エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活からだのこと > 0304:簡単・手軽のうらにあるもの

0304:簡単・手軽のうらにあるもの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◆◇◆ 簡単・手軽のうらにあるもの ◆◇◆ 304号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

突然ですが、アイロンがけは好きですか? 私は苦手です。 始めてしまえば、シワが伸びてきれいになる過程が、けっこう楽しいのですが、 アイロンとアイロン台を物入れから出すまでに、えらい時間がかかります。 アイロンが必要なブラウスやハンカチが大量にたまらないと、私の重い腰はなかなか 上がりません。 以前、近所のクリーニング屋店に、「Yシャツクリーニング150円」って書いてあった ので、洗濯後「アイロンかけ待ち」のまま、ほったらかしていたコットン100%の シャツを数枚持ち込んだら、女性用のコットンシャツのクリーニングは150円じゃ なくて、1枚480円でした。 女性用のシャツは、肩やウエストにタックを入れて立体的にできていたり、いろんな 素材が使われているので、男性用とは扱いが違うのだそうです・・・。 話変わって、私の手元には、ゲルソン療法を指導していらっしゃる千葉のヘルス フリーダムさんから毎月、ニュースレター(有料)が届きます。 そのレターの7月号に、私には驚きの記事が紹介されていました。 曰く 「アメリカで有名の大手下着メーカーのブラをつけたら体調が悪くなったという女性 が、その下着メーカーを訴えた。そのことで同じような症状に悩んでいた女性から の問い合わせがくるようになり、近く、集団訴訟ができないかと申請中である」と。 同じ内容について書かれている英語の記事を見つけました。 この会社の下着は、日本には輸入されてないので、日本女性には関係ないかと思い きや、そうではなく、この体調不調の原因となった下着の成分検査をしたところ、 微量のホルムアルデヒドが検出されたそうなのです。 ホルムアルデヒドはシックハウス症状、化学物質過敏症の原因になるということで、 日本でも数年前に問題となり、多くの建材メーカーや住宅メーカーが、ホルムアルデ ヒドを使わない壁紙や塗料、糊に切り替えたのは記憶に新しいところです。 そのホルムアルデヒドが、なんと衣料に使われているとは・・・! しかも、アイロンがけの苦手な私がずっと愛用している「ノーアイロン加工」だの 「防しわ加工」の衣類に、そのホルムアルデヒドが使われているそうなのです。 ご存じでしたか? 私はこの記事を読むまで、全然知りませんでした。 ※その他、ホルムアルデヒドが加工の課程で使われている衣類加工法としては、 「くっつき防止加工」「防ひだ加工」「防ちぢみ加工」「防虫加工」「防かび加工」 「防じみ耐性加工」「防変色加工」など。 幸運なことに、私自身は、防しわ加工のシャツを着ても、特に発疹がでたり、水ぶく れができたことはありません。できるだけ、購入後、1度、水洗いした後で着ていた のが幸いしていたようですが、知らないということは恐ろしいものだとつくづく 思ってしまいました。 ※ホルムアルデヒドは、水に溶けやすい性質があるので、着る前に水通しをすれば よいそうです(参照WEB)。 とはいえ、衣類にまつわる問題として、綿に使われている農薬の多さも懸念事項と して残っています。 「綿」や「コットン」と書くと、自然で安全な感じがしますから、ポリエステルを 着るなら、綿を着よう!って思いますが、綿は収穫するまでに大量の農薬を必要と し、綿畑が、世界の農地に占める割合がたった5%であるにも関わらず、世界で消費 される農薬の25%が使われているという報告もあるくらいです。 (2%の農地に30%の農薬と書かれた文献もある) ということは、私のように「防シワ加工シャツ」好きの人間が着るようなシャツに は、そもそも、大量の農薬が使われていた、ということになってしまいます。 「簡単」「手軽」「安い」を商品購入の基準にしている限り、ジワジワと私たちの 廻りには「健康を害する可能性のある」「安全ではない」商品がいつのまにか、 増えていることに、ある日、愕然としてしまうかもしれません。 そうかといって、オーガニックコットンを使った「かわいい」「かっこいい」シャツ は、なかなか見つかりません。デザインを考えると、ついキレイなシャツを買って しまいます。 だったらなおさら、肌に直接あたる下着だけでも安全なものを選びたいものです。 テンプルでは、オーガニックコットンの衣類や下着類は扱っていませんが、ネット 通販で、いまでは簡単にオーガニックコットン製品が手に入るようになりました。 また、ちょっと面倒かもしれませんが、テンプルでは、身体に安全な素材でできた 生理用の布ナプキンを扱っていますので、たとえ、バーゲン下着を買ったとしても、 こういうものを利用すれば、簡単な化学物質防御になります。 ★布の生理用品を何枚かそろえておいて、生理ではない普通の日でも、下着にはさ んで使います。 知らず知らずに、いつのまにか増えてしまっている「安全ではない」身近な製品 たち。 簡単、手軽に使える商品が、なぜ手軽なのか、簡単なのか。 私たちは、その手軽さ、安直さだけを喜ぶのではなく、その製品の裏に隠されている なぜ手軽になったのかの、その「理由」に気づく敏感さ、疑いの気持ちを、これから はもっと持たないといけないですね。


 (有)テンプルビューティフル メルマガ304号 2009年8月14日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up