エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0023:白内障手術報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◆◇◆  父の白内障手術報告 !   ◆◇◆No.23
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。


今回、書いたメルマガの数を数えてみたら、今号で23号になりました。

5月からメルマガの配信を始めたんですが、ここのところ、毎回長文のメルマガになっているので、読まれる方も、根性いるだろうなと思います。

ながーいメールをいつも、読んでいただいて、ありがとうございます。


さて、先週の続きで白内障の手術のお話です。

ご高齢の方の目を見ると、黒目の部分が白くなっていることが多いと思います。だんだんタンパク質が固まってきて、そうなるそうですが、白く濁ってくると、いつも世の中をすりガラスを通してみているようなもので、視力もかなり落ちてしまっています。


うちの父もそうでした。手術前は、信号の色がはっきり分からず、テレビも画面がよく見えない。夜は、暗くなると、そばに寄らないと私がどこにいるのかよく見えない状態で、白内障としてはかなり進行していたと思います。


ケイシーリーディングでは、白内障には、整骨、オイルマッサージ、バイオレットレイ、食事療法など、一連のものを勧めています。もちろん子供としては、白内障の初期段階で、そういったアプローチをしたかったのですが、父が暮らしているのは広島の県北部。評判のいい整骨医を探そうにも、整骨医そのものが町にいないんです。また、いたとしても、頑固な老人を通わせるのはとても大変で、ほかの療法と同じく、父の耳に念仏。目が見えなくなって、ようやく病院にだけは行ってくれたという感じです。(都会では、あらゆる種類の治療院がありますが、田舎にはホントに治療院がないんですよ。これから鍼灸やマッサージの治療院を開院しようとしている人、どうか農村に行ってみてください。農作業で腰や膝の曲がった人であふれかえっています)


ということで、父としては生まれて初めて手術を受けることになったのですが、手術をされた眼科医曰く、白内障の手術は、十数年前よりも格段に技術が進歩したそうです。そうであればケイシーの存命中とは、雲泥の差でしょうね。


○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。


さて、私が見た白内障の手術とはこんな感じでした。もちろん手術前には、何度も点眼したり、注射を打って、肉体的な準備はしておきます。


1.目の玉が動かないように糸で固定します。
・・・麻酔をしても、目が動いて手術が難しいので、目の玉が動かないように糸で固定します。以前は、白目のところに数本麻酔を打っていたそうですが、いまは1本で済むそうです。


2)白目の部分に3ミリほどメスを入れます。
・・・これも、以前は、黒目の周りをぐるりとメスを入れたり、重い白内障の場合には、目の玉をとる、くらいの大手術になることもあったそうですが、いまは、3ミリ程度の小さな傷で済むそうです。


3)切れ目を入れた部分から、角膜を傷つけないように、先っぽが1.5ミリ程度の細長い針のようなものを黒目まで差し込み、白内障のために、白く濁った水晶体レンズを細かく砕いて吸い取っていきます。父は白内障が進んでレンズが厚く堅くなってしまっていたため、この砕くという作業に時間がかかりましたが、初期の場合には、時間も短く済みます。


4)代わりの小さなレンズを、また3ミリの切れ目から入れていき、黒目の部分に固定します。レンズの左右には、小さな針がついていて、それが目の中で固定していくことにより、レンズが所定場所に固定されます。


5)これで、白く濁っていたレンズがとれ、新しいレンズと交換されました。あとは出血をキレイにして、眼帯をして終了です。


この手術の様子はすべてビデオに撮影され、手術後、見せてもらったのですが、大型のテレビ画面に映し出された父親の目玉は、けっこう迫力ありました。でも手術そのものは、それほどスプラッター!という感じではないので、ホラー映画が苦手な私も冷静に見られる程度のものでした。


いかがでしたでしょうか? 父の場合、ほかの人より時間がかかりましたが、それでも手術室に入って出てくるまで20分くらいでした(歩いて手術室に入り、歩いて出てきました)。以前は軽い白内障の手術にも1時間半くらいの時間がかかったそうですから、それに比べると1/5~1/6の時間で済むことになります。(父は血糖値が高かったので、なかなか手術ができませんでした。血糖値が高いと出血が多くなってしまうそうです)


先生曰く、目の手術の場合には、手術の失敗より、手術の予後の過ごし方が悪かったために、よい結果を得られなくしてしまうケースが多いそうです。父が手術をした病院では、午後に手術をして、翌日の昼までは、ずっと寝たまま過ごし、寝返りなどで、顔が圧迫されないように上向きの状態を保持することを指示されました。


また、退院後も、1週間は、車の運転をしない、活字やテレビを見ない、顔も洗わない、歯も磨かずひげも剃らないよう注意を受けました。


いま父の視力ですが、手術前、0.08だった目は1.0に、0.02だった目は0.8にまであがりました。以前は車の運転ができないし、テレビ画面もよく見えないので、自宅でぼんやりしていることが多かったんですが、今は、よく見えるようになったのがウレシイらしく、電話しても、全然自宅にいません。もう以前とは世の中が別世界だと思いますよ。


目の手術なんて、想像すると、ちょっと怖いですが、悩んでいるうちに白内障は進行していってしまいますから、軽いうちに手術をするのもいいかなと思います。もちろん進行しないように、ケイシー療法を実践して頂くのが一番ではありますが。


○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

それから、前回、手術前の説明で看護婦ともめたエピソードを書いたのですが、それについて、たくさんのご意見やご感想をいただきました。どうもありがとうございました。


ちなみに、私の友人が取材に行った広島の別の病院では、患者は事前に手術を見学できるそうです。すごいオープンですよね。その病院では、先生への取材中、看護婦さん達が自分たちの勉強になるからと、一緒にお話を聞きに来られたそうです。勉強熱心な看護婦さんと、オープンな先生の姿勢に感心してしまいました。


 

それではまた

(有)テンプルビューティフル メルマガ23号  2003年10月3日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up