エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0053:ケイシー流体臭予防法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ◆◇◆ ケイシー流・体臭予防 ◆◇◆ 53号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。


この前、お店がある奥沢(当時)の駅前で、地元の商店会主催の音楽祭がありました。

私も少し行ってみたんですが、なんと当日、雅楽音楽で有名な、東儀秀樹さんが飛び入り出演! 東儀さんは、奥沢駅のすぐ近くにお住いなので、何度かお見か けしたことはあったんですが、毎回、6000円のチケット代を払ってコンサートに行っていた私としては、タダで、しかも身近に彼の音楽が聴けて、すごーい ラッキーでした。


こういうことがあるっていうのが、東京に住んでいるメリットかもしれませんね。


さてさて、今回のテーマは体臭。夏は特に気になりますからね。


よく日本人の体臭は醤油くさい、韓国人はキムチくさいって言われます。

私は自分自身が醤油臭いかどうか全く自覚できないんですが、海外旅行でインドの人たちに囲まれると、香辛料が混ざった体臭があったり、アメリカ人男性のそ ばに行くと、動物的な体臭を感じたりしますから、外国の人からすると、私は醤油臭いのかなあって思うことがあります。(映画「ラストサムライ」では、ト ム・クルーズが獣臭いと言われてました・・・)


大学時代、カレー専門店でバイトをしていた男友達は、食費を浮かせるために、お店のカレーばかり食べていたら、そのうち、汗が黄色くカレー臭くなっ てきたって言ってましたから、自分の体臭がどうも人よりは強いような気がする、という方は、毎日の食事を見直してみることをまずはお勧めしたいですね。


肉食の多い方は、肉の量と食べ合わせ(肉とご飯を一緒に食べない-下記参照)を気をつけるといいと思います。


体臭予防でお勧めなのは下記です。


1)便秘をしない。1日1回以上の排泄に心がける

口臭、体臭が強い方は、身体の毒素排泄機能が非常に落ちていると思います。可能であれば、洗腸を定期的にしてみて下さい。もしかしたら、腸の中に便 が溜まり、それが腐敗して臭っているのかもしれません。ひまし油湿布のあとに洗腸をすると、さらに体内浄化の効果がアップします。


家庭用の洗腸器はこちら

ひまし油湿布はコチラ


2)身体の体液の循環を高めるために、オイルマッサージをする


リンパの流れが悪いと、せっかくの毒素がうまく排泄できないので、お風呂上がりに、オイルで手足、腹部だけでもいいので、マッサージをしてみてください。

マッサージオイルはコチラ


3)水分をしっかりとる


果物や野菜からの水分は、身体のクレンジングにとてもいいのです。この夏、朝食は果物、というふうにしてみてはいかがでしょうか?(果物は必ず空腹時か食前に食べます)


お水にこれを入れて飲んでいると、口臭、体臭が、ほのかなバラの香りになるかも、というのがコチラです。これを飲んでいると、バラの香りのゲップになります・・・・。


4)動物性タンパク質(肉、魚、卵、牛乳など)と炭水化物(ご飯、麺類、パン)は消化不良の原因になるので、一緒の食事で食べない


例えば、カツ丼、牛丼、肉じゃが、焼き魚定食、お寿司、卵かけご飯、魚介類のスパゲティ、エビ天うどん、トーストと目玉焼き、牛乳とパンなどなど、実は日々の食事がこの組み合わせなんですが。


ケイシーが何度も注意していることですが、動物性タンパク質を消化する酵素と、炭水化物を消化する酵素は全く別なので、この2つが胃に一度に入ってしまうと、消化に時間がかかり、うまく消化できません。


消化不良を起こしてしまうと、せっかくの栄養素が無駄になってしまうばかりでなく、体温で温められているうちに腐敗して、臭い毒素をたくさん体内で 作ってしまうんです。(温度37度、湿度たっぷりの容器の中に入れた食品が、数時間で腐敗している様子を想像してみてください)


特に体臭、口臭が気になるという方は、夏の間だけでも、肉を食べるときにはご飯を食べない、そのかわり、山盛りの野菜を食べる。ご飯を食べたいときには、肉や魚はさけて、豆腐料理や野菜料理にする、など気をつけてみてください。

この食事に変えると、消化にエネルギーを使わなくなるので、身体が軽くなるし、小食でも全然平気になります。


5)身体をいつも清潔に保つ


これは当たり前ですが、お風呂に入るだけではなく、シーツ、枕カバー、パジャマの洗濯もマメにしてくださいね。これって、意外に気がつかないんですが、寝具の臭いって、けっこうあるんですよ。


それから、これは毎年、夏になると私が必ず言うことなので、またか~、と言われそうですが、汗を防止するための制汗パウダーは使わないように!特に女性の方は、制汗パウダーの存在は忘れてくださいね。


身体が排泄しようとしているものを、無理に押さえつけない。
女性の場合、脇の下からの毒素排泄を阻害していると、それが、乳ガンを作り出す要因になってしまう可能性だって否定できないんですから。


汗かきの方は、アルコールが入っている化粧水でもバッグに入れておいて、まめにふき取るといいと思います。


 

それでは梅雨にシーズンが多少なりとも快適になりますように!

 



(有)テンプルビューティフル メルマガ53号  2004年6月4日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up