エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0012:健康の創造

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    健康の創造 12号
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京は毎日シトシト雨ばかりです。


テンプルビューティフルのお店は地下にあるので、夏は涼しくていいのですが、湿気はもの凄いです。除湿器とエアコンのドライがフル回転っていう感じです。

さて、キャロライン・メイスという直感医療者をご存じでしょうか?

アメリカでは、ホリスティック医療に興味がある人なら必ず知っている、という超有名人で、彼女の本やテープはベストセラーとなっていますし、講演会はとても人気があるそうです。

そのキャロライン・メイスの講演会を聞く、というのが今回の私のアメリカ出張の目的の1つだったわけですが、その講演会の予習をかねて、本棚に置きっぱなしだった彼女の本を、久々に引っ張り出してバージニアビーチに行くアムトラックの中で読むことにしました。

実は今回読み直した「健康の創造」という本は、数年前に買っていながら、あまりに「心地よくない」本だったので、すぐに投げ出してしまった1冊でした。というのも、彼女の述べるエネルギー医療のお話は、知識として理解できても、自分の身体で、心で実感するには、とても大変で、しかも自分の怠慢をグイグイ暴かれていくような、そんな心地の悪さがあるんです。それで「いつか」「そのうち」読もうと、ずっと本棚に積んだままになってしまっていました。

もちろん今回も、1頁、1頁を読む進むのがとても大変でした。1行、1行の言葉に重みがあり、そのたびに、うーんと考えこんでしまうことになったからです。

そのなかで、前回のメルマガとの続きではないですが、「うーん」とうなってしまった箇所をご紹介します。適当に文章を短くしていますので、興味のある方は、本を入手して読んでみて下さい。

引用は、「ヒーリングについて」のなかの「時間と瞬間」という項です。

癒しというものが瞬間的に起こるということから・・・。
「私たちは人生に期待を抱き、明日のために計画をたて、はるか遠い先に目標を設定するようにプログラムされています。ところが、これがヒーリングには有害なのです。明日に期待を抱くことは、人生には害になります。今、この瞬間に対処しなければならないことから私たちの注意を逸らすからです。たった今病気を癒すためにエネルギーを使わず、それを「明日」にプログラムするからです。

 現実の創造法を学ぶにつれて、明日直面することが何であれ、それは今日、今という瞬間に創造されているのだと結論することができます。健康が目標の場合は、創造が瞬間的なプロセスであるという可能性を考えて、意識的に創造することが特に大切です。おそらく「奇跡的な治癒」の真髄は、現在という瞬間に、完全に注意力を集める能力にかかっているのです。」

なんとなく、分かったつもりでいた事が、これほど明確に書かれていると、降参!って感じになりませんか?

癒しに関していえば、明日があるさ、と思うことは、ずっと「今日は治癒は起きない」ことを自分に許していることだったんですね。明日、あさって、もしくは3年後に健康になるというイメージを持つのではなく、今この瞬間に健康になっていることをイメージすることがいかに必要なのか、これから少しずつ、頭だけでなく、心と身体で経験できたらと思います。

ビジョンを持つということの大切さが、昨今言われていますが、今、この瞬間にすべきことから逃れるための、先送りの目標作りにならないように気をつけなければ、とこの本を読みながら思いました。特に、私は明日に先送りをするのが得意ですから・・・。 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私もよく聞かれる質問なのですが、エドガー・ケイシーに「この療法をしたらどれくらいで治るのか」と質問をした人が何人もいます。

ケイシーもこの質問には困っていたのでしょう。
まじめに回答をしている時もありますが、皮肉を交えてこう答えるときもありました。

「(その療法を)貴方が始めるまでどれくらいかかるのだ?おそらく、30時間から48時間はかかるだろうな」(487-23)

「1年、1ヶ月、1日、1時間と10分だ」(4681-1) 

今この瞬間に自分の癒しに集中しなければ、癒されるのは「来世」ということもありえるかもしれません・・・。

さて、私が今回参考にした「健康の創造」は、テンプルにも数冊在庫がありますので、お近くの書店にない場合には、ご注文下さい。(2310円/税込みです)

キャロライン・メイスの本は、他にも2冊あります。治療に関わっている方には特にお勧めです。

7つのチャクラ」・・・原題は「魂の解剖学」
こっちの題名のほうが断然いいのに・・・題名で損をしていると思います。

チャクラで生きる」・・・原題は「何故人々は癒されないのか、または、いかに癒されるのか?」これもタイトルで損をしている本だなあと思います。

 

それではまた

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ 12号   2003年7月11日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up