エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活からだのこと > 0117:ひまし油湿布は温めて!

0117:ひまし油湿布は温めて!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◇ ひまし油湿布は温めて! ◆◇◆ 117号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

所用で3日ほど広島に帰ってきました。


ほぼ2年ぶりに会う旧友たちと、つきないお喋りも楽しんできました。

宿泊したホテルでは、イ・ビョンホンが出席したという結婚式があり、なんだかそれだけで得した気分でした。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


朝晩、めっきり涼しくなってきて、ようやくひまし油湿布が気持ちよ~く出来る季節になりました。


夏は汗だくで湿布をすることになるので、私も夏の間は、よほど体調を崩さない限り、湿布はお休みしてしまいます。なので、秋が来ると「ひまし油湿布、するぞ~!」って感じに気持ちがなってきます。


さてさて、
テンプルでは、ひまし油湿布へのお問い合わせをたくさん頂戴します。


ときどき、ひまし油湿布を初めてする、という方から
「友達から、ひまし油湿布を勧められたけど、湿布は温めなくていいと言われました!」
「知り合いは、湿布を温めないでやってます」
などと言われることがあります。


・・・でも、そのお友だちの情報は、誤ってますです。ハイ。


確かに「全く湿布をしないより、温めなくてもしたほうがいい」とは思いますが、ケイシーはひまし油湿布は温めてするように勧めてます。しかも、いくつかのリーディングでは、身体が耐えられるほど熱く!


でも、そうケイシーが言ってますよ~、とお伝えしても、どうも「お友だちから聞いたやり方」のほうに軍配が上がってしまうようで、冷たいままのひまし油湿布を始めてしまう方、多いんですよね。


何かいいリーディングは無いかなあ、と思っていたところ、最近、「湿布を温める」ことについて、ケイシーが述べた興味深いリーディングを見つけました。


これらの湿布は、たとえ暑い時期でも温めてすべきである。その場合には頭を氷のパックで冷やしながら行いなさい」340-25


「我々は、このような物理的な治療を施そうと思う。(しかし)貴方がいつも祈るような態度になるまで、この療法はすべきではない。さもなければ、この療法は益になるより害となる。

毎日1時間、3日間連続して、熱いひまし油湿布を肝臓の上に当てる。湿布を温めることで身体にその放射エネルギーが生じるので、電熱ヒーターを使う。

温めることで、全身にその放射エネルギーが生じ、その結果、体内から毒素が排出されるのだ。

3日目の晩に、茶碗半分のオリーブオイルを飲む。5日間湿布を休んだ後、3日間の湿布を再開し、オリーブオイルを飲む。

(しかしながら)貴方が自分自身、そして自分と創造主との関係を発見したあとで、この温湿布を3シリーズ実施すること。その発見なしには、湿布を行うべきではない」3492-1


湿布をどれくらい続けるか、あるいは、何日休むかは、リーディングによって、若干違っていますが、多くの場合は、1日1時間~1時間半、1週間のうち、3日間やって4日休むという周期がをケイシーはよく勧めました。


さらに身体が熱く感じるまで湿布を温め、その温かさを持続するためにヒーターをあてます。しっかり温かい湿布をしたら、身体についたオイルを重曹入りのお湯でふき取って終わり、というのがケイシーの勧めた方法です。


★以前、アメリカで私が教えてもらった湿布の作り方はかなり乱暴で「お鍋でひまし油を温め、それにフランネルを浸して湿布を作り、冷めたら熱い湿布と交換する」とか「ひまし油で濡らしたフランネルを油紙に包んでオーブンに入れて温める」というものでした。


それに比べたら、手も汚れない日本の方法は簡単だと思いますよ~!


更に、2つ目のリーディングで言っているように「湿布をする前の心構えがおざなりなら、湿布はしないほうがマシ」なので、テレビを見るついでに湿布をしようとか、家族がしろっていうから嫌々するっていうのは、ちょっとなあって思います。


大いなる自然のパワーや、人間の身体の神秘について想像しながら、湿布をして頂けたらと思います。


ということで、
これから春まで、しっかりひまし油湿布で身体を温めて、元気にお過ごし下さいませ!


湿布についてご存じない方は、こちらをどうぞ

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。


広島の実家にひさびさに戻ったら、庭は雑草だらけ。菊芋の花も咲いてました。

菊芋は、とても生命力の強い草で、アチコチで今、花が咲いています(11月頃に掘るとイモが出来てます)。


菊芋は、エドガー・ケイシーが、糖尿病の方に勧めた雑草の根っこに出来るイモ状のものです。あまり美味しくはないのですが、糖尿の方がいらしたら、ぜひお勧めしてあげて下さい。


ちなみに、菊芋に関するリーディングはこちら 


最近は、飲みやすい錠剤になってます。

 

それではまた!

(有)テンプルビューティフル メルマガ117号  2005年10月14日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up