エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0072:笑顔の効果

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ◆◇◆笑顔大作戦!◆◇◆ 72号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

 

前回の「魂の使命」の続きです。

ケイシーはリーディングで、私たちがこの地球で生きている使命の1つをこう述べています。

「あなたが生きているがゆえに、世の中が美しくなり、より良いところになるよう生きることだ」(5392-1)

 

こう書くと、また大きなことを成し遂げなければ!マザーテレサみたいにならなければ!って力が入りそうです。

でも、私はこのリーディングを読むたびに、ある女性を思いだしています・・・。

 

15年ほど前ですが、私はコンピュータのソフト会社でアルバイトをしていました。私の仕事は、プログラム制作に必要なデータ入力だったんですが、配属になった部署の人たちが、それはそれは無口な方ばかりで、1日中黙々とコンピュータに向かって仕事をされていました。

 

女性は私1人。部屋の中はタバコ臭いし、会社の壁には女性のヌード写真がベタベタ貼ってあるし、社員の人は無愛想だし、もう最悪の環境。

 

だから、仕事を指示してくれる上司と数人だけとは話しをするけど、他の社員とは、軽く目で挨拶する程度。話しをしたくなったら他の部署に行っておしゃべりして戻る、みたいな感じで、ホントに私は態度が悪かったんです。うち解けて部内の人と話をする努力もしないし、朝、お茶を入れたら、お終い!

 

特に、斜め前に座っている男性は更に無愛想で、挨拶しても目も上げてもらえず、朝「おはようございます」を言ったあとは、ずっと帰るまで口をきかない状態でした。

 

雰囲気の暗い部署に単調な仕事。あ~あ、他の部署で仕事したかったなあ、と何度思ったことか。

ところが、私が仕事を始めて2ヶ月くらいして、もう1人、女性がアルバイトに来るようになりました。

 

まあ、その彼女がとっっても明るく性格のいい人!

朝は社員全員に、名前を呼んで挨拶。「**さんおはようございます。○○さん、おはようございます」っていう調子。お茶を入れるのを頼まれたときにも、**さん、一緒にお茶を如何ですか? と1人1人にまた聞いて廻る。

 

相手から返事がない時には、返事をもらうまで「**さん、おはようございます」と、言い続けていたんですから、凄いです。

 

可愛い女性に、名前で呼んでもらって、しかもニッコリ微笑まれたら、もう無愛想な男性社員でさえ思わずニッコリ!ですよね。

私の苦手だった斜め前の男性社員でさえ、時に、彼女と軽くおしゃべりをするようになり、部署内の雰囲気が少しずつ明るくなっていきました。

 

そうなると、彼女が1人いるだけで、部署内はパアっと大輪の花が咲いた感じで、私はその花の隣りで腐っているドクダミもどき。

 

1人の人間が入っただけで、こんなに部内のムードが変わってしまうの?っていうくらい、彼女の笑顔が伝染していきました。

私が辞める頃には、みんなでカラオケに行くほど仲良くなったんだから変われば変わるものです。

 

アルバイトを辞めて15年ですから、もはや彼女の名前も覚えていないのですが、彼女の、人との接し方を見て、私は自分の無愛想さと諦めの早さを反省するとともに、どんな人でも、人は、他の人から優しく接してもらえば嬉しいし、少しずつでも心を開いてもらえるんだなぁ、と実感しました。

 

私は挨拶して返事が返ってこないと、「なんか暗い人だな」とそれで終了!っていう態度でしたが、返事が返ってこなくても、彼女のように、それでもめげずに明るく挨拶し続ける姿勢って、ホントに頭が下がります。

 

その場すべてを明るく照らして行ったんですから。

「あなたが生きているがゆえに、世の中が美しくなり、より良いところになるよう生きることだ」

少なくとも、私がアルバイト先で出会った彼女は、その場を美しく、よりよい場所にしてしまいました。それも、明るい挨拶と笑顔だけで・・・。

 

きっと彼女は、今もなお、どこかの場所を明るく照らし続けていると思います。そして、私のように、名前は忘れても、その笑顔は忘れないっていう人を沢山作っていると思います。

 

会社の仕事がつまらないって思っている方。この笑顔大作戦で、社内を明るくするだけでも、やりがいのある大プロジェクト。チャレンジしてみませんか?

 

●今回のお勧めの本。

千住家の教育白書
日本画家の千住博さん、音楽家の千住明さん、バイオリニストの千住真理子さんという一流の芸術家を育てたご両親ってどんな方なんだろう?って、思われる方も多いと思います。

以前、千住真理子さんがテレビでご自身のことを語られたとき、「私は天才バイオリニストではなく、1日のうち1分も無駄にせず、バイオリンに打ち込んできた努力の人なんです」と言われたのがとても印象的でした。

家族で支えあった、お祖父さんの介護、お父さんの介護の話しも含め、怠惰に流されてしまう自分を反省しながら読んだ本です。一流になる人は、それ相当の理由がある、と納得しました。

 

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ72号 2004年10月22日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up