エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0043:食事で頑固ものに?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ◆◇◆ 食事で頑固ものに? ◆◇◆No.43
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、初めて来店されたお客様。私と目が合うなり「あ~!」と驚きの声。


何ごとか~?!と私がビックリしているとそのお客様が一言。
「エドガー・ケイシーさんにそっくりですねえ」


これには私がビックリ。確かに、私もケイシーと同じくまんまるの顔をしていますがケイシーには似てないと思うんですよねえ・・・。しかも、アメリカ人男性(しかも色男ではない)に似ていると言われた私、果たして喜んでいいものか、悲しんでいいものか・・・・。


ちなみに、ケイシーの母親にはよく似ているって言われます。これは私も自覚していて、初めて彼女の写真を見たときには、自分の写真(スッピンの)を見ているようでしたよ。


○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。


さてさて、世の中には、いろいろな食事のアドバイスがあり、食事療法がありますよね。ケイシー式の食事は私個人が最も好きな食事療法ですが、日本では、玄米正食(マクロビオティック)を勉強したり実践している人も多いかと思います。


私は実践する人が健康で幸せを感じる食事療法であれば、ケイシーだってマクロだって、どっちだっていいと思っていますが、似ているようで違っているので、けっこうどっちをすべきか悩んでいる人も多いみたいですね。


かくいう私は、10数年前、あるセミナーの講師に勧められてマクロの食事を実践したことがあります。「かなり年輩の女性なのに、溌剌として肌もキレイで、どういう健康法を実践しているのか聞いたら玄米正食だった。だから自分もマクロの食事を始めた」という講師の言葉に、私は釘付け。まだその時は20 代だったんですが、キレイなる食事なんてやりたいじゃないですか。速攻で、本を読みあさって(20冊位は読んだと思います)、電車を乗り継いで、オオサワ まで行き必要なものを買いそろえ、かなり真面目に取り組みました。


私は人体実験のようになんでも集中的にトライしてみるほうなので、その時から友達の誘いも会社の付き合いも断り、玄米を中心にした食事を毎日3食。 しかも、ご飯を口に入れるたびに箸を置いて50回から100回は噛んでいたので、ご飯とおみそ汁だけの簡単な食事でも食べ終わるまで1時間。修行僧みたい でした。


結局半年でジ・エンド。マクロの食事は、支度も楽だし、情報もレシピも多いので、食べるのに時間がかかること以外は比較的、実践しやすい食事療法だと思うんですが、残念ですが、私には駄目でした。


それは何故かって?


玄米正食をきっちり実践していらっしゃる方は「それはやり方が間違っているからですよ」と言われそうですが、実に私、マクロを実践している間、自分 がどんどん頑固者になっていったんです。しかも自分で自覚するほどの頑固もの。正しく食事をしなければ、血が汚れてしまう、という強い思いが自分を支配し て、身動きが取れなくなってしまったんです。


「食べるべからず」の食材も多く、血液や身体を汚すと言われる食材(それが少量であっても)を食べてしまったときの罪の意識と後ろめたさ。なんだか自分の気持ちがどんどんアンハッピーになって、また、そう思ってしまう自分がとても嫌になってしまったんです。


ほかにも、自分が食材や調味料まで吟味して作った食事以外が食べられなくなって、外食をすることが怖くなる。マクドナルドやケンタッキーばかり食べ ている会社の同僚が「汚れた人」と思えてくる。陰陽の法則に則って、同僚の食事に口を挟みたくなる、というところまで来たとき、私は「止めよう」って思い ました。


自分の心や身体をキレイにする食事のハズだったのに、私の心はどんどん狭く偏屈になったように感じて・・・・。


もしかしたら、その時期を越えれば、次のステップに心が移行できたのかもしれませんが、その食事の理論を忘れることを決めたときには、心の開放感を感じたので、やはり私にはキチンとしすぎているものは、無理みたいです。。。


ただ、誤解のないようにして頂きたいんですが、元来、玄米正食(マクロビオティック)は素晴らしく、心を豊かに広くする食事だと私も思っています。ここで紹介したのは、全くの私個人の体験ですので、これをもって、マクロはダメだなんて決して思わないでくださいね。


また、私も玄米正食を続けてとても心も体も健康に過ごされている多くの人を知ってますし、マクロの食事批判するものではないことをご理解下さい。ただ、単に、私は地上の食べ物を生で食べているほうが、精神的にとても幸せを感じるというだけのことですから。


この私個人の体験からいうと、この玄米正食は、気の弱い人、優柔不断な人、夢見がちで現実を生きにくい人、この地球でしっかり生きたい人にはい いかもしれないと思っています。地面下の「固まっている」野菜が多いことで「気持ちを固める」「地に足をつける」作用があるようにも思うんですが、どうで しょう?
(反対に、物質的すぎる人、霊的に生きたい人は地上の野菜が多い食事がいいかなと思います)


世の中には、色々な食事のアドバイスがありますが、興味がある方は、まずは3週間、徹底的に試してみてはいかがでしょうか?毎日のことですから、食事の準備や心の変化もトータルに考慮して、ご自分の一番実践しやすいものを取り入れられるといいと思います。


日々の食事を変えることは、自分を変える一番手っ取り早い方法。やり始めると面白いですよ。


 

それではまた

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ43号  2004年3月12日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up