エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活食べること > 0106:人参・ニンジン・にんじん(パート2)

0106:人参・ニンジン・にんじん(パート2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◆◇◆ 人参・ニンジン・にんじん(パート2) ◆◇◆ 106号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。


私の廻りには、生でトウモロコシを食べるのをマイブームにしている人が続出してます。


★☆103号のメルマガを読んで、生トウモロコシを食べた人は、今すぐ、コンピュータの前で手を挙げて下さい!★☆


特に独身の人は、手軽なファーストフードとして「はまっている」って感じで、私も、たーくさんの「食べました!」「美味しかった!」メールをいただきました。


まだ食べてない人がいたら、ぜひどうぞ。これからの季節、ますますトウモロコシが美味しくなる季節です!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


前回にひきつづき、ニンジン特集です。


ニンジンの栄養素と聞いて、すぐに頭に浮かぶのは、ビタミンA、もしくはカロテンではないでしょうか?


ところが、今回、ニンジンのリーディングを調べていて気がついたのですが、ケイシーには、ビタミンAを取るためにニンジンをもっと食べなさい、といったものが無いんです(少なくとも私が読んだ範囲では・・・)。


もちろん、ビタミンAについての言及は多少ありますが、多くの場合「**のビタミンがあなたの身体には必要である。そのためには、野菜をもっと食べなさい、例えばニンジンのような。/あるいは、ニンジンには、それらが含まれている」といった形のものが多いのです。


ニンジンというと、すぐにビタミンAを想像してしまいますが、考えてみれば、ニンジンに含まれているのは、ビタミンAだけではないわけで・・・。


ケイシーが、「身体に必要な栄養素で、ニンジンにはそれらが含まれている」と言った主なものは・・・


ビタミンB-1、及びビタミンB群、ビタミンA,ビタミンC,ビタミンD、カルシウム、リン、葉酸、金(glod)、ナイアシン、ケイ素、鉄、ヨウ素・・・・


特にビタミンB関係は、ニンジンと一緒によく名前が挙げられています。


ケイシーが述べたニンジンの働きには「血液を浄化する」「神経を再生する」「身体をつくる」「便秘を解消する」「消化、同化の力を強める」といったことが書かれています。


特にパーキンソン氏病とか、筋肉の萎縮のあるような方には「野菜のFORCES(フォース、力)をもっと取りこみなさい!もっとニンジンを食べなさい!と述べており、それら野菜の力は、真のヒーリングの力となる、と付け加えています。


だから、野菜を食べないけど、ビタミン剤を飲んでいるから大丈夫!っていうのは全然違うんです。だって、ビタミンやカルシウムだけではなく、野菜の持つ生命力や微量な元素も人間の身体には必要なんですから・・・。


うーむ。もっとニンジンを食べなければ・・・・。

 

ケイシーはニンジンの食べ方としては、生でも加熱してもいい、とは言っていますが、割合としては、加熱したものよりは、生のニンジンをより多く勧めています。


食べるときに、注意点がいくつか


1)できるだけ皮は剥かない


2)ニンジンの肩(頭部)の黒い部分は捨てない
※特に目の悪い方(視力の低下、疲れ目、緑内障、白内障など)がある方は、毎日、たくさんのニンジンを食べて下さい。特に、皮の部分、葉っぱの根元の黒い部分は捨てないで、食べて下さいね。そこには「野菜の力」がたくさんあります。


3)アルミの調理器具は使わない


4)加熱調理するときには、野菜の水分だけで調理する
※「野菜が持つ水分だけで調理するように」という注意事項、ケイシーは何度も、何度も述べています。つまり、カレーやシチューに入れるのではなく、無水鍋や多重構造の鍋を使って無水料理するのが、ケイシーの言うところの「調理した野菜」となります。


5)できたらゼラチンと一緒に食べる
※これはご存じの方も多いと思いますが、ケイシーは、野菜を食べるときにはビタミン吸収を高めるために、ゼラチンを一緒に食べるようススメています。


テンプルでは、魚から作られたコラーゲンを販売しています。「固まる」という作用はありません) これは食べやすくていいですよ。私はいつもサラダにそのままかけて食べています。


よく世間で言われている「ビタミンAの吸収を高めるために油と一緒に摂るべきだ」というのは、リーディングの中には見つかりませんでした。ビタ ミンAがニンジンの全ての栄養素ではないですし。。。ただ、サラダにフレッシュなオリーブオイルをかけて頂ければ、この問題はクリアできると思いま す。(加熱した油はそもそも、ケイシー的にはNGなので、天ぷら、野菜炒め、はNG料理です)


追伸ですが、「ニンジンとリンゴ」のジュースというのが日本では一般的で、多くの健康関係の本で「ニンジンとリンゴ」のジュースが勧められています。


ケイシー的には、リンゴは、どの食品とも合わせません。生のリンゴは「リンゴだけ」で食べるべきで、リンゴ入りジュースは、これまた、ケイシー的にはNG食品となりますのでご注意を。ニンジンだけのジュースで十分美味しいです!


それから、ニンジンがいいから、といって、スーパーで売っているニンジンジュースを飲んで、ニンジンを摂った気にならないこと。


100%であっても、市販のニンジンジュースはすでに加熱殺菌されていますから、酵素やビタミン類がかなり破壊されてしまっています。


ビタミン剤でもなく、市販のニンジンジュースでもなく、ちゃんと八百屋でニンジンを買って食べて下さい。それから、可能な限り、有機農法のものをオススメします。味も野菜のパワーも全然違います!

※非加熱でにんじんをパウダーにしただけのサプリもあります。


来週は、ほとんどの方の冷蔵庫に入っていて、毎日食べている人もいるけど、実はケイシーが要注意!と述べた「ある食材」について書きます。


それが何か、冷蔵庫の中を覗いて想像してて下さいね(ケイシーに詳しい人は、来週まで秘密にしておいて下さいませ!)。

 


それではまた!

(有)テンプルビューティフル メルマガ106号 2005年6月24日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up