エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0381:ケイシー流・花粉症対策

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◆◇◆ ケイシー流・花粉症対策  ◆◇◆ 381号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

トータル12日間の瞑想合宿から帰ってきました。早朝4時半から1日12時間の瞑想。
制御不能な自分の脳みそのお喋りに、自分でも驚き呆れ果てるところからスタート。

いろんな方に「変わった?」と聞かれるのがチト辛いほど、すぐに現世に戻ってしま
いました。あっという間に、宵っ張りの朝寝坊に逆戻り。
この間の体験はブログに書いています。ブログをチェックて下さいね。


日本エドガー・ケイシーセンターのサイトが新しくなりました。
サイト内の左にあるメルマガ登録画面で登録をすると、毎朝、ケイシーの珠玉の
リーディングが届きます。しかもアトランダムに送信されるシステムなので、同じ日
でも、人によって違うリーディングが届きます。
その日、自分にどんなメッセージが届くか、それも楽しみです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


私は、年中、鼻がグズグズしていている子どもでした。毎朝、欠かせないことは、鼻
をかむこと。秋にひいた鼻風邪は、春先までずっとひきずっていて、ティッシュペー
パーは必需品。家に帰ると、ティッシュを鼻に詰めて過ごさないと、何もできない
こともありました。

世の中に「花粉症」なるものが流行りだした、というニュースを初めて聞いたときは
「これは私のためにあるような病気だなぁ・・・」というのが第一印象。

きっと次の春には私は立派な花粉症患者だ。そう思って、毎年を過ごしていました。


ところが、ありがたいことに、いまだ私は花粉症知らず。

気がつけば、毎朝、あれほどかんでいた鼻もかまず、秋から冬のあの鼻のグズグズと
はすっかりサヨナラ。街でもらうポケットティッシュも使わないので、溜まる一方。


もともと健康優良児とはほど遠く身体は弱い、すぐに下痢をするし、すぐに風邪を
ひく。痩せて、いつも具合が悪い・・・。それが子どもの頃の私の姿。

ですから、風邪をひかない一冬を過ごすと、いまだに自分で感動してしまいます。


何が私の10代を鼻水垂らしにさせ、何がその後の私を鼻水知らず人間にさせたので
しょうか?

日頃食べていた食事の内容も大きく関与しているように感じます。

超個人的な私の体感ですが、私を鼻水垂らし人間にする犯人は3つ。

今も、この3つは、自分の限度量を超えて口にすると、とたんに鼻水が出始めます。

犯人のレベルを順番に書くと

危険度1)牛乳(※チーズ、ヨーグルトは大丈夫でした)
危険度2)砂糖         
危険度3)ケーキ(生クリーム、チョコレート系のケーキ)やアイスクリーム。
     ※これらは乳製品と砂糖なしには作れないですからね。

10代の頃、私は太ろうとして、わざわざ牛乳を飲んでいましたし、お菓子作りが趣味
で、毎週のように何かお菓子を焼いていました。この3つは私の10代には三種の神器
のように欠かせないものでした。

ところが、これらが実は私の身体には負担だったために、身体の働きとして、一所
懸命に体外に排除しようとしていた。それがために、毎日鼻水が出ていたというの
は、私にはつじつまがあいます。

これは私の体感にすぎませんが、春先に重い花粉症の症状で悩んでいる方は、私と
同じように、好きで毎日のように食べているものが、実は花粉症の症状を重くして
いるものになっているかもしれませんよ。


さて、上記は私の個人的な体感でしたが、では、ケイシーは花粉症についてどう
アドバイスしているのでしょうか?


ケイシーの時代、花粉症といえば、ブタクサでした。
ケイシーのアドバイスの中には、ブタクサのシーズンが始まる前からブタクサを煎じ
て飲むように勧めているものがあります。ということは、杉花粉やヒノキの花粉症の
方は、杉やヒノキの葉っぱを取ってきて煎じて飲むのは有効だと思います。


それから、私はこれを見つけて「ほら~!」と、1人で勝手に喜んでいたんですが、
こういうリーディングもありました。

「スイーツ類やデンプン類の食べ過ぎは注意せよ。ほんの少しのジャガイモやサツマ
イモ、山芋、蕪などは食べてもよいだろう。しかしながら、ごくごく少量にするか、
滅多に食べないくらいにしておくこと。白いパン(精白小麦から出来ているパン)も
少量か全く食べない。これらを気をつけていれば、体調がよくなってくるだろう」
5039-1

食事療法としては、いつものとおり、80%のアルカリ食品を。生の緑黄色野菜や果物
をしっかり。甘い物、大量の肉類、大量の炭水化物、揚げ物は厳禁です。

そしてケイシーが勧めている中で重要だと思うのは、やはりオステオパシー、整骨
療法。背骨の調整はとても大切のようです。ケイシーはアレルギーの発生要因として
背骨の歪みをあげていることもあります。

ですから、特に鼻水を伴うアレルギー症状で悩んでいる方は、肩から首、頭蓋の調整
をしてもらうと、身体上部からの毒素の排泄が促されるとともに、体液の循環もよく
なるので、鼻が楽になるのがすぐに実感できるのでは?と思います。

近所や会社の近くで、いい先生がいらしたらぜひ通ってみてください。



そのほか、ひまし油湿布や洗腸など、毒素排泄を促すアプローチも大切。

継続的に薬を飲んでいる方は、その薬の影響を取り除くために、上記の2つに加え、
半身浴やオイルマッサージなどを行って、体内浄化をはかる必要もあるでしょう。
薬は私たちのエネルギーレベルにも影響を与えてしまいますから、そういったオーラ
レベルにおける毒素排泄には、フラワーエッセンスも役立ちます。


◎洗腸は毒素排泄の方法としては、かなり強力ですから、毎年、花粉症に悩む方は
今年の春は、3日間ひまし油湿布→翌日洗腸 というサイクルをぜひ数回やって
みてください。

★洗腸器具はこちら
ケイシー流の洗腸方法はこちら


【花粉症おたすけケイシー製品】

●カーボンスチール(炭素鋼) 
春になるとまとめ買いが増えるテンプルのヒット製品。なんでこんな小さな金属の
破片にこんな威力があるのか、いまだ不思議です。。。

お客様の声
 「カーボンスチール、すごいです、朝,鼻の調子がいいですよ、びっくりでした、
患者さんにも勧めたいと思います」宮崎県 39才の女性の方

 「私は、花粉症ではない鼻炎もちで、ぐずぐずした毎日でしたが、これを冗談半分
に買って身に着けてみたところ、本当に最高です。毎朝くしゃみ連発、室内温度が
変わるとくしゃみ、少しでも念入りな掃除のしてない部屋にはいるとくしゃみが止ま
らない・・・、そしていつも片鼻がつまってる。そんな私が、ほぼすべての症状から
解放されました。何で、コレで?って感じですが、結果がすべてを雄弁に語ります。
カーボン、最高!」 愛知県 33才の女性


【花粉症におすすめ】

●フラックスオイル
外食が多い片は、身体に溜まった古い油を排出することも大切。それにはオメガ3
タイプのフラックスオイルが助っ人になります。毒素排泄にもなりますよ。

1本1890円+冷蔵便です。



●シャスタ
アメリカのパワースポット、霊峰といわれるシャスタ山に麓の湖に生息する藻が
原材料です。緑の野菜はなかなか摂れないときにおすすめです。スタッフによると、
飲んでいると腸の調子が良くなるので、毎朝のトイレが快調のようですよ。

地球ができた頃から生育している藻なので、人間が持っている本能的な超感覚を目覚
めさせるのか、メーカーさんによると、引き寄せのチカラがパワーアップしてきた、
というお客様からの体験談も多いそうです。
*タブレットもあります


●ネトルリリーフ

ネトルのハーブも花粉症の方の福音となるハーブ。症状が重い方は、摂取する量を増
やしてお試し下さい。スタッフの1人はこのネトルリリーフだけで薬いらずとなり
ました。多くのネトルが、数十センチまで成長したあと刈りとられるなか、この
ネトルは、エネルギーが一番多い若葉の部分で製品化されています。花粉症以外でも
なぜか飲み始めたら色白になったり、肌のツヤがでてビックリしました!という
お声もいただいています。



まだ今年の杉花粉は爆発してない感じです。
手遅れにならないうちに、ぜひ今から早め早めのケアをして下さいね。

(有)テンプルビューティフル メルマガ381号 2011年2月25日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up