エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活からだのこと > 0275:ケイシーの勧めた不思議な療法(肺の浄化)

0275:ケイシーの勧めた不思議な療法(肺の浄化)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆◇◆ ケイシーの勧めた不思議な療法(肺の浄化) ◆◇◆275号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

 

エドガー・ケイシーが勧めた療法には、常識では理解不能なものがいくつもあります。

メルマガやテンプル通信でもご紹介したことのあるインピーダンス装置もその1つ。
ケイシー自身も、このシンプルな装置が、なぜ、どのように人の心や身体に働くかについては、言葉を尽くして説明しても人間には理解できないであろうと述べたほど。

頭脳明晰ではない私は最初からギブアップです。
以前書いたメルマガ 59号 212号


そして今日ご紹介するのは、インピーダンス装置より、さらにシンプルなもの。
なんの巧妙さもないがゆえに、もう人間の身体の神秘性に、深く恐れ入るしかありません。

さて、その不思議な療法は「焦がした樫樽」という樽を使います。主に肺疾患の方にケイシーが勧めた療法で、エドガー・ケイシーの妻、ガートルードの命を救ったことで有名です。


・・・ガートルードは生後まもなかった息子が病であっという間に他界し、失意ゆえに重篤な肺結核になってしまいました。

ケイシーは息子と妻が次々と病に倒れたその時期、自分のリーディングについて迷いの時期に入っていました。廻りの人はケイシーの能力や、与えられるリーディングを信じ、頼り、そしてリーディングで命を救われた人々からの感謝の手紙も次々と届くというのに、ケイシー自身、そして妻のガートルードは、その力ゆえに、誰かを傷つけてしまうのでは? 何かが起こるのでは?という不安と心配で、リーディングを取ることを躊躇していたのです。

だから、医学で治せるなら、西洋医学で治したいと息子の病気のときも妻の病気のときも医師にまかせていました。でも息子は助からず、そして妻の肺結核も少しずつ悪化していきました。そしてとうとう、ケイシーは医師から、妻はもって1週間かそこらの命であろうと言われてしまったのです。

もう起きあがることもできなくなった妻のために眠れるケイシーが勧めた療法の1つが「焦がした樫樽」を使った療法でした。
・・・もちろん、この療法を行ったガートルードは無事回復し、ケイシーの最期を看取るまで長生きをしています。

これは、樫で作った樽の内部を焦がし、その樽の中にアップルブランデーを入れ、その樽内部に溜まった香気を1日数回、吸い込む、というものです。

ケイシー自身は「何故、この樽内部に溜まった香気が肺を癒すことができるのか」については詳しく述べておらず、マクギャレイ医学博士によれば、おそらく肺細胞を浄化し、それがキッカケとなり身体は回復への道を歩みはじめることができるのであろう、といわれています。

身近な例でいうと、10年以上前ですが、友人の70代のお父様が肺気腫になられたときに、この樫樽を使ってもらったことがあります。もう年齢が年齢だけに、回復はしないであろうと医師には言われていたのに、症状が軽くなり、お医者さんがビックリ!ということがありました。

この樫樽が勧められるのは、肺結核、肺ガン、肺気腫といった、主に肺にトラブルがあったとき。

肺も1つの解毒器官であることから、アトピー性皮膚炎や乾癬といったスキントラブルがある方も、肺を元気になれば、腎臓や肝臓、大腸の浄化作用の負担が軽くなるので、オススメできます。


(入手についての注意点)
以前はテンプルでも在庫を持ち、すぐにお送りできたのですが、現在は、この樫樽はアメリカからの個人輸入商品とさせていただいています。入手までには10日前後、必要になりますので、ご了承下さい。(樫樽の頁はこちら


症状があまり重くない場合には、簡易版(リアグレース)もあります。こちらはアップルブランデーの小瓶がついているのと、小さいので会社の机の上に置いていつでも行えるという利点があります。

それではまた!

 


(有)テンプルビューティフル メルマガ275号  2009年1月23日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up