エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0210:癒しとは何か?

         ◆◇◆ 癒しとは何か?  ◆◇◆ 210号
===================================

(有)テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

この前、友人と分かったフリして、実は分かってないことはたくさんあるよねって話をしてました。

私たちが普段話していることも、自分の内側からの思いや、実際に体験したことではなく、けっこう二次情報、三次情報(人から聞いた話、テレビや雑誌などで見聞きした人の意見)が多かったりします。

しかも、その人の意見や雑誌に書かれていたことを、疑いもなく受け入れてしまって、なんら自分で考えることなく、そのまま「知ったかぶり」で、また別の人に話していたりします。

そんなこと、ないですか?

私たちが普段何気なく使っている「癒し」という言葉も、分かったフリして話しているけど、ホントの癒しの実感も体験も無かったり。

あるいは癒しを単に「ストレス解消」や「疲労回復」という意味で使っているかもしれません。

いつだったか、あるアロマテラピー好きのテレビタレントさんが「アロマは癒しなんです~」なんて言ってたので、私はずっこけてしまったんですが。

とはいえ、私が普段使っていた「癒し」という言葉も、ケイシーのいう癒しの意味からすると、ずいぶん、軽い言葉として使っていたように思います。単に疲労回復の言い換えのような。。。。

ということで、今日は、その私の反省もふまえ、これまた二次情報になってしまいますが、ケイシーが述べた「癒し」についてのリーディングをご紹介しようと思います。

ただし、読んだだけじゃなく、じっくり自分の中で味わい、吟味し、発酵させて下さいね。特にケイシーリーディングはキリスト教的なバックグラウンドがありますし、だいいち、とても難しい。

またケイシーの述べる癒しには「神」や「神性」が中心にありますので、日本人の私たちには、ある意味で厳しく、ハードルが高く感じるかもしれません。

でも、ケイシーはこれこそが癒しであると言っているんですよね。

癒しについて
「・・・あらゆる力、あらゆる癒しは、内なる波動を変えること。すなわち、身体の生ける組織に宿る神性を創造の力に同調させることである。これのみが癒しである。これを薬で達成しようとも、メスや他の方法で達成しようともかまわない。癒しとは、生ける細胞力の構成を、その霊的遺産に同調させることに他ならない」1967-1

「・・・いのちは神性なものである。病気や怪我によって身体の各構成単位が全身に対して分離していたり、その部分が全身に対して孤立意識を有しているような場合、その人、その魂がこの世に生まれた目的を達成するためには、同じく神性なる他の部分との協調、協力が必要であるという自覚を生じせしめる必要がある」1173-7

「・・・一時的なものではなく、真実の癒しを求めるなら、それが霊的なものであれ、磁気的、機械的なものであれ、薬や電気や熱によるものであれ、その人にとって真の意味での助けになるためには、普遍的なるものの印、神の印を帯びなければならない。その人の住む世界、領域がどこであれ、この法則は、常に真理である!」366-1

このケイシーの「癒し」の意味を知ると、軽々しく「ヒーリング」とか「癒される」なんて、言葉、言えなくなってしまいますよね。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●長らくお待たせしておりました、ケイシー流の育毛療法講座のDVDが完成
しました。今回はパッケージも簡略化し、値段も3675円とお安くしています。育毛だけに特化した内容で、質疑応答も充実してます。
脱毛に悩む方にはオススメのDVD。ぜひこちらからご注文下さい。

 

それではまた!

(有)テンプルビューティフル メルマガ210号 2007年9月7日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up