エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活からだのこと > 0139:【お客様の体験報告】子宮内膜症が無くなりました!

0139:【お客様の体験報告】子宮内膜症が無くなりました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 【お客様の体験報告】子宮内膜症が無くなりました! ◆◇◆ 139号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。


まずお知らせが1つ。

このたび、テンプル・ビューティフルは、(有)テンプルビューティフルになりました。パチパチパチ!

10年目にして、ようやく会社になりました! 20周年、30周年目指して頑張ります!


これからも、応援、どうぞよろしくお願いします!

○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。○。。

今回は、別のトピックを書く予定でしたが、1日も早くお知らせしたいニュースがあったので、急遽、話題変更です。


表題のとおり、お客様で、子宮内膜症の症状が消えちゃった人がいます。


ご本人に、メルマガで紹介してもいいよ、っていうご了解を得たので、今日は、彼女がどのように子宮内膜症を克服したか、ご紹介させていただこうと思います。


ついでに、彼女は、サイズの大きい卵巣嚢腫もあって、かつては、こちらも手術寸前。2つ目の産婦人科では、6センチの嚢腫に驚いて「どうして、前の病院で卵巣を取ってもらわなかったの?この大きさだったら、フツー摘出手術よ」って言われたほどらしいです。今では正常な健康的な卵巣の大きさに戻って、先生に、全然心配はいらない、って太鼓判を押されたらしく「あの時、取らなくて良かった!」って心から言ってます。


ともあれ、まずは、このブログに目を通してみてください。(2005年6月24日号


それが昨年6月末の彼女の状態。


先日、彼女から届いたメールがこれです。

「実は、ひまし油湿布と洗腸のお陰で、6センチあった卵巣嚢腫がすっかり治ってしまいました。 婦人科に行って調べてもらったのですが、「卵巣はいたって正常な大きさですよ」と言われました。ついでに、「子宮内膜症も見当たりません」と! 婦人科トラブルが一挙に解決しました。嬉しいです。」

 

テンプルには、卵巣嚢腫が小さくなりました!無くなりました!というお客様からのご報告はチラホラ届きます。子宮内膜症が軽くなりました、っていう声も時々あります。でも、内膜症が消えて無くなった!っていう声は、実は初めて聞きました。それくらい子宮内膜症は、大変な病気。


あまりに生理痛がひどくて月の半分は動けない、長く続く痛みのためにまだ30代、40代で子宮切除を選択したっていう方も多いと聞きます。


なので、もしお友達で子宮内膜症で毎月、七転八倒している人がいたら、ぜひケイシー療法を教えてあげてください。

 

まず、彼女がやっていたのは、
●ヒマシ油湿布(これは毎度、お馴染みですよね!)

ブログで書いたとおり、やっていたのは湿布だけ。洗腸器具も、それ以前に買っていたのに全くやらず。食事の内容もヒドイ。毎日、お菓子の買い食いは止まらず・・・の生活。

それで、昨年6月のある日、一緒にランチをしたとき、
「ひまし油湿布をやっているだけじゃ、ケイシー療法をしていることにはならないよ、そんなにひどい体調なのに、なんで、自分の身体のケアに取り組もうとしないのよ~。特にその食事はなんやねん」と、私は彼女にかなり怒ったらしい(本人曰く)。

それで、ようやく重い腰をあげて、自分の身体のケアに真剣に取り組み始めたのが昨年の7月・・・・それから約8ヶ月。

私も驚く、ビッグニュースをもたらしてくれました。

そのうち、自分の体験談を文章でまとめるって言ってますので、詳しくはそれを待つとして、


ひまし油湿布の他に彼女が取り組んだ主なものは、

●最初の2週間は、週に3日の洗腸(合計6回) 
 あとは、オリモノが増えたときだけ、洗腸を3日連続実施(何故か、洗腸をするとオリモノが減るそうです。。。)

●食事の改善
 特にお菓子の買い食いは、もうしてないそうです。コンビニ通いも今は全く無い! 素晴らしい!(といっても月に1~2回はやはりお菓子は食べちゃうそうですが)

○ケイシー療法とは別に、気功も定期的に


これだけ。

※ちなみに、洗腸は、健康な人、毎日排泄がある人でも季節に1回くらいはするといいですよ。

  洗腸器具はこちらから

 

ケイシー療法的に実行すると、さらにいいのが・・・
◆定期的な整骨(特に背骨から腰椎の調整)
◆週に数回のオイルマッサージ
◆日々の首や肩の体操(首を前後、横、ぐるりと廻すってヤツです)
◆土の上の散歩
◆瞑想、ビジュアライゼーション

 

ともかくも、彼女がひまし油湿布、洗腸、食事の改善で変えたのは・・・

★これまで蓄積していた毒素の排泄
★免疫力をあげる
★健康な身体づくりのための正しい食事とスムーズな同化排泄
★身体に健康的なエネルギーと血液を循環させる

 

この何気ない、フツーのことに取り組んだだけで、それまでの長~い産婦人科通いと痛みから解放されたんですから、なんと身体はシンプルで美しいんでしょう!


特に彼女のように悪食(ごめん!本人も読んでいるこのメルマガ)が続いていた人は、毒素排泄と日々の食事がとっても大切。毒素充満の身体では、身体が持つ「癒しの力」がうまく起動しない。

なので、ひまし油湿布後の6回の洗腸は、強制的な毒素排泄になり、身体のリセットにとても有効だったと思います。


もちろんリセットしたら、今度は、健康な身体作りにいそしむ。

しかも、トータルに考えて、彼女がこの8ヶ月間、ケイシー療法に支払った費用は、おそらく。

・洗腸を週3回×2週間+時々の洗腸で、洗腸用コーヒー代 合計3600円
・ひまし油とフランネルを時々変えながら、週3回を3週間。それを8ヶ月続けた
として、ひまし油湿布にかかる費用は、8ヶ月分で約9000円~1万円。


つまり、2つの合計13600円を8で割ると・・・1ヶ月あたりのケイシー療法代は、な・ん・と 1700円!


そのうえ、毎日のお菓子の買い食いをしなくなったので、浮いたお菓子代、月に約9000円。
となると、毎月、健康に取り組みながらも、7300円も貯金ができてしまう!


なんて、経済的なんだ!ケイシー療法は!


何がここで言いたいかというと・・・

色々な体調不調で悩んでいる方も多いと思いますが、まずは、ケイシーが述べた4つ基本に立ち返ってみる。このたった4つの基本を自分に当てはめてみると、多くの場合、自分の体調不調の原因と対処方法が見えてくるんじゃないかと思います。


この4つの基本が分かっていると、アレコレと値段の高いサプリメントに手を出したり、色々な人の意見やアドバイスに惑わされなくなってくるように思います。


この子宮と卵巣のトラブルを克服した彼女も、真剣に身体のケアに取り組み始めて、あっという間に、身体は、自分で自分を癒す力を取り戻しました。


それまでは、知っていてもやらない、分かっていても実行しない、っていう状態だったんですけどね。(彼女の上司の人にも話しを聞きましたが、実際、この数ヶ月間、かなりマジメに身体のケアに取り組んだみたいですよ! お菓子も食べなくなったし)


身体はいつだって健康になりたがっているんですから。心でそれを邪魔しない限り。


最後に
子宮や卵巣のトラブルがある方は、生理用ナプキンを布に変えることも大切ですよ。使ってみると、ホントに心と身体が喜びます↓

 


それではまた!


 

(有)テンプルビューティフル メルマガ139号  2006年3月31日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up