エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活食べること > 0148:ビール、美味しいけれど

0148:ビール、美味しいけれど

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◆◇◆ ビール、美味しいけれど・・・ ◆◇◆ 148号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

 

さて、今日は東京も大雨ですが、
暑くなると、飲みたくなるのは、喉ごしのいいビールとソーダ。

 

仕事後のビールがたまらない!この1杯のために自分は働いているんだ!って方、多いと思います。

 

時々、ケイシーリーディングには、人々の「幸せの元」に水を差すようなことも言っているんで、ビールを飲みながら、このメルマガを読まれている方がいらしたら、ごめんなさい。

 

今回は、夏の飲み物、ビールと炭酸についての警告を・・・。

まず、ソーダなどの炭酸系の飲み物について。

 

ご存じの方も多いと思いますが、ケイシーは、炭酸系の飲み物をくどいほど、禁じています。どれほどしつこく「飲むな」と言っているか、下記を読むとビックリすると思いますよ。

 

どんな炭酸飲料であっても飲んではいけない。どんな種類の炭酸系の飲み物でもダメだ。炭酸が入っている飲み物は、どんなものであれ、飲んではいけない。さらにホップで作られているものも、飲んではダメだ!3047-1

 

活字になったとき、例えば、

「Do NOT take any carbonated drinks of ANY kind!」というように、大文字で強調されている、ということは、ケイシー自身、かなりここは強調して言った、ということだと思います。

 

ソフトドリンクやソーダだけではなく、ここには「発泡性のある水」も入りますので、レストランでオシャレに飲んでいるあの水も、ケイシー的にはNGだったりします・・・。

 

もちろん「悪影響を及ぼさない少数の人もいる」と言っているので、健康に自信がある方は、多少であれば、飲まれてももちろん問題はないとは思いますよ。

 

ではでは、炭酸がダメなら、ビールはどうかというと・・・。

 

これもごめんなさい。ケイシー的にはNGです。

 

質問「節度のある量のアルコールも飲んではダメでしょうか?

ケイシー「どんなアルコールでも有害である。特にホップで作られたものは、どんなものでもダメだ!」2390-4

 

ここで面白いのは、ケイシーが問題にしているのは、ビールがどうしてNGなのかというと、発砲系の飲み物である、というだけではなく、ビールの材料であるホップが身体に悪いと言っていることなんですよね。

 

ドラッグストアに行くと、健康補助食品として「ホップ」のサプリメントが売っていたりするんですけどね。※利尿目的、リラックス目的で摂るサプリのようです・・・・。

 

ついでに、いま工場直送ビールが主流ですが、ケイシーはどちらかというと時間を置いたビールのほうがいい、といっているようなんです。

 

英訳がうまくできなかったんですが。。。

Q:Is beer harmful?
A:Very harmful for the body. For, the hops act upon the glandular forces that are disturbing to the body;especially the NEW--and so little is aged at present.Especially the combinations of ale and beer are harmful.

 

つまり、ビールは身体に悪いですかと聞かれ・・。
非常に悪い。ホップは、腺(内分泌)のフォースに影響を与え、それが身体を混乱させる。特に作りたてのビールは。それに、現在、ほとんどのビールは熟成されてない。特に、エール(苦みのあるイギリス風のビール)とビールの組合せは良くない」(※harmful・・・有害である)

 

酵母でじっくり熟成させたビールのほうが、ケイシー的にはOKって感じみたいです。

 

じゃあ、もう絶対にビールが飲めないかというと、こんなアドバイスも彼は述べています。

 

炭酸系のソフトドリンクが混ざった飲み物は避けなさい。ビールやモルトを発酵させた飲み物は、薬として飲む以外は、飲まないこと。ビールに生の卵の黄身を入れたものを1日に1杯飲むのは非常にいい。だが、ビールだけを飲むのではない」2277-1

 

午後3時か4時に、ビールを飲みなさい。卵を入れて! その後の活動に活力を与える

 

いかがですか? ビールも喉ごしの良さでグイグイって感じじゃなくて、ビールには、ビールなりに、身体にいい飲み方があるみたいですね。

 

※どういうわけか、あまりアルコール類を勧めなかったケイシーも、エッグノッグ(卵酒)は勧めたりもしているので、この「卵の黄身を入れる」というのがアルコールを飲むときの秘密の方法なのかもしれません。

 

とはいえ、ここで1つ覚えておいて頂きたいのは、ケイシーのリーディングを取った人は、それぞれ健康に問題を抱えている人ばかり。

 

決して「自分は健康で何の問題もありません!」という人のためではないこと。だから、いま、ご自身が全くの健康体で、ビールのない人生なんて考えられない!って方は、ビール、飲まれてもいいのではないかと思います。

 

ただ、これからは出来るだけ健康に心がけたいなあ、とか、この前の健康診断では要注意信号が出たなあ、って方は、今のうちに、ビールや炭酸を飲む量を減らしてもいいかなあ、と思います。

いかがですか?

 

以前、このビールのリーディングをニュースレターでお知らせしたら、ビール好きの方々から、かなりの抵抗を受けてしまいました。

 

・・・私に文句を言われてもねえ、って感じなんですけどね。あとは、人生の選択です。

 

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ148号 2006年6月16日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up