エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0038:父・倒れる・・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ◆◇◆父、倒れる・・・ ◆◇◆No.38

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

私の家族は、この2週間、ちょっと大変でした。

 

実は、先日、父が脳梗塞で半身麻痺となり、入院してしまいました。

 

2週間ほど前から、父に軽い脳梗塞の症状があるということで、兄が先週1週間、広島に父の様子を見に戻っていました。兄からはずっと父の状態は電話で聞いていたんですが、どうも症状が日ごとに悪くなっている感じで、兄が仕事で東京に戻らなければならなかった25日から5日間、今度は私が広島に帰ってきました。

 

25日の午前中までは、お客様と普通に話をして、よろけながらもトイレにも1人で行っていたらしいんですが、午後トイレに行こうとして途中で倒れてしまい、自分では、どうやっても動くことができなくなって、救急車で自宅から車で30分ほどの総合病院に搬送されたそうです。

 

2週間ほど前にも病院に診察に行っていたのですが、まだそれほど深刻な状況ではなかったせいか、2週間後の精密検査の予約を入れ、軽いクスリが処方されただけで、自宅に帰されていました。どうやら父の身体には2週間は長すぎたようですね。

 

父ももっと早く病院に行けば良かったんですが、元来が健康体で、病院嫌い。更に日頃の偏食や不摂生、運動不足と深酒で、脳の血管も想像以上に弱っていたんだと思います。

 

お陰様で、ダメージを受けたのは右脳だけだったので、多少不明瞭ながら話もできますし、左半身は動かなくなりましたが、利き腕の右手が使えるので、食事も1人で食べることができます。(突然、自分の身体が自由に動かせなくなるというのは、精神的に、かなりショックなことですが・・・)

 

いまは病院の手厚い看護のもとにいるので、私も安心して東京に戻ってきましたが、父の病院までは、飛行機に乗っても片道6時間。1回に5万円前後費用がかかるので、今度はいつ行けるかなって感じです。

 

東京近郊の病院に転送してもらい、いつでも会いに行けるようにしたいなとは思っているんですが・・・。(ちなみに、実家の近くの介護ホームは、予約を入れても入居までは2年待ちだそうです・・・・)

 

どこの家でも、同じように親の病気や介護、看護の問題が起こっているとは思いますが、皆さんはどうされていますか? 

 

東京でずっと一人暮らしをしていた私の友人は、両親の介護のために東京での仕事を整理して広島に戻り、自宅で仕事をしながら親の介護をしている人もいます。みんな順番にやってくる親の介護の問題ですが、それぞれ家庭の事情、家族の事情を考慮しながら、時間や身体のやりくりをされているんでしょうね。

 

・・・母の闘病、父の介護問題が起こったことで、つくづく良かったなと思うのは、私は兄と妹の3人兄弟で、1人で親の介護を抱え込まなくていいこと。さらに両親とも、それぞれの兄弟とも仲がいいので、こういうときに、叔父や叔母が助けてくれること。それから実家の近所の方々も、心配して色々と声をかけて下さったのが、有り難かったです。

 

一人っ子だったり、転勤などであまり知り合いのいない土地に暮らしていたりされている方は、こういうとき、大変だなあとつくづく思いました。

 

・・・細かいことですが、実家の電気代、ガス代、電話代の支払いを東京で管理できるように引き落とし先を変更したり、父の仕事関係の人に連絡したり、定期購読していた新聞を停止したりと、病院の見舞い以外に、けっこうやることがありましたよ・・・。

 

母は母で、昨年、大手術を受けて、今は通院しながら、私のマンションで病気療養中の身。そして今度は、父の脳梗塞で、一度に両親二人の介護と看護が始まってしまいましたが、まあ、自分なりに気張らず、出来ることをしようと思っています。

 

それからここ1年は、母の病気、父の病気で病院通いの1年間でしたが、どこにいっても、看護婦さんのお仕事ぶりには感心してしまいました(父の白内障の手術の時には、看護婦長と大喧嘩をしてしまいましたが・・・)。

 

今回も、父の下の世話、歯磨きや食べ散らかしてしまう食事の世話など、汚い仕事にも嫌な顔せず、明るい声で接してもらえて、家族としてはとても有り難かったです。まだ20代の若い看護婦さんたちでしたが、ホントに頭が下がります。

 

今回は身内の話題になってしまってごめんなさい。

 

それではまた!

 

(有)テンプルビューティフル メルマガ38号  2004年1月31日配

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up