エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活食べること > 0166:食べ物が身体をつくる(1)

0166:食べ物が身体をつくる(1)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◆◇◆ 食べ物が身体をつくる(1) ◆◇◆ 166号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

 

さて、8月から始めた歯列矯正。ようやく器具にも慣れた今日この頃。

 

開始直後の8月下旬は、流動食のようなものしか口にできず、かなり苦労しましたが、今は、噛みごたえのある物以外は食べられるようになりました。(矯正後しばらくは、納豆もご飯も「固くて」ダメでした。。。)

 

その流動食が続いた頃のお話・・・。

 

最初の頃は私も張り切ってジューサー、ミキサー、フードプロセッサーを駆使していろいろな「ドロドロ食」を作っていたんですが、それも続いたのは1週間ほど。噛むことができないと、じきに食事に対する興味が一気になくなって、なんだか食事のしたくをするのが、ホトホト面倒になってきてしまいました。

 

だって、一所懸命手間暇かけて流動食を作っても、ものの3分で全てがお腹に入ってしまう! あとは洗い物の山! あ~あ、なんだか面倒だなあって。

 

そんな時、何も食べられない私の為に友人がゼリーをドッサリ送ってくれました。
そしたら、これが美味しいし手間いらず!

 

何も作ることはいらないし、ある程度の満腹感も得られるしで、いつのまにか1日1食は、ゼリーだのプリンだの、スーパーで売っているようなデザート系のジャンクフードで済ませるようになってしまいました。

 

普段は、全く砂糖を体内に入れない食生活なのに、いきなり、なんともジャンクな食生活。でも、速攻・簡単・洗い物なし! たまにはいいやって感じです。

 

・・・ところが、そんな食生活が1週間も続いた頃、私はある変化に気がつきました。

それは何かというと・・・。

 

まず、なんだか突然、寝付きが悪くなりました。

 

普段の私は、枕に頭をつけたとたん、すぐに寝入ってしまうほど寝付きはいいんです。不眠症は私の辞書にない!って思うほど。それがなかなか寝付けない。まだ8月だったので多少の気温の暑さはあったものの、何度も寝返りをうって真夜中まで起きているってことが続きました。

 

次に、足元が寒くて目が覚める日が何度かありました。

 

・・・実はこの数年、私は冬も布団いらず。

東京の機密性の高いビルに住んでいるせいもあって、冬も綿毛布とタオルケットの2枚重ね。そんな薄い上掛けでも、朝、足元が寒いなと感じるのは一冬にほんの1~2回。

 

前回の冬も、1度も厚い毛布や布団を引っ張り出すことなく春になったので、引越のとき、思い切って布団を処分してしまったくらいです。

 

そんな真冬でも布団いらずだった私が、まだ秋にもなっていないのに、足元が冷たくて目が醒める。

これはさすがに自分でもビックリしました。

 

こう、ハッキリと食生活の変化が身体にあらわれると、なんだか人体実験をしてるみたいで面白かったですが、やっぱり、夜は温かく、速攻で熟睡したいので、ジャンクな甘い食生活はもうストップして、現在は、できるだけ、フルーツや野菜を多く食べる食生活に戻っています。

 

季節的には、今のほうがよっぽど寒いんで、朝、トイレまで「寒い~!」って思いながら廊下を走ってますが、それでも、夜、身体が冷えて目が醒めるってことはないです。

 

私の短い体験をもって、全てを語るのはキケンですが、女性に多い「冷え性」や「不眠症」って、もしかしたら、普段、なにげに食べているお菓子やケーキが原因かもしれないですよ~。

 

砂糖って実はお菓子やケーキだけに入っているわけではなくて、例えば、お寿司、和食、ソースやケチャップ類、パンなど、至る所に添加されているので、それを全てカットするのは、積極的に排除する姿勢がないとなかなか難しいんですが、もし、冷え性や不眠症で悩んでいる人がいたら、1度、ご自分の食生活に含まれる砂糖の量を見直してみるのもいいかもしれません。
 

特にこれからは寒さが一気に強まりますからね。

 

夜、ソックスや腹巻きが必需品って方。

まずはキッチンからお菓子を一掃してみてはいかがでしょうか?

 

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ166号 2006年10月23日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up