エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0221:心と身体に理想の設定

=================================
             ◆◇◆ 心と身体に理想の設定 ◆◇◆ 221号
=================================

(有)テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

昨日の夜まで、2泊3日で札幌に行ってきました。
木曜日の朝、目が覚めてカーテンを開けたら、札幌の街は真っ白な世界。
前日とは全く違う白い景色に息をのむよう。


雪国で豪雪に苦しんでいらっしゃる方々には申し訳ないのですが、高校時代まで、冬、雪が20~30cm積もる山の中で育った私としては、ひさびさの雪降る朝に、完全に気分は女子高生。


耳が痛くなるほどの寒さだったにもかかわらず、なんだか嬉しくて、ニマニマしながら札幌の街を歩いていました。何もないのに笑いながら道を歩いていた私は、ちょっと怪しい人だったかもしれません。


○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。


札幌に何をしに行ったかというと、キネシオロジストの斉藤慶太さんに、キネシオロジー(筋肉反射/身体からのメッセージを得るために行うマッスルテスト)と経絡を組み合わせた「タッチ・フォー・ヘルス」を学びに行ってきました。


まだ、なにがなんだかよく分からん状態で「タッチ・フォー・ヘルス」についてを語ることはできないのですが、とても印象に残ったことが1つあるので、忘れないうちに、それをメルマガのトピックにしようかなと思います。


ケイシーのリーディングに「病気になる前と同じ生活に戻るために病気を治したいのなら、治らないほうがましだ」「あなたは何のために治りたいのか?それをまずは考えなさい」といった内容のリーディングがあります。


これはかなり手厳しいリーディングですが、えてして私たちは、病気や体調不調を取り除くことばかりにフォーカスしてしまい、健康を取り戻したらどう生きたいのか? 何のために健康でいたいのか?ということが、すっぱり抜け落ちてしまっています。


病気ではありませんが、ケイシーは太りすぎ、痩せすぎの人にも「太っている、痩せていることに悩むより、その身体をどう廻り人への奉仕に役立てれば いいのか、そのことを悩みなさい」と言ったこともありますが、目の前の悩みに焦点を当てすぎると、最も大切なことが見えてこないんですよね。


タッチフォーヘルスを学んでいて、とてもユニークだなあと思ったのは、施術前に「どうして治りたいの?」「治ったら何をしたいの? 治ったらすべて ハッピーなの?」といったことをクライアントに考えさせる。「あなたの人生がうまくいかないのは、本当に病気が原因なの?」「他にあるんじゃないの?」っ てことをクライアントさんに考えてもらうことをとても大切にしていること。


心の奥底にあって見えてこないけど、自分の人生を陰でコントロールしている潜在意識レベルの思いにズンズン、問いかけをしていく。


その一連の心の作業を、まず最初に行うことにとても驚きました。


これって、普通の治療には全くやられないことですよね。肩こりがあって治療院に行ったら、骨や筋肉の調整はされますが「肩こりが無くなったら何がしたいの?」なんて聞かれませんもの。


いい例題ではないかもしれませんが、深層心理を探っていくと、たとえば・・・


最初は「長年の肩こりがある」でスタートしたのに、それがいつのまにか「夫や子供に自分の存在を認められたい」という言葉になったり、単に「腰痛を 治したい」だったことが、途中で「会社を辞めたい」という言葉に発展していったりと、本人も思いもかけない思いや言葉が出てきはじめ、自らが、自分の心の 奥底と対話しつつ言葉にしていく過程で「え?私ってこういうことをホントは考えていたの?」と、気づきがたくさん起こるようです。


(最後には、新しい視点で、その問題や症状が完全に無くなった理想的な自分の姿を設定し、それをアファメーションとして自分自身に宣言していきます)


もちろん、身体に起こっていた経絡のエネルギーの滞り(またはエネルギーの過剰な部分)のバランスを取るために、物理的な施術はしますし、その肉体 的な原因がどこから発生してきているのかをキネシオロジーを使って探るということもしていくのですが、その前にまず、自分の心の中を覗き込むという作業を していく、というのがとても新鮮でした。


また、今の病気や抱えているトラブルではなく、未来の理想的な自分の姿に視点をシフトさせ、そこから治療を行っていくっていうのは「とってもケイ シー的!」なんて私は思ったんですが、霊性の向上や、仕事や勉強といったことだけではなく、治療や身体のケアのために、実際に、こうやって理想の設定を取 り入れ、活用しているテクニックがあるんだって、ちょっと目から鱗でした。


今まで私は、キネシオロジーは、腕の上げ下ろしで、自分の身体にあう薬や食べ物を選択をするだけのツールとして認識していたんですが、それはほんの入り口だということ。
人間は、解剖学的な単に内臓や皮膚から出来ている肉体だけの存在ではなく、本当に深淵な存在で、そして、目に見えたり感じたりできないだけで、実際に私たちの身体に影響を与えているものは様々あるってことを、今回、実感して帰ってきました。


キネシオロジーについては、まだ、実際に自信をもって活用するってところまでは行ってませんが、そのうち、テンプルでも慶太さんにキネシオロジー体験ができるセミナーをお願い出来たらなって思っています。

もし実現したら、あらためてご案内しますので、そのときに、たっぷり体感してくださいね。

 

それではまた!


(有)テンプルビューティフル メルマガ221号  2007年12月5日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up