺激を与え、各中枢
のバランスを整える、という視点が加わっています。
*オーラグロウマッサージオイル(無香料)


マッサージを受けている人にも、このような心構えでマッサージを受けるようにと
アドバイスしています。

「マッサージが行われている時間は、瞑想と祈りの時間、霊的生き方について心と
体に語り聞かせる時間とする」5406-1

ケイシーの勧めたオイルマッサージが他のマッサージと一線を画すのは、ケイシーの
マッサージ法は、単に肉体だけにフォーカスしたものではない、と言えるかもしれ
ません。


さらに、日々の瞑想においてでも、マッサージを受けているときででも、癒しが必要
なときには、このような瞑想をすることができます。

「もしこの人がその霊性を自らに役立てようと思うなら、瞑想の時間のなかで、自分
自身が癒されていくことを思い描くとよい。これらの(指示した)治療法によって
自分が治りつつあるということを心に描いて見ることだ。それぞれの治療法の意味や
働きを理解して、それが自分の中でその通りに働いていることと感ぜよ。自分を通し
て力が常に溢れ出ているという気持ちを、いつも持ち続けることだ」326-1

そして・・・

瞑想の効果を高めるお供として、肉体のエネルギーバランスを整えるグッズとして、
ケイシーはユニークな装置ーインピーダンス装置(放射活性装置)を勧めています。
さらには、この器具を使っていると、自分の霊的目的と精神的目的が統合するとまで
述べています(なんと素晴らしい!)。
インピーダンス装置はこちら



「少なくとも毎日30分ほど、放射活性装置(インピーダンス装置)を使用する
こと。この時間は、瞑想に使用する。霊的および精神的な瞑想によって自分を準備
するのである」3146-1 (17才の女の子に対して)

「(装置を使っている)この時間は祈りと瞑想の時間として使う。なぜなら、これに
よって体の活動と神経エネルギーが平常の流れによって統合されるようになり、それ
と共に、自己の内の精神的目的と霊的目的が統合されるようになるからだ」1711-3


この装置は、霊的な使用目的だけではなく、肉体的なバランスもとっていきます。
以下のリーディングでは、食事療法とあわせると、太りすぎの身体を健康的な身体に
戻すとも述べています。

「疲労または精神体や肉体を働かせることでエネルギーが消費されたときは――
毎日、または一日おきに――放射活性装置で起こされる波動を使用しなさい。それが
装着されることで身体システムのエネルギーは調律、またはイオン化、または再充電
されるだろう。毎日、または一日おきに、30分から1時間使用しなさい。
両極、つまりプレートは清潔に保つこと。

放射活性装置の使用を休息の時間として利用し、また物質的な生活の中の諸々の霊的
な側面、または関係について瞑想すること。 

(中略)

放射活性装置の使用で統合化のための諸々のエレメントが生み出される。加えて体の
酸とアルカリのより正常なバランスを保つような栄養素を使用する。そこで肥満も
より正常な状態へ向かうはずである」1125-2 


そして、このリーディングの後半部分では、肥満をもたらす要因として、デンプンと
お菓子の組み合わせと心の持ち方があるのだと、ケイシーは指摘しています。
↓
「白パン、ジャガイモ(皮付きのものは良い)は完全に食事から排除すべきである
――もちろん、諸々の態度、すなわち怒り、失望などの心の要素が酸を生み出すこと
を許してはいけないのだが。

また、何らかのデンプンと多量の菓子類を組み合わせてはいけない。過度のアルコー
ル反応を引き起こす栄養素を取ってはいけない。これはアルコールを指しているので
はない。菓子類とデンプンの組み合わせがアルコール性のもの生み出すような発酵
作用を引き起こし、体内へ過剰な脂肪部の蓄積を助長するのである」1125-2


さらにはこの装置には、神経系のバランスを取ったり、自分の波動を大いなるものに
チューニングさせる働きがある、とも述べられています。

「装置の使用に際しては、これが交感神経系つまり植物神経系がバランスを取るのを
助ける効果があるので、それを瞑想の時間として使用することだ。というのも、
循環系を通してバランスが作り出され、協調が作り出されるので、それをより建設的
な経験にし、肉体面だけでなく情動面においても、それを現すことができるからだ」603-3

「(インピーダンス装置の使用は)自己の内なる波動における体全体の諸々の力を、
無限なるものへ調律することだろう。装着プレートは清潔に保つよう注意すること。
そして説明書をもとに、小さなこの機械的装置がいかに作用するのかに関して理解
しておくべきである」4037-1


肉体的にも霊的にも、これほどまでに素晴らしい効果をケイシーが述べた装置が、
どうしてもっと世の中に(少なくともケイシー好き)広まらないのか・・・・。

ちょっと不思議ではありませんか?

これには私たちの日々の「忙しさ」が関係しているかもしれません・・・。


事前にご説明させていただくと、実は、リーディングを読んだだけでは分からないの
ですが、この装置、瞑想と同じくらい、続けるのは難しい。ハードルが高い!

まず4日が1サイクルなので、4日間、4日間と継続していきます。つまりは開始
したら4日間は続ける!と自分に約束しなければなりません。

ひまし油湿布は、温熱ヒーターのコードがあっても、ゴソゴソ動いたり、歩いたり
できますが、インピーダンス装置は、それができません。

氷水が入ったバケツを動かさないように、コードが絡まないように、じっと座って
いるか、寝ているかしかありません。

もちろん、テレビを見たり、パソコンをしたり・・・はできません。
微細な波動にアプローチする装置なので、雑多な波動を装置に入れたくはありません
から・・・。


でも、すでに、1日30分程度の瞑想が習慣になっている人、午睡を取ることができる
人には、これほど力強いパートナーはいないでしょう。

自分を大いなるものに近づかせ、シフトさせることができるのですから・・・。


このインピーダンス装置、使っているうちに、装置そのものが、その人固有のオーラ
や波動を持ち始めるので、1人1台の専用になります。
ご家族で共有することはできません。

返品は受けていませんので、この装置にご興味をもたれた方は、ご注文の前には、
十分、考慮してからご注文下さいね。


インピーダンス装置の内部構造はいたってシンプル。
シンプルなだけに、どんな材料を使うか、どれほど丁寧に作るかによって、その製品
から出てくるエネルギーの質が変わってきます。

私も仕事がら、アメリカ製のものをいくつか取り寄せ、装置を分解して中身を確認
したことがありますが、私が知っている限り、埼玉の弘石堂さんが現在作られている
装置は、材料といい、日本人らしい繊細な作りといい、ケイシーが生きていた時代
から作り続けられた装置のなかでも最高のものでしょう・・・、


インピーダンス装置(放射活性装置)についてもっと知りたい方は、過去に書いた
メルマガもご参照下さい。

59号
212号



最後になりましたが、精神的にも霊的にも、澄んだ濁りのない瞑想には体内浄化も
重要なファクターになります。
食生活の改善、毒素排泄、ひまし油湿布、背骨の調整などなど・・・。

そして、ケイシーが「これは霊的な食べ物である」述べたのは、ご存じ「ミイラの
食事」。

ケイシーによると、アトランティス人や古代エジプト人の食事でもあったとか。形から入りたい瞑想初心者には、「ミイラの食事」はスタートしやすい第一歩です。

ミイラの食事


○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

【超・手抜きの簡単クッキング】

毎年夏になると厭きずに書き続けているのは・・・
「トウモロコシは生で食べるに限る!」

「トウモロコシは、生で食べると消化不良を起こす」伝説があるようで、いまだ
挑戦したことがない方もいらっしゃるようですが、なんともったいない。
これぞ究極のファーストフード。しかも、味付けに醤油もバターもいりません。

消化できないか、試しに生トウモロコシを食べた翌日トイレに行ってご確認を!
コーンのツブツブがそのまま出てくるってことは、おそらく、ないハズです。


それでもやはり消化不良が心配な方は、冷製コーンスープを作るといいです。
もちろん。これも生のままで・・・。


作り方はいたって簡単(一人分)。

トウモロコシ1本分の実を包丁で削ぎ落として、ブイヨンを適量溶かしたお水カップ
1杯と一緒に、ジューサーでクリームっぽくなるまで攪拌するだけ。

ブイヨンがない時には冷ました鰹ダシでも昆布ダシでも、なんでも可。
味付けをしなくても、牛乳を入れなくても、このままで十分美味しいです!
余ったら冷蔵庫に保存。でも加熱してないので、できるだけ早く食べきって下さい。
★缶詰コーンには入っていない、胚芽のところもスプーンでしっかり削ぎ落として
下さい。

(有)テンプルビューティフル メルマガ354号 2010年7月30日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up