エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活ケイシーリーディング > 0158:結婚したい方へ。ケイシーからのアドバイス

0158:結婚したい方へ。ケイシーからのアドバイス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◇◆ 結婚したい方へ。ケイシーからのアドバイス ◆◇◆ 158号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

東京で暮らしていると、30代、40代の魅力的で素敵な独身女性が多いのに驚きます。

テンプルでは、「金星タリスマン」という恋愛運や結婚運を高める、ちょっと不思議な占星術をご紹介していたので(※現在は取り次ぎを行っていません)、「結婚したい」って思っている女性の方から、時々、ご相談をいただいたりします。

東京近郊にお住まいだと、直接お会いすることもあるんですが、ホント「なんでこんなにチャーミングで魅力的な女性を、世の男性は放っておくんだ!」って思うこと、多いですよ! 「いい人がいたらすぐにでも結婚したい!」って思っている素敵な女性がこんなに多いのに、もったいないことです。(がんばれ男性陣!)

実は、あまりに、テンプルのお客さまに、花も盛りの独身女性が多くて(これも類は友を呼ぶか・・?)もったいないって思ったんで、かつて1度だけ、結婚したいと思っている30代、40代女性のために、テンプル主催で集団お見合いをしようかしら?と計画したほどです。残念ながら男性陣が集まらなくてボツになりましたが・・・。

そこで、今回は、エドガー・ケイシーの独身の方へのアドバイス。
今回は、我が身をすっかり棚の上に置きっぱなしにして書いてますので、パソコンの前で「あんたもだよ~!」って突っ込みを入れないで読んで下さいね。

※文字数の関係で、多少短く編集しています。

理想のパートナーに出逢うためには、まず自分自身が相手に相応しい人間になること、それと、受け入れ態勢も必要のようです。

Q「理想の女性を見つけるには何をしたらいいですか?」
A「理想の人を伴侶にするにふさわしい人間になれるよう、自分の行動、行き方を高めることである。そうすれば、そのような相手が現れるであろう」5420-1

Q「結婚すべき男性はどこにいますか?どうすれば会えますか?」
A「家庭を作る役割を十分果たせるほど、あなたの心と身体の準備が整ったなら、その人は現れるであろう」951-4

出逢いについても・・・

「何かが起こるのをじっと座って待っているだけではいけない」
「そのような家庭を持つに値するよう、身体も心もその目的に向けて生きることだ」3655-1

出逢いを結婚まで結びつけるには、積極的な行動が必要のようです。

次のリーディングには、私は笑ってしまいました・・・・

Q「結婚は、私が経済的に自立するまで待ったほうがいいですか?」
A「経済的に自立するのを待っていたら、あなたは老人になってしまう・・。経済的な問題は2人で取り組んで克服することだ」391-7

生涯独身でいることが望ましいと言われた人もいます。それは自分を与え、目的を純粋に保つためには独身でいることのほうが、より良いであろう、ということのようです。

Q「私は結婚すべきでしょうか?」
A「結婚することはよい。しかし結婚しないことのほうがより望ましい人生が有るのも確かだ。あなたはこれまで多くのものを同胞に与えてきた。これからも与え続けられる人だ。結婚生活においても目的を1つにすることが必要だ。これらを分けることはできない」938-1

と思ったら、性格が強すぎて独身でいたほうがいいかも、と言われた人もいます。

「あなたは強情な人だ。だから相手がどんな男性であっても、一緒に暮らすのはなかなか大変だ。あなた自身が男としての過去生がかなりあるからだ」3486-1

最終的にケイシーは、結婚すべきかどうか。誰と結婚すべきかどうかは、自分で考え選択すべきことであって、リーディングで答えは与えられない、と言っています。

仕事か結婚かという選択についても、ケイシーはこのように述べています。

「仕事のほうがあなたを幸福にするなら仕事を選べばよいし、家庭のほうがあなたを幸福にするなら、家庭を選べばよい。はじめから言っているように、あなたの心が何を望んでいるか、よく確かめることだ。あなたが理想とするものは何であるか。それが分かったら、いずれかを選んで、それに向かって努力せよ。それが決まれば、他に何を探す必要があるだろうか」349-8

30代、40代で、仕事に生きている女性が「やはり結婚したい!」と心から願っているなら、一時期、料理を習ったりといった「花嫁修行」をしたりして、心と身体を仕事モードから、家庭モードに切り替える必要があるのかもしれません。

それは、女性は仕事を辞めて、家庭に入る必要があるってことではなくて、仕事中心の生活だと、自分が発する波動が、どうしても仕事&ストレスモードに傾いてしまうので、それをソフトで女性的な波動に変えたほうが、お互いを家庭に引きよせる引力になるのではないかと思います。

二兎を追うものは一兎も得ず。

朗報を待っていま~す!

ちなみに今回のリーディングは、全てこの本から選んでいます。他にも興味深いリーディングはたくさんありますので、ぜひ、ご一読を!

 

それではまた!

(有)テンプルビューティフル メルマガ158号  2006年8月30日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up