エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0346:ケイシー流視力回復法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◆◇◆ ケイシー流・視力回復法  ◆◇◆ 346号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
以前は1日12時間パソコンに向かおうとも、帰宅後さらに読書を楽しむことができたのですが、最近は、家に戻るとすっかりショボショボ目。読書量が一気に減ってしまいました。
 
読みたい本が机の上に溜まる一方・・・。
 
昨年作った眼鏡、ずっと使わないままでいたのに、最近は無くてはならない必需品に。

そんな書き手の切実さもあり、今週は「目のケア」について。子供から大人まで、視力低下に悩む人にケイシーが述べたアドバイスをご紹介します。 
 
まず視力や視野の向上にケイシーがよく勧めたのは、なんといっても首と肩の体操。この体操は、ケイシー流の瞑想の前には、必ず行うものでもありますから、ケイシー流の瞑想を朝晩ちゃんとやっていれば、視力低下に悩むこともないってことになりますね~。ということは、視力低下に悩む私は瞑想をサボっているって証しになってしまいます~。
 
やり方は至極簡単。
頭をゆっくり静かに前に倒すのを3回。後ろに倒すのを3回。
左右、横にゆっくり静かに倒すのを各3回。
グルリと左右にゆっくり静かに廻すのを各3回。
これで1セット。頭の中に柔らかい杏仁豆腐をイメージし、その杏仁豆腐を崩さぬよう、ゆっくり動かすのが秘訣です。
 
可能であれば朝夕3セットずつ毎日行います。
 
この体操は、簡単なのに実に強力で、ケイシーの長男、ヒュー・リン・ケイシーは、子どもの頃、事故で失明の危機に陥ったものの、ケイシーリーディングのおかげで失明することがなかったばかりか、その後、ずっとこの首と肩の体操を行っていたことで、生涯、健康な目を保ちつづけたそうです。
 
実際、肩や首が凝っているときにこの体操をすると、肩の筋肉がほぐれて楽になるにつれ、視力も視界もクリアになってきます。
 
ケイシーはこの体操についてこう述べています。
 
「(視力を良くするには)頭と首の体操で1日を始める。その後、毎朝、20~30分の散歩をする。ある朝は行い、次の日は『雨だから外にでない』とか『今日は外出の予定があるから』と言って朝の散歩がない方がよい、などと思うことのないように」2533-6
 
「もうメガネをかけなくてもよいというわけにはいかないが、頭と首の体操をすれば、もう何年かは遅らせることができるであろう」2072-13
 
「この体操、つまり頭を廻したり、後ろや前に倒したり、左右に曲げたりすると、それも水を飲んで行うと、身体の機能に、バッテリーの力を再生させることになる」1554-4 
 

先日、テンプルではキネシオロジーの講座を開催しました。身体の反応が脳に、脳の反応が身体に速やかに届くためには、体内が十分に潤っている必要があるそうで、私たちは講座のさいちゅう、こまめに水(お茶ではなく「ピュアな水」)をずっと飲み続けていました。
 
脳に水が足りないと新しい情報がちゃんと脳に入ってこず、1つの考えや古い概念にこだわったり、とらわれがちになってしまうそうです。
 
解毒のためだけではなく、脳と身体の関係が密接になるためにも――目に映ったものを情報としてスムーズに脳に反応させるためにも、水分摂取は重要のようです。
 
食事は、生野菜、特にニンジンが視力回復によく勧められています。 
ニンジンの葉っぱが生えている生え際の黒いところや青っぽいところは、ケイシーによると視力回復の鍵を握る重要な部位。野菜の皮を剥かずに食べるのもケイシー流。
 
いつもはバッサリ、ニンジンの上部や皮を剥いてしまう方は、これからはしっかり残して調理して下さいね。
 
「生野菜サラダの準備をするときには、ニンジンの特に上部の葉に近い部分を含めなさい。この部分は固くて食欲をそそる部分ではないが、この部分は腎臓と目の間を結ぶ視覚系の反応を刺激する活力を運ぶ」3051-6
 

脊柱の調整も視力回復になります。カイロやオステオパシーで、首、肩、頭蓋骨の調整を受けられると、場合によってはそれだけで大幅な視力回復が起こったりします。
 
「脊椎の状態も、口や歯茎と同様に、視力の状態と大いに関係がある」3580-1
 
ケイシーのリーディングの中には、全身が弱っているから視力も落ちている。肉体が強くなれば視力も戻ってくると述べたものもあります。特に肝臓や腎臓の働きが落ちてくると目力も落ちてきますから、ひまし油湿布は澄んだ瞳を保つためにも必須アイテムですね。
下記は、それを示唆するようなリーディングです。
 
Q)視力を良くするには、どんな治療をすれば良いですか?   
A)「これらは、この人に関して既に述べてきたように、必然的にこの身体に長く
存在してきた状態からのものであるが、全体的な肉体諸力、つまり全体的な健康状態が
改善することで、これらは改善に向かうだろう。そして、それらの助けを得て適切に
(眼鏡を)合わせられるならば、それらは正常に近い視力をもたらすだろう」326-2
 
 
オイルマッサージも勧められています。
 
Q:彼女の目の状態を改善するには、さらにどんなことをすればいいでしょうか?
A:「この肉体には、夕方、穏やかなマッサージをするのがとても良い。医者から受ける必要はないが母親が行うのは良いだろう。忍耐を持って実践できるのであればだが。ただし、週のうち5日、マッサージを実施できないのなら、マッサージは開始してはならない。5日間マッサージをしたなら5日休み、また5日間のマッサージを再開する。肩から脳の下部あたりまでをココアバターでマッサージする。そしてこの身体には、大量のセロリやレタス、ニンジンが必要である。日々の食事においては、生でも調理したものでもニンジンを食べ、レタスやセロリは日々の食事の一部を為すように」2004-4
 

目が疲れたときに私がよく行っているのは、ひまし油の点眼。

「え?ひまし油を目に入れるんですか?」なんて驚かれることが多いのですが、そう、あのベタベタのひまし油で点眼します。
 

以前参加したセミナーで、斜め前に座っていた女性が極度のドライアイらしく、1時間に2回も3回も目にクスリをさしていました。1日中あの調子で点眼していたら、1日に30回、40回も目薬をさすことになってしまいます。
 
さすがにベタベタするので日中はひまし油点眼はできないのですが、あれほど毎日大量に目薬をさすなら、ひまし油点眼のほうがよっぽど安全だと思いながら彼女の様子を見ていたんですが、どうなんでしょう?
 
ちなみに私はスポイドボトルにひまし油を入れておいて、必要に応じて点眼しています。瞳がベタベタして視界がぼやけるので夜、寝る前がベストです。
 
点眼が心配な方は、コットンに浸したひまし油を閉じた目の上において湿布をするのもおすすめ。
 
ちなみに、眼鏡についてはケイシーは肯定的に述べています。眼鏡が必要になったら無理せず眼鏡をご活用下さい。
 
Q:メガネは必要ですか?   
A:「もうじき、全体的な状態からして、メガネをかける方が恩恵があるだろう。それによって目に対する緊張を減らすことができる。メガネをかけて視力を適合させるのは非常に良い」540-11
 

最後に、ケイシーのリーディングでよく出てくる言葉は「忍耐を持って一貫して継続する」ということ。
 

ビジネスコンサルタントをされている矢矧晴一郎先生は80才間近の方ですが、なんと、いまだに老眼鏡いらず。年をとったら誰もが老眼鏡は必要になると信じこんでいた私には驚きの目の若さです。
 
秘訣をお聞きしたら、1時間仕事をしたら数分間目を休めるという簡単なことをひたすら愚直に続けていた賜物とのこと。
 
私は忍耐力と継続力がないので、3日坊主を何度も繰り返しながらの目のケアになってしまっています。目を酷使している分、継続力と忍耐力が試されている今日この頃・・・。簡単なことを毎日続ける威力を矢矧先生に教えていただいた気がします。
 
 
同じようなことをケイシーも言っています。
 
Q)どちらかの視力は回復されますか?   
A)「これは肉体的な治療で益があるだろう。これは、どれほど一貫して行うか、どれだけ体が良好に反応するか、あるいは、どれほど日々、目を酷使するかによる。薄暗いところに座って本を読もうとしてはならない。仕事をしているとき、光が直接顔で反射するような場所に座ってはならない」630-3 
 
その瞬間が来るまでは、クリアな瞳で地上の美しいものをたくさん見て、経験して、あの世に旅立ちたいものです。
 

 
(有)テンプルビューティフル メルマガ346号 2010年6月4日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up