エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活ケイシーリーディング > 0147:苦難と困難を乗り越える・・・

0147:苦難と困難を乗り越える・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◆◇◆ 苦難、困難を乗り越える・・・ ◆◇◆ 147号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

テンプルのHPのトップページには、短いですが、毎月、ケイシーの美しいリーディングを紹介しています。


今月のリーディングは、下記のようなものでした。

「・・・川は生き方のことである。川を渡る道は、人間が存在するか、生きている期間で、そのあいだずっと人間は現世を通ってゆくのである。ふたつの道がある。高いところの道と低いところの道だ。高いところの道を行けば、普遍的な力の全体がじつによく見渡せる。低いところの道は、つねに大勢の大衆の道である。『だれに仕えるかを選べ』」


このリーディングを読みながら、私はちょっと前の辛い時期のことを思い出していました・・・。


・・・もうずいぶん前のことですが、私は人間関係のトラブルに巻き込まれ、精神的にも物理的にも辛い時期を過ごしていたことがあります。そのトラブルの渦中で、多くの友人を失い、仕事を失い、という状況で、長くて出口の見えないトンネルにはまりこんでしまった私は、深い人間不信にもなっていました。


詳しい状況は書けませんが、「明日の朝、このまま目が覚めなければいいのに」と思いながらベッドに入り、朝、目が醒めると、まだ生きていることにガッカリくるような日々・・・。毎朝、また新たな24時間が始まることが辛いと感じるような毎日でした。


でも、そんな私を、最終的に支えた思いは「人は目に見えていることで判断しているけど、神様は、私がそれほど悪人じゃあないことをきっとご存じだと思う。神様が味方になってくれているなら、それでOKじゃないか!」ってことでした。


すごく単純。


神様が私の味方かどうかなんて、ホントはまるで実感が無かったんですが、なんだか、その時の私は、世界中の人が敵になっても、神様が味方だからイイや、っていうワケの分からない信頼感があったんですよねえ。(もちろん、世界中の人を敵に回すような出来事は、私の人生には無いと思いますが。。。。)


生きていれば、1度は、廻りの人から誤解を受けたり、あるいは人を恨んでしまうようなことが起こるかもしれません。


でも、そういうとき、「神様だけは忘れず自分のそばにいてくださる。それだけでOK!」と思える自分でいれば、ずいぶん心強いと思いませんか?

 

ケイシーのリーディングで、こういうのもあります。


ちょっと長いですが、同じような状況にある方がいたら、この言葉もぜひ心の支えにして下さい。


「・・・キリストについて、神についての真の知識からあなたを引き離すようなあらゆる経験、考え方を、あなたの心と意識から取り除きなさい。なぜなら、主がこの世にあったとき、主はあらゆる種類の愚かな悪意、敵対者に遭われ、それらに涙されたが、それでも主はただ、ひたすらに与え続け、最後には、その肉体から血を流すまで自らを与え給うたのである。


あなたの人生の困難は、あなたにとって機会となるべきものである。あなたは生き方においても、言葉においても、主の御前において清い者となることができる。


あなたが今---こうして命の光を輝かしめ、主の愛の祝福に取り囲まれているときに---主を心から受け入れるなら、主はあなたに知識を与え、理解を与え給うであろう。


主を知るということは、主が為されたのと同じように為すことである。たとえ、この世があなたを罵り、あざ笑うとも、あなたが誰を信じているのかをよくわきまえ、あなたが主の御手にしっかりとすがるなら、主があらゆる経験からあなたを守ってくださることを覚えよ」262-98


人生、山有り谷あり。


色々なことで、以前の私のように、ちょっと生きているのが辛いなあ、と思う状況に入り込んでしまったら、今日だけは、自分を信頼してくれている神様に恥ずかしくない生き方、言動をしよう!って思ってみませんか?


今日だけ、今日だけ、って思いながら、過ごしていたら、きっといつかはトンネルを抜け、明るい道に出ていると思います。


さらに言えば、困難な時期に、どう過ごすかで、その後の人生が大きく変わってくると思います。その困難な時期に高い道を歩こうと努力するか、低い道に行ってしまうかで、その後の自分の心の持ちようが変わるように思います。


いかがでしょうか?


なんだか、今回は、ちょっとシビアな内容になってしまいました。


来週は、楽しい話題にしますね。

 

ちなみに、当時、私が心の支えとした書物に、聖書のヨブ記があります。別に、私はクリスチャンでもないので、後にも先にも、ヨブ記を読んだのは、その時だけ。


昨年、読み返そうとしたら、なんだか、全く難しくて読めなかったので、きっとその時の心がヨブ記を読ませたんでしょうね。


ケイシーによると、イエスがメルキゼデクとして生きていた時代に(つまり、イエスの前世に)、書いたものだと述べています。


なんでイエスの魂はヨブ記を書き残したのか、それを思いながら、一度、お読みになると、困難について、さらに多くの学びがあるのではないでしょうか?

 

それではまた!


(有)テンプルビューティフル メルマガ147号 2006年6月9日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up