エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活身辺雑記 > 0113:もしも、英語が話せたら

0113:もしも、英語が話せたら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ◆◇◆ もしも、英語が話せたら  ◆◇◆ 113号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

先週のメルマガに、直接、間接を問わず、たくさんの励ましのメールを頂戴しました。特に、3週間、何も書かなかったので「毎週メルマガを楽しみに待っているので、続けて書いて下さい」という内容のメールを何通もいただき、書き手としては、これ以上の褒め言葉は無い!というくらい感激しました。

つたない文章ではありますが、応援、よろしくお願いします。

また、先週のメルマガに対し、同じような体験をした、というメールも何通か頂戴しました。

励まし、どうもありがとうございました。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて、今回は、全く気分を変えて、私の英語失敗談からお話しようと思います。

 

このメルマガ、海外在住の方々もお読み頂いているようで(現在、判明している国は、イギリス、アメリカ、カナダ、シンガポール、オーストラリア、中国、韓国。他の国在住の方がいらっしゃたら、ぜひお知らせ下さい)、そんな中で、英語の話を書くのは、非常に恥ずかしいんですが、こんな英語で仕事をしていいんだ!下手でも、外国との取引って出来るんだって、勇気が湧く方もいらっしゃると思いますので。。。

 

私の英語は、土壇場の英語、実地の英語。

その時々の会話に出てきた単語や表現をちょっとずつ覚えて積み重ねています。ですから、時々、とんでもない勘違いもしています。

今日、ご紹介するのは「冷麺」のエピソード。

 

・・・これは、エリザベス・キューブラー・ロス博士のご自宅におじゃまして、彼女にインタビューをした2002年に遡ります。

話題が、ロス博士が会った「幽霊」に及んだときのこと。

友人(兼通訳)が「霊はどんなふうに見えるんですか?」と聞きました。
すると、ロス博士が「あなた方は霊を見たことないの?」みたいなお返事をされたかと思います。

そのときの友人の返事が「We are レーメン。だからそんな体験は無いわ」

 

彼女の隣にいた私は、レーメンという単語、初めて聞いたので、レーメン? レーメンって何? 意味わからん・・・。

インタビューが終わって、ホテルに戻り、私はレーメンの意味を聞きました。
We are レーメンって言ったけど、私たちは何なの?と。

彼女曰く、「レーメンって素人。何も知らない人のことよ」

 

そうか、レーメンって英語で素人ってことか。冷麺って覚えておこうっと。そして、チャンスがあったら、「冷麺」を会話の中に使ってみようっと!

でも、日本に帰ってしまえば、英語なんて話すチャンスがありません。ようやくチャンスが訪れたのは、翌年、NYのARE(エドガ・ケイシーを広める団体のニューヨーク支部)に行ったとき。約1年3ヶ月後のことです。

 

NY支部にいた男性と私は瞑想について話しをしていました。NYの人は、訛りの強い英語に慣れているので、私の広島弁なまりのジャパニーズイングリッシュでも、けっこう通じます。

で、彼が聞きました「****について知っているかな?」

あ~、とうとう、チャンスがやってきました。ここで、あの「冷麺」が使えます!

私は勢いつけて、こう言いました。
「I am a 冷麺 about it」「なので、そのことについては知らないわ」と。

 

彼「何? なんて言ったの?」
私「I am a 冷麺」
彼「I'm sorry?]
私「I am a 冷麺 about it」

 

結局、数回繰り返して、私の冷麺は通じないことが分かり、私は釈然としないまま、友人宅に戻り、彼女に「レーメンが通じなかった」と文句を言いました。

彼女は大笑い。

「あなた、1人のときは、レーマン。複数はメンだけど、1人のときはレーマンでしょう?1人なのに、複数形はおかしいわ」

 

ついでに、私は辞書を引くことなく「冷麺」で覚えてしまったので、レーメンレが「R」なのか「L」なのかも知りませんでしたが、あとで調べたら「layman」。Lでした。

 

もしかしたら、私は彼に「I am a raymen」と言い続けていたのかもしれません。
RとLは、完全に違う発音ですから、これでは、全然、通じないハズです。。。。
でも、この失敗があったから、次は、ちゃんとlaymanは通じると思います。

・・・で。

ちょっと話題を変えると・・・

 

この前、電車に英語教材の広告が貼ってありました。「英語が話せたら何をしたいか?」という質問に、様々な人が答えています。

「字幕無しに映画が見たい」「外国で暮らしたい」「外国の人と友達になりたい」「外国航路の客船に乗りたい」「海外に商品の買い付けに行きたい」「同時通訳者になりたい」などなど約50ヶくらいの回答はあったと思います。

 

でも・・・

ずっと読んでいって気がついたんですが、書かれた回答の約9割は、別に英語が話せなくても、しようと思えば出来ちゃうことばかりだったんです。

 

例えば、上記の場合、同時通訳者は無理としても、その他のことは、別に英語が不得手でも、その気さえあれば、実行可能です。

もし、英語が話せたら○○もできるし、**にも行ける。でも、英語が話せないから今は無理って、思っている方々。

 

NYの人に「冷麺」と言い続けた私は、それ以前から、さらにヒドイ英語で海外からの講師をお招きしていました。しかも、講演会以外は、全部私がガイドです。

だから、私の前では「英語が出来ないから・・・」っていう言い訳は通用しませんよ!

 

時々「私は英語が話せないから**は無理ですよ」とか「光田さんはいいですよねえ。英語がお得意で」なんて、言われることがあるんですが、

 

だ~か~ら。

私は英語が得意だから、ケイシーのことを仕事にしているんじゃなくて、ケイシーのことを伝えたいから、英語の下手さなんて、気にしてはいられないんだってば。

 

なので、今後私に「***したいんですけど、英語が出来ないので無理なんです。どうしたら英語が話せるようになりますか?」みたいな相談事はしないで下さいね。それは、しようとしない言い訳みたいなもんです。

どうしても、英語が使えないんなら、最初は、英語のプロの方を雇えばいいし、そのうち、きっと、下手でも全然大丈夫ってことに気がつくようになりますから。

 

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ113号  2005年9月3日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up