エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活食べること > 0207:ホテルで朝食を食べるとき

0207:ホテルで朝食を食べるとき

================================
       ◆◇◆ ホテルで朝食を食べるとき ◆◇◆ 207号
================================

(有)テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

 

ペルーの地震のニュース。ビックリしました。昨日は、東京や千葉でも地震がありましたが、同日、遠く離れたペルーではさらに大きな地震。しかも震源地は「イカ州」あたり。

 

ここはナスカの地上絵を見にに行くための飛行機の発着する町があります。ランチを食べたイカのステキなリゾートホテルや、美しい湖畔の店々は、どうなったんだろう? そこにいた人たちは無事だったかしらって、ちょっと心配です。

 

昨年のイスラエル旅行は戦争まっただ中。そして今年のペルーは帰国直後に大地震。
事故もなく、安全に旅行から帰ることができるって、それだけで、もしかしたら奇跡的なことなのかもしれませんね。

 

そして、私がペルーから帰ってきたと思ったら、今度は兄が、日本エドガー・ケイシーセンターの会長としてエジプトツアーに出かけます。今年の夏は、兄妹で世界不思議旅に替わりばんこに行くことになってしまいました。

兄の一行たちも楽しい旅行になることを祈るばかりです・・・。

 

ちなみに、ペルーにもピラミッドがありましたよ。

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

 

さて、旅行に行くと宿泊はホテルになりますよね。
ホテルの朝食、楽しみにしている方も多いんじゃないでしょうか?

 

私もその一人。いつも寝ぼすけの私も、ホテルに滞在したときは早めに起きて、レストランにGO! 新聞、片手にゆっくり朝食を取るのは、至福の時間です。

 

・・・ところがこのホテルの朝食。ビュッフェバイキングがほとんどですが、このホテルの朝食バイキングが、思わぬ落とし穴なんですよね。

 

特に日本のホテルの場合、朝食が3000円、3500円という、目の玉が飛び出るような値段だったりします。朝食つきパックで泊まっていても、レストランの入り口に書かれている値段を見て、「よーし。この値段分は食べてやるぞ~」なんて思いながら、大食い宣言をして席についてしまうことも。

 

そう決心せずとも、ホテルならではの、様々に工夫された料理を目にすると、次々とお皿に取ってしまい、気がつけば、普段、自宅では絶対に食べないような巨大な朝食になっていたり・・・。

 

元気な人はいい。若い人もいい。その日は1日遊んで過ごすって人もいい。

 

でも、ビジネストリップでホテルに泊まっていて、午前中は重要な会議があるって時には、この「欲張り婆さん」の「大きなつづら」朝食は、その日1日の活動を鈍らせてしまう可能性が大きくなってしまうかもしれませんよ。

 

特に身体が疲れているときには、この食事こそが、さらに疲労感を強める原因になってしまうかもしれません。

 

お昼を食べたあと眠くなったっていう経験をされた方、多いと思うんですが、食べ物を消化するって、意外とエネルギーを消費する行為なんです。

 

食べ物が入ったとたん、身体は胃に血液も労力も集中させてしまって、他をお留守にしてしまう。

 

だから、午前中、バリバリ仕事をしようにも、眠くなったり、疲労感を感じたり。

・・・実はペルーのクスコで私は、ランチを食べた直後、貧血を起こしてしまったんですが、まさに、これは頭への酸素供給量の不足が原因。

 

食事をしながら貧血を起こすなんてこと、平地では考えられないですが、それでなくとも酸素の薄い高地の空気。消化にいい組み合わせに気をつけたハズなのに、食後、廻りの人と喋っている間に、だんだん目の前が暗くなり、そのまま気が遠くなってしまいました(午後の遺跡巡りは行かず、そのままベッドに直行でした)。

 

その後も、ペルーの高地にいる間は、空腹のときは元気なのに、何かを食べたとたん、頭痛が始まる、景色が色が少し暗くなる(クリアに見えない)、呼吸困難で夜中、目が覚めるって経験をしました。身体って、消化吸収のために、毎日毎日、一生懸命、働いてくれているんだなあって実感しましたよ。

 

大食いの人ほど、よくお腹が空くっていいますが、そりゃそうだ。消化するだけで毎日マラソンを走っているくらいのエネルギーを消耗しているんですから、お腹も空くわけです。

 

それじゃあ、どんな朝食がお勧めかっていうと、ケイシー的な原則は

 

●もし美味しいオレンジジュースがあって、そのジュースをどうしても飲みたかったら、その日は、オレンジジュースと柑橘系の果物だけの朝食にする

 

●もし、美味しいパンがあって、そのパンをどうしても食べたかったら、オレンジジュースを飲んだり、ソーセージを食べたりせず、パンと野菜を中心としたものにする

 

この2つ。

 

炭水化物をメインにしたら、動物性タンパク質のものと果物は諦める。
フルーツ(特に柑橘系)をメインにしたら、その他のものは諦める。

 

特に柑橘系の果物を食べた時には「絶対にパンを食べてはいけない」とケイシーはくどいほど言っているんです(食べ物が未消化になる。※よくファミレスで、自分たちにはビールを頼み、子供達にはオレンジジュースを頼むってことを、親たちはよくしてますが、これは止めましょうね)。

 

3000円の朝食なのに、そりゃないぜって思ったら(いつも私はこう思ってますが)、ゆっくり、時間をかけて、まずオレンジジュースを飲み、フルーツを食べたあとで30分くらい新聞を読みながら、胃の中身が無くなるのを待ち、おもむろにご飯やパンを食べるっていう手もあります。
(だって、高級ホテルのジュースって、パックジュースじゃなく、本物の果物を搾ってくれるので、メチャ美味しいんですもの。。。。!)

 

パンを食べながらオレンジジュースを飲み、お皿には、ソーセージにスクランブルエッグにフライドポテト。食後にフルーツとヨーグルトを食べる、っていうのは、食事の組み合わせとしては「最悪」。消化するのに時間がかかるため、身体は午前中ずっと、消化することにエネルギーを消費するはめに。

 

あれもこれもと食べてしまうと、胃は過剰労働を強いられたうえに、胃にまだ未消化のものが残っている。それなのに、次にランチが胃に投入されてしまうってこともありえます。

 

チェックアウトのあとは移動するだけって時は「今日は悪食に徹するぞ!」とばかりに、山盛りの朝食を食べてて、翌日反省する、という選択肢もアリですが、活動的に過ごしたかったら、食べ過ぎは要注意であります。

 

・・・ということで、私のペルーでの反省もふまえ、ホテルでの朝食には気をつけてくださいませ。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

食事繋がりで、お勧めのDVDを2つ。

 

●ご存じ「スーパーサイズミー
30日間、毎日3食、マクドナルドのハンバーグやソフトドリンクを飲み続けたらどうなるかっていう、監督の身体を張った実録ドキュメンタリーです。

ちょっとコレステロールや体重が上がるくらいって考えていたら、とんでもない。
心と身体の変化ときたら、恐ろしいほどです。

 

●「ジェイミー・オリバーのスクールディナー」は、学校の先生や、小さい子供がいる
PTAの方にはぜひ見て頂きたい内容です。
舞台はイギリスですが、家庭での手料理がいかに大切かって実感しますよ。

 

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ207号  2007年8月16日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up