エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0084:もっと野菜サラダを!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◇◆ もっと野菜サラダを ◆◇◆84号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

またまた遅めのメルマガ配信となってしまいました。


先日、極端に食事の量を減らした「不食」について買いたところ、読者の方から、不食を日々実践している方の日記のページをご紹介いただきました。
(どうもありがとうございます!)


さらに、8年間、水分と日光だけで生きている人の記事もありました!


あまりに内容量があるので、まだちょっとしか読んでないのですが、お時間がある方はぜひ読んでみてくださいませ。


☆★☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★


さてさて、バージニア・ビーチの本屋で驚いたのが、ローフードダイエット(全ての食事を加熱調理せず、ほぼ生で食べるという食事)の本がけっこう棚に並んでコーナーまであったこと。1年半前は、1冊も見つけられなかったので、オオ!って感じで驚いてしまいました。


ローフードについて:
「すべての生鮮食品は四十六度以上で加熱されると、中に含まれる多くのビタミン、特に酵素類が破壊され始めます。酵素は消化を助ける重要な役割を果たしま すから、加熱により酵素が破壊された食品ばかり食べていると消化器官に負担がかかります。ですから四十六度以上の加熱を控えるのです。調理法を工夫すれば さまざまな料理が生まれますし、健康的です」


ご存じのように、エドガー・ケイシーも、食事のアドバイスをするときには、人参やレタス、セロリなどの生野菜をよく勧めました。(特にランチタイムに) 


炭水化物の取りすぎはしないように。大量の生野菜を食べなさい
Do leave off too much starches. Have plenty of raw vegetables.


「沢山の野菜を食べなさい。さらに、毎日、1食は生野菜か加熱しない野菜を含むべきである」
Have plenty of vegitables, and especially one meal each day should include some raw or uncooked vegetables.


彼の勧めた基本的な日々の食事は・・・。
80%のアルカリ性食品(野菜と果物)、20%の酸性食品(野菜と果物以外)。


しかもその野菜は、地上の野菜80%、地下の野菜20%(ただし、人参は地上の野菜として考える)にするようにもアドバイスしています。そうなると、ケイシー流の食事は、毎日、野菜バリバリ!


この地球で生きている限り、社会性のある生き物として、友人と美味しくレストランで食事をしたり、友人の家に招かれて、その家やその国の家庭料理を 美味しく頂くということも大切なことだと思います。ですから、3食ローフードにしたいとも、菜食になりつもりもないのですが、自宅での食事はできるだけ豊 富な野菜や果物を生のままで食べたいものです。


というのも、

1)食物は生で食べた方が「消化」「同化」「排泄」が加熱した食品よりスムーズにいき、身体に負担にならない。


実際、生野菜を多く食べるようにしていると、消化にエネルギーを使わないせいか、少ない食事でも身体が維持でき、また身体が軽く感じるようになって きます。そして、なにより、排泄がすごーくよくなると思います。(ただし、小皿にちょっとの野菜、ではなく、大皿に山盛り1杯をイメージしてくださいね)


2)加熱調理した料理を食べないでいると、自然に調味料がいらなくなる。


なんでもかんでも、すぐにマヨネーズやソース、お醤油、ケチャップをかけてしまう人っていますよね。私、そういう人は、生の野菜や果物を食べてない人かもって思います。自然な甘さに慣れると、調味料は最低限でもOKになっていくと思います。


3)人は、食事から、栄養(タンパク質やビタミンなどの栄養素)だけを取っているのではなく、食物が持つ生命エネルギー、活力も得ている。


これがとっても重要なんですが、私は、人間は、野菜や果物、木の実などから、大地や太陽、植物の生命エネルギーを得ながら生きているんじゃないかと思います。これは見えないものなので、誰も気にしないですが・・・。


毎日、コップ1杯の野菜ジュースで生きている人の話題をこの前書きましたが、そういう人が、野菜だけで生きていけるのも、野菜のビタミンやタンパク質だけではなく、植物エネルギーから、生きる力を得ているのでは?なんて考えています。


3日間煮込んだシチュー、と聞くと、とっっっても美味しい高級料理、というイメージがありますが、3日間も煮込まれた野菜はすでに野菜の残骸。かつ て野菜として、イキイキとしたエネルギーがあったのに、それはすでに消滅! 特に、病院で出される食事は、どれも加熱調理されて、クタクタになった野菜ば かり。こんなエネルギーの無い食事をずっと食べていたら、健康な人も病気になりそう、って病院食を見るたびに胸が痛くなります。


だから、自殺願望があるような人、ウツやひきこもりの人たちは、もっと野菜サラダや果物を食べてもらえたらなあって思います。だって、植物たちは、 太陽をサンサンに浴びて精一杯生きているでしょう?その生命エネルギーを取り入れることができれば、心は自然と元気になっていくような気がします。精一 杯、今を生きている植物のエネルギーや波動を少しずつ取り入れていけば、見えないけど、生きるエネルギーもチャージしてもらえるように思います。


健康な人も、野菜サラダをもっと食べるようになると・・・。

●調理いらずで簡単なので忙しい人に最適。切ったりちぎったりするだけ! 
●ジューサー、ミキサーがあれば美味しいジュースができる
●野菜だけの甘味でけっこう満足。お菓子やデザートいらずの身体に。
●便秘の人は、便秘解消! 1日2~3回くらいトイレに行きます。


と、家計にもやさしく、身体にもやさしい日々を送れると思います。特に私のようなズボラ人間には、サラダだけで1食は十分OK!と言われると、すごーく得した気分になります。


とりあえず、ケイシーが言っているように、1食、どこかで山盛りサラダを食べるようにすると、太陽と土のエネルギーも取れるし、見違えるように、身 体が軽く、そして、エネルギッシュになると思いますよ。ただし、冷えが気になる方は、食べる30分まえに冷蔵庫から野菜を取り出して、常温にしておいて下 さいね。

 

 

それではまた!

(有)テンプルビューティフル メルマガ 84号 2005年1月24日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up