エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0103:めざせ!菊池先生!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ◆◇◆めざせ!菊池先生 ◆◇◆ 103号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。


3回連続で書いた牛乳についてのメルマガが波紋を投げかけたようで、たくさんのご感想メールを頂きました。


子供が毎日、学校で牛乳を飲んでいるのをご心配の方も多いようですが、子供は運動量が多いので、酸性物質を多く摂っても消化できるパワーがあり ます。学校と交渉して、牛乳を飲まない自由も選択できるようになればいいのですが、一個人ではなかなか難しいので、後はご家庭で、野菜や果物をしっかり食 べるようにされるといいかなと思います。


ケイシーは、非加熱処理で、まだ牛の体温が残るような搾りたての牛乳を飲むよう何度か勧めていますが、絞ったまんまの無殺菌牛乳は日本で1カ所製造されています。普段飲んでいる牛乳とは比べものにならないくらい高価な牛乳ですが、日本全国で取り寄せ可能(商品名:想いやり牛乳)です。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

先月開催した「ローフード」のセミナー、お陰様でとても学びの多いセミナーとなりました。

※ローフードというのは、食品を加熱せず、生か、生に近い状態(48度以下で加温・乾燥)で食べる食事のことです。


4月、5月と、私は外食がつづき、サラダを全く食べない日も多かったんですが、講師をしていただいたローフード実践者の菊池先生が、あまりにキレイだったので、翌日から、またセッセと特大タッパーに生野菜を詰め込んで、ランチにしています。


ラッキーなことに、近所のスーパーには、いつも有機の「ロメインレタス」(肉厚の緑の濃いレタス)が置いてあるので、ロメインレタスはサラダに 必ず入れています。それと、パック詰めされて売っているベビーリーフと人参を適当に切って入れれば、5分で出来る、簡単ランチのできあがりです。


※野菜は、できるだけ包丁を使わず、手でちぎることと、キパワーソルトを入れたお水にしばらく野菜を浸けておけば、けっこうシャッキリ感が続きます。


さらに、朝、5分の時間も無いときには、途中のスーパーでトウモロコシを買って、そのまま生で食べることもあります。


生のトウモロコシは、これまでこの美味しさを知らなかったことを悔やんでしまうほど、美味しいです。


ローフード実践者は料理を加熱しないで作るために、特別な調理器具を常備しています。でも、ケイシーの勧めたのは、朝食は、1日おきに柑橘系の 果物だけを食べ、お昼をたっぷりの野菜サラダに!ということですので、昼食をサラダに変えるだけでも、ケイシーの食事にも一歩前進!って感じになると思い ます。(可能なら、朝食は果物か、作りたての野菜ジュースをオススメします)


主婦の方から、家族がいるので、ケイシーの勧めた食事は難しい、という声を聞くのですが、主婦の人がランチを生野菜に替えるのは簡単!ただご主人や子供達が、生野菜だけのお弁当箱を持って行ってくれるのは、難しいかもしれませんねえ。


さて、ローフードの食事をちゃんとここ数年実践されている菊池先生。


セミナー後の食事会で参加者の方が「お肌が輝いていますねえ!」って感嘆されていましたが、ホント、遠くから見てもお肌ツルツル、ピカピカ。ご 本人も、時々10代の肌に戻ったように感じる、と言われてました。しかもスッピン!化粧水も乳液もつけず、顔を洗ったあとはそのまんま。


身体の中がキレイな人は、外から色々塗りたくっている人より遙かにキレイ!ってつくづく感じましたよ~!


よく内面の美しさ、なんて言いますが、心の美しさを人に感じてもらうようになるには、時間が必要。でも、身体の中身をキレイにするのは、すぐに実行できます。心は身体の中身がキレイになっていく過程で、変わっていけばいいわけですし・・・。


ご本人の年をばらすのは申し訳ないので秘密にしますが、女性として、あれほどピカピカに輝いてキレイな人を前にすると、化粧に費やすエネルギーと費用が無駄だったことに愕然としますよ、絶対!


ケイシーが何度も何度も、お肌のトラブルに対して「食事を変えなさい」「ちゃんと排泄するようにしなさい」「洗腸をしなさい」と言っていましたが、ホント、彼女を見ると「やっぱりそうだよなあ」って思ってしまいました。


というわけで、今更ですが、食事に生のものを増やすと、彼女のようにピカピカの肌になれるかと思うと、せめてランチは生野菜食にしよう!っと新たに決意をしたのでありました。(残念ながら、けっこう食いしんぼなので、晩ご飯はフツーの食事です)


このメルマガを読まれている方々も、ホンモノの美人になりたかったら、ランチは野菜サラダ!絶対オススメです。 サラダランチ普及のために会員 制の「サラダ美人クラブ」でも作ろうかしらん、と思うくらいです。(会員は、必ず朝食と昼食は野菜や果物を生で食べなければならない!←冗談)


さて、その前に、生野菜や果物を食べるにあたって、1つ留意点が。
特に、これまで生の野菜や果物を全然食べてなかった人は要注意。


それは・・・


これまで火を通した食事ばかりを食べていた人は、生食を食べ始めることで、急に身体に湿疹がでたり、疲れを感じやすくなったりします。


・・・でも、それは、生の野菜や果物が悪いということではなく、これまで加熱調理の食事ばかり食べていたことが原因なんです。


というのも、加熱調理の食事には、そもそも食べ物に含まれていた消化酵素が、火を通すことで消滅してしまっています。そのため、身体は、食べ物 を消化するために毎回、かなりのエネルギーを消耗しています(お昼ご飯を沢山食べると、眠くなりますよね?)。特に食事の中に酵素が含まれてないので、身 体は消化酵素をセッセと作りながら、食べ物を消化しなければなりません。


生食の場合は、食品自体の消化酵素が生きているので、消化にエネルギーを必要とせず、身体は、自分のエネルギーをすぐに「排泄すること」 に切り替えることができます。ちゃんと排泄するルートが出来ていればいいのですが、消化、同化、排泄のルートがうまく機能していないと、身体が皮膚を通じ て排泄を始めたり、あるいは、身体の疲れとして出てしまったりします。


実際、朝と昼を完全に生の野菜と果物に変えると、フツーの人は、トイレ(大のほう)に行く回数は増えます。おそらく1日2~3回はトイレで出すようになりますよ。


なので、これまで特に火を通した食事ばかりだった方は、特に「そういうこともあるかもしれない」ということをよーくご理解のうえ、食事を変えて下さいね。


「身体の冷え」については、一緒にひまし油湿布をしたり、オイルマッサージをしたりして、体液の循環を良くしていくことで、改善してくると思い ます。また、身体に冷えがある方は、「砂糖もしくは砂糖が使われている食事を摂らない」ということ。これはとても重要です。サラダも冷蔵庫で冷やしてすぐ に食べることが多いと思うのですが、野菜は常温で食べて下さい。それと、千切りキャベツにトマトにキュウリ、白っぽいレタスが数枚っていうのは、サラダと しては失格。青々とした強い緑の野菜をたくさん食べて下さい。特にトマトは真夏、枝で熟したもの以外はNG食材です。


冷えがあるからと、加熱した食事ばかり摂ってきた人は、身体がそもそも持っている体温を調節する機能が落ちている可能性があります。いったん、 強い冷えを感じるかもしれませんが、そのうち、身体自体が自分を温めようと働き始めますので、気になるときには、しばらく生姜入り紅茶でも飲んで下さい。


冬は実践しにくいかもしれませんが、これからの季節はサラダランチをスタートするのにとてもいい季節。


パワーのある野菜食、ぜひお試し下さい。


合い言葉は、「めざせ!菊池先生!」です。


食事については、過去、奥沢通信でもかなり書いています。気がついてみると、私は食べ物のことばっかり書いています。


でも、古くからのお客様に、時々「ええ?ケイシーは砂糖は駄目って言っているんですか」とか「え~!ご飯とお肉、一緒に食べちゃ駄目なんですか?」なんて驚かれて、ガッカリしてしまいます。

あ~あ。

 


それではまた!


(有)テンプルビューティフル メルマガ103号 2005年6月3日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up