エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0169:今日をちゃんと生きること

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◆◇◆ 今日をちゃんと生きること ◆◇◆ 169号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプルビューティフルの光田菜央子です。


ブログにも書いたですが、先日、生まれて初めて「色っぽい」って言われました。
しかも2日続けて・・・!

・・・といっても、私が、ではなく、私の「声」が・・・なんですが。


さらに「歌手になったらいかがですか?」とまで言われて、私は口があんぐり。
目が点でした。(ただしその方は、私がオンチであるという事実を知らないんですけどね)


「色気が無い!」「中身は男らしい!」と言われつづけて、はや44年!私の人生に、一番無縁な言葉が「色っぽい」だと、友人に言われ続けてきたので、ホントに驚きました。


この歳になって、自分の全く新しい評価が出てくるとは思いませんでしたよ。
テンプルの20周年には、私は「歌手」になっているかもしれません・・・。


○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

さて、水曜日の深夜に放送している「オーラの泉」(※現在の放映は土曜日の夜です)。


テンプルでも、ほとんどのスタッフがこの番組のファン。だから金曜日のランチタイムの話題は、自然に「今週のオーラの泉」はどうだったか・・・って感じになってしまいます


「前世」だの「守護霊」だのといった言葉が、テレビで当たり前のように言われるようになるなんて、世の中、本当に変わりましたね。


・・・おそらく、このメルマガを読んで下さっている方には、「輪廻転生なんてあるんだろうか?」とか「人は、死んだらそれっきりだよ」って思っていらっしゃる方はいないだろう・・と思います・・・。


だから、自分の前世は何だったんだろう? どうやったら自分の前世や、廻りの人たちとの前世での関係を知ることができるんだろう?って思っている方も多いのではないかと思います。


前世を知る方法はいくつもあります。「サイキックに聞く」とか「退行催眠を受けてみる」といった方法が一番てっとり早いでしょうか? 前世に関する夢を見るという方法は、一番安上がりですが、いつ見ることができるかは神のみぞ知る、ですね。


自分の好きなモノやこだわり、好きな歴史的時代や好きな言語や国を追求してみるという方法は、間接的ですが、けっこういい線をいく方法です。


余談ですが、私は小学校の頃「ビルマの竪琴」という本に描かれていたお坊さんの挿絵がとても好きで、ヒマさえあればその挿絵をながめてました。だから、かつて私に、東南アジアでお坊さんをしていた前世があると言われても、全く違和感はない気がします。


★実際にご自身の前世が何だったのかを知りたい方は、ヒーリングや精神世界関係の雑誌やHPで探してみると、こんなご時世ですから、たくさんの情報が集まってきます。


・・・というわけで、前世探求の方法は、脇に置いておいて・・・。


エドガー・ケイシーは、ライフリーディングの際、依頼者の現在の人生にとって重要だと思われる前世をいくつも言及しました。そのケイシーに、ある人たちが、「輪廻転生があるということを、どうやったら証明できますか?」と聞きました。


その質問にケイシーが応えたリーディングが下記です。


多少、哲学的な要素もありピンとこない部分もあるのですが、私はこのリーディングを読み返すたびに「背筋が伸びる」というか、精神に喝を入れられる感じがします。


ちょっと長いですが・・・


「(輪廻転生の)証拠となるものを、いくつも文書や資料で用意しても、それは、一般の人の意識には、何ももたらさない。


市民をより良い市民に、父親をより良い父親に、母親をより良い母親に、隣人をより良い隣人にするような経験をもたらすもの、それのみが建設的である。


あなたが生き、死に、そして祖母の庭にある桜の木の下の根本に葬られたという事だけを知り得たからといって、それによって、あなたがほんの少しでもよき隣人、市民、母親、父親になれるわけではない。


しかし、もし、あなたが(誰かに)不親切な言葉をはいたことによって苦しんだことがあり、現在それを高潔に生きることによって正そうとするならば---それこそは価値のあることである。


義とは何か? 努めて親切であること、高潔であること、自己犠牲の心を持っていること、足の不自由な人の足になろうとすることである。これこそが建設的な体験である。


あなたは前世について知ることはできるであろう。なぜなら、転生とは事実だからである。


如何にしてそれを証明することができるのか? それは、あなたの日々の生活においてである」 5753-2


いかがでしょうか?


「前世を証明できるのは、日々の生活の中でである」という部分を、ケイシーに「もうちょっと解説してほしかった・・・」と思ってしまう私ではありますが、このリーディングは、自分の至らなさや、小ささに落ち込んでしまったとき、過去の自分の過ちを思い出して「ワ~!」って叫びたくなったときに読み返すとちょっとだけでも、生きる元気がもらえたりします。


なぜなら・・・


「誰かに、不親切な言葉を言われた」ことではなく、自分自身が人に「不親切な言葉を言った」ことで苦しみ、現在、それを高潔に生きることで正そうと努力すること。努めて親切であろうとすること・・・。


実際には、人から見たら充分ではなかったとしても、努めて、そうなろうと心がけること。弱い自分でも、昨日よりは良い人間であろう葛藤したり、もがいたりしていること。


こういった1つ1つの小さな向上心を、たとえ廻りの人は認めてくれなくても霊的な世界では「認めてくれている」と思えば、なんだか生きていく価値を自分の内に見いだせるように思います。


有名になるとか、お金持ちになるとか、大きな仕事をするとか、そういったことではなく、日々悩みながら生きていること、それ自体を魂の世界では「良し」とされていると思えば、「どうせ私なんて」っていう言葉は出てこなくなるように思います。


人が輪廻転生をしない1回限りの命ならば、こういった高潔であろうとする努力なんて全く意味のないことですが、私たちは、何度も何度も、この地上に生まれ変わる魂。


日々のこういった小さな努力が、自分の現世での未来、もしくは来世にちゃんと引き継がれて、神様に「君の努力はちゃんと見てたよ」って言われるなら、昨日、誰かとトラブルがあったり、落ち込むことがあっても、今日、あらたな気持ちで生き直そうって、ちょっと気持ちが楽になる感じがします。


それにしても、


ケイシーって「イボの取り方」とか「バストアップの方法」のアドバイスも言っていながら、同時に、こういった生きることについての深遠なる言葉も遺しているんですよねえ。


このギャップが、ケイシーリーディングを読む楽しさであり、人間の面白さでもあります。

 


(有)テンプルビューティフル メルマガ169号  2006年11月22日配信


検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up