エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0170:人生は舞台

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  ◆◇◆ 人生は舞台・・・ ◆◇◆ 170号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

 

26日の浜松での初!セミナーは無事、終了しました。

感激なことに、メルマガを読んでるよ!っていう方が10名くらいご参加下さいました。急なお知らせだったのに、私の初セミナーを応援しに駆けつけて下さった方々のあったかーいハートと視線に包まれて、なんとか無事に終了できました。

 

「あれもお伝えしよう」「これもご説明しよう!」とノートにたくさん書いていたのに、結局1度もノートを開くことなく終わってしまって「あれも忘れた」「これも言ってない」って、途中から心は冷や汗。ちょっと落ち込んでました・・。

 

・・・セミナーの出来は別として、メルマガを読んで下さっている方と直接、お話できて、私にはとっても楽しい1日でした!

来て下さった方、ありがとうございました!

 

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

私は生の舞台を見に行くのが好きで、だいたい月に2本程度、夜や休日を利用して見に行っています。今週も渋谷にトーチソング・トリロジーの舞台を見に行きました(この舞台は以前、映画化もされました。心の奥深くに響くような映画なので、ご覧になってない方は、是非みてみてください!オススメです!)。

 

来週は、なんと1週間に2本、見に行ってしまいます。。。

 

舞台はすべてのステージが終わり、幕が下りると、それまでその役になりきっていた人たちが、それぞれ、一人の役者個人に戻り、手に手をとって、客席に向かって舞台挨拶を始めます。

 

舞台の上で憎みあっていた敵同士も、さっき舞台の上で殺し合いをしていた人たちも、もちろんお互い、笑いあい、見つめ合いしながら、挨拶をしています。

 

もちろん客席にいる私たちも、彼らの好演、熱演に大きな拍手を送ります。

 

私は、もしかしたら、劇の内容よりこの瞬間を見たくて、劇場に足を運んでいるのかなあって思うくらい、この役者さんたちの挨拶の時間が好きです。

 

そして、これって、この世の仕組みを見るようだなあっていつも思うんです。

私の人生を舞台に置き換えると。。。

 

主人公はもちろん私。演出家は神様です。脚本は神様と天使たちと私の共同作業。

 

でも神様も天使も、私たちがいったん舞台に上がってしまえば、直接、ストーリーの変更に関わることができません。ハラハラしながら見つめるのみ。ストーリーを悲劇にするか、喜劇にするかは、主人公の心にまかされているんです・・・。

 

そして舞台の上で、主人公にどんな経験をさせ、どんな苦難を乗り越えさせて魂の学びをさせるのかは、生まれる前に、だいたいのシナリオを書いておかなければなりません。

 

どこの国に生まれるのか? 何を食べてもびくともしない丈夫な体を持って生まれるのか? 胃腸虚弱の体質を親からもらうのか? 何を学び、何を経験するか、舞台に上がる前には、神様と天使とじっくり話し合いがもたれます。 

 

気の合わない人、私を苦境の立たせる人、不愉快な人、嫌な人、私をイライラさせてばかりの人、そんな人たちだって、みーんな大切な脇役です。意味があって、その場、その場に登場してきます。
その人たち無しでは、人生が味気ないものになってしまうことさえあります。

 

いつ、どんな人と出逢い、そこでどんな経験をするかは事前に決められても、そこで、どんな感動を覚えるのか、その経験を豊かなものにするのか、つまらないものにするのかは、舞台の役者の魂の学びの深さにかかっています。

 

舞台にあがっている間、主人公はもとより脇役も含め全ての登場人物達は、その場その場のシーンを切り抜けるのが精一杯で、何のために、そのシーンがあるのかを理解できないことがあります。

 

でも、脚本家の意図をくみ取ることができたり、あるいは、舞台が終わったあとで録画されたそのストーリーを全て見通すことができたなら、そのシーンが、どんなにその人生に重要だったかを理解することができます。

 

1回の舞台が終わると、演出家と主人公は、その舞台で主人公が学ぶべきだったこと、学びが足りなかったことを客観的に話し合います。そして次の舞台はもっといいものにしようと、また新しい脚本を書き出していきます。

 

もちろん舞台の上だけでは、魂は学びきれないので、次の舞台が始まる前に、それぞれが必要な要素を学びに、宇宙に点在する魂の養成所に入ったりもします。

 

毎回同じストーリーでは面白くないし、逆の立場を演じることで両方の経験ができるので、前回は男性、次回は女性。あるいは前回はユダヤ人、次回はアラブ人を選ぶこともあります。

・・・てな感じで、私たちもたくさんの「人生という舞台」を演じてるって思うと、ちょっと人生への見方、面白くなりませんか? ついでに、嫌いだなあって思っていた人への視線も、変わりませんか?

 

 

今回の私の舞台のタイトル。

まだまだ決定できないけど、終わってみれば「豊かで実りの多い人生だった!」って言えるものにしたいものです。

 

 

それではまた!

 

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ170号  2006年11月29日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up