エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0051:エドガー・ケイシーの独り言

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ◆◇◆ケイシーの独り言◆◇◆ 51号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

ここ数回、読むのも大変そうな魂の話しが続いたので、今回は軽めのものを書きたいと思います。

今日、たまたまケイシーのリーディングをちょっとずつ集めた「Individual Reference File」をパラパラとめくっていたら、ケイシーがリーディングを取るときに、ふと漏らした独り言のようなものを集めたものがありました。

ケイシーはリーディングを、アメリカの東海岸の自宅で行うことが多かったんですが、これを読むと、彼の意識が遙か遠く、依頼者がいる場所まで飛んでいたのがよく分かります。

 

通常、彼のリーディングは、Yes,We have the body.の言葉から始まります。
その前後に、いろいろな独り言を残しています。

 

リーディングを取っている時も、香りや風を感じたり、あるいは、依頼者からもらったアドレスを頼りに、その人を捜している様子が想像できて、なんだか、読んでいるだけで微笑んでしまいます。

かなりたくさんあるので、一部だけご紹介します。英語も一緒に書きますので、原文を楽しんで下さいね。日本語訳はテキトーなのでお許しを。

 

568-5(これは、リーディングの通し番号です)
【ノーフォーク市の海軍基地で働いている男性のために取られたリーディング】

「忙しい処だなあ。彼が戻ってくるまで待たなければ。ここが彼の居場所だから。
・・・・イエス。我々はその肉体をとらえた・・・・・」
It's a busy place!-have to wait until he comes back here-this is his place.
Yes, we have the body....

 

3063-3【ニューヨークのオフィスにいるクライアントに】
「イエス。我々はここでその肉体をとらえた。以前にも見たことがある。その肉体はいまここを去ろうとしている。エレベーターで階下に降りているところだ」
Yes, we have the body here. This we have had before.The body is just
leaving, going down in the elevator now.

 

5188-1「イエス、イエス。なんという色の組み合わせなんだ!」
Yes, yes, what a combination of colors!

 

5078-1【10歳の子供へのリーディング】
「イエス。母親が祈っている」
Yes, we find the mother praying.

 

4637-1「イエス。我々はその肉体をとらえた。ドラッグストアの匂いがする」
Yes, we have the body here. Smells much like a drug store.

 

4029-1「イエス。我々は以前この部屋に来たことがある。この人物ではなかったが」
Yes, we have had this room before but not this person.

 

849-75【フロリダ州の人へのリーディング】
「なんて風が強い夜なんだ!」
Pretty rough wind this evening!

 

1311-1【418番地と書かれたアドレスの依頼者へ】
イエス。それは昨日まで彼がいた住所だな。彼は今419番地にいる。
Yes.That's where he was yesterday. he is at 419 now.

 

最後の1ヶはとっても面白いと思います。

5125-1「新しい波動だ!とてもよろしい。ここに生まれた人たちについて、非常に興味深い事実がある。(ここで生まれた人は)1万人に1人だって、自殺なんてばかなことはしない。土壌になにかあるようだ。その特殊な土壌を足の指の間に入れてみなさい。あなたは、二度と自殺なんていう考えは起こさないから」
A new vibration! Very good. Quite an interesting fact about people born here. One out of ten thousand would ever commit suicide. Something in the soil : get it between your toes and you'll never commit suicide.

 

この5125-1は、色々な意味で面白いと思いませんか? その土地の波動が人々を自殺から遠ざけているというのは! ちなみにその場所は、 Bokhoma, Okla オクラホマ州に旅行に行くチャンスがあったら、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか? ケイシーが感じた波動を感じられるかもしれないですよ。

 

それではまた

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ51号 2004年5月21日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up